天外魔境ZERO攻略 #2

レトロゲーム
スポンサーリンク

ナイトガンダム物語は残すところ、あと1章。
中休み…ということも踏まえて、本日のブログは同時進行で更新するはずだった『天外魔境ZERO』の攻略を進めていきたいと思います。



ご無沙汰状態だったこともあり私自身がストーリーを忘れているので、まずはサラッと前回のおさらいを始めましょう。

本作『天外魔境ZERO』の主人公であるヒガンは、火の一族の末裔。
ジパングを治める竜王国の次期国王争いの一件で地獄門の封印が解かれ、世界は混沌の一途を辿ります。

 

この物語は、その地獄門の封印が解かれてから100日が経過したところからスタート。
主人公ヒガンは生まれ育った『火影村』で、毎日祖父の科す厳しい修行に耐える毎日を送っていたのです。

 

目前の修行課題は、『炭仙人を倒すこと』。
幼馴染のゲンコツとビンタを従え、ヒガンは炭仙人の下を目指します。

 

炭仙人の住む『炭井戸』の中を進み、雑魚敵を倒しながらまずはレベルを上げましょう。
概ね、ヒガンのレベルを5~6まで上げればこの後が非常に楽になります。

ゲンコツとビンタのレベルは、あまり気にしなくてもいいです。

ヒガン
ヒガン

その理由は、すぐ分かる!

なぜなら、ゲンコツとビンタはパーティーから離脱するからです。
『炭井戸』を進んでいくと、まずはゲンコツが炭仙人に恐れをなして離脱。

そして、もう一人の幼馴染であるビンタも続いて離脱。
ヒガンは、一人ぼっちになってしまいました。

しかし、一人になってもヒガンのレベルはこの時点で6。
炭仙人を倒すだけならば、十分すぎるほどの力を身に付けています。



『炭井戸』の最下層で、炭仙人は待ち受けています。

ヒガンをおちょくるような口調の、炭仙人。

ヒガン
ヒガン

これまでの俺とは違うぞ!

炭仙人との戦闘開始。
通常攻撃を軸に道具を使って回復しながら戦えば、何の苦労も無く治せるはずです。

 

炭仙人の敗北宣言。

炭仙人から少し明かされる、火の一族の血について。
祖父ビャクエンは勿論ですが、ヒガンにも日の一族の血が流れているようです。

 

勝負に勝利したことで、ヒガンは炭仙人から奥義『火炎斬り』を伝授されます。
『火炎斬り』は、ドラクエでいうところのMPである技ポイントを全く消費しません。

特に、これから戦う氷属性の敵に対しては効果的な攻撃なので、積極的に使っていきましょう。

ヒガン
ヒガン

奥義『火炎斬り』を手に入れた!

 

炭仙人を倒したことで、祖父も認めてくれるはず…
そう思ったヒガンでしたが、炭井戸を出たところでビンタが現れます。



急に出現した氷の男によって、村が氷漬けになってしまったとのこと。
そして、その氷の男を倒すために祖父ビャクエンが戦っているらしいのです。

 

村に戻ってみると、ビャクエンと氷の男の壮絶な戦いが始まっていました。

 

村を襲った氷の男の名前は、『絶対レイド』。
なかなかのネーミングセンスと言わざるを得ません。

ヒガン
ヒガン

勿論、皮肉である。

絶対レイドはビャクエンに対し、氷の息を浴びせます。
普通の人間であれば氷漬けになってしまうところですが…

ビャクエンは火の一族の末裔。
たちまち氷を溶かしてしまったことで、絶対レイドはビャクエンがただの人間ではないことに気付きます。

形勢はビャクエンに有利かと思われたその時…
ヒガンの存在に気付いたビャクエンが、一瞬だけ気を取られてしまいます。

絶対レイドはその瞬間を見逃さず、攻撃。
ビャクエンは倒れてしまいました。

 

続いて、ヒガンにも攻撃をしかけてきます。

 

しかし、炭仙人との戦闘を積んだヒガンの実力はこれまでとは段違い。
炭仙人から伝授されたばかりの『火炎斬り』を軸に戦えば、負けることはないでしょう。

 

 

ここで、オープニングに一度登場した『永遠の火』がヒガンに宿ります。



絶対レイドは自身の本拠地である『氷山へ来い』と言い残し、撤退していきます。

ヒガン
ヒガン

典型的な『負け犬の遠吠え』だな。

 

ビャクエンは、ヒガンに宿った永遠の火の存在に気付きます。

 

『永遠の火』に選ばれた者は、ジパングを治めるということ。
本来であれば竜王国の主が『永遠の火』を受け継ぐはずなのですが…。

 

その辺がハッキリしませんが、ビャクエンに残された時間があまりにも短すぎました。
ビャクエンはヒガンに『火立村へ行け』と言い残し、息を引き取ったのです。

 

主人公ヒガン。
ジパングの危機を救う旅立ちの瞬間です。

(次回へと続く)



コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。