【エストポリス伝記】攻略 #4

レトロゲーム

これまでの【エストポリス伝記】の攻略記事一覧は、こちら

【エストポリス伝記】攻略の、第4回目の記事更新です。
英雄マキシムの血を引く主人公は、幼馴染のルフィアと共に異変が生じた『シェラン王国』への調査に再び赴きます。

シェラン王国

幼馴染のルフィアと共に『アレキア北の洞窟』を抜け、『シェラン王国』に到着。

城の入口近くで倒れている兵士に話しかけると、『シェラン王国』の国王が地下に避難している情報が手に入ります。

まずは玉座のある部屋に向かいましょう。
ここで前回、『アレキアの洞窟』の中で倒れていたダニルから預かった『シェランのカギ』を使い、施錠されていた2つのドアを開けます。

2つのドアの内、右側には宝箱があります。
中身は100ゴールド、遠慮なく頂いておきましょう。

次は左側のドアへ。
この部屋にあるスイッチを押すと、地下へと繋がる隠し階段が出現します。
現れた階段を使い、次は地下へ移動して下さい。

地下に足を運ぶと、そこには『シェラン王国』の国王と数人の家来の姿が。

ここではダニルの妹・ライラの無事も確認ができます。
この後は他国の力を借りることに難色を示す国王を諭しつつ、城から脱出する流れになります。

城の外に出ると、イベントが発生。

ここで100年前に世界を絶望に陥れた四狂神の1人と、それを撃破した英雄マキシムの子孫である主人公が運命的な出会いを果たすことになります。



ボス戦:ガデス

城のすぐ外には、敵の姿が。
この敵こそが、四狂神の1人であるガデスです。

主人公は一目で目の前にいる敵が、ただ者ではないことに気付きます。
『シェラン王国』の国王達の避難をルフィアに託し、自分はこの場に留まって時間を稼ごうと試みます。

国王達とルフィアを逃がしたところで、四狂神の1人・ガデスとの戦いがスタート。
ちなみにこの戦いでは勝利することは不可能で、負けが確定しています。

主人公ガデスに敗北すると、ルフィアが戻ってきます。
『アレキア』に行って戻ってくるには不自然な位に早すぎるのですが、そこはあまり気にしないことにしましょう。

ルフィアが駆けつけると何を思ったのか、ガデスは『その女を大切にしておけ』と言い残して去っていきます。
結果的に、主人公は命拾いをすることに。

『シェラン王国』の国王達が、逃げることができたかが気になる主人公
『アレキア』には無事到着はしたものの、この期に及んでも騎士団の動きは鈍いようです…。

これにて『シェラン王国』を巡る一連のイベントは終了。
主人公達に残されたのは、100年前にマキシムに倒されたはずの四狂神が再び姿を現したという動かしがたい事実。

この後は、一旦『アレキア』へと戻ります。



アレキア

『アレキア』に戻ったら、主人公ルフィアローマンの営む宿屋へ。

ローマンには、四狂神の1人・ガデスと戦ったことも隠さず報告。
この後は、救出したライラを『チャタム』まで送り届ける流れになります。

主人公に一旦席を外させ、今後のことについてローマンに相談をするルフィア

『お前達2人が出会ったのは、偶然ではないと思っているのだ』
ローマンの温かい見送りの言葉を受け、ルフィア主人公と共に旅立つことを決意する一幕です。

『チャタム』にライラを送り届けるために、まずは『シェラン王国』の人々が身を寄せている『アレキア』の城へ移動。

『アレキア』城内でただ1人『シェラン王国』を案じていたエステアにも、四狂神ガデスの出現と、その調査のために旅に出ることを報告。

エステアへの報告を終えたら、『シェラン王国』の人々が避難している客間へ。

ここにいるライラに話しかければ、同行者に加わります。
兄のダニルが待つ『チャタム』まで、ライラを送り届けましょう。



チャタム

『アレキア』から北に進み、『チャタム』へと到着。
村の中に入るとイベントが発生し、妹・ライラの身を案じていたダニルが登場。
まるで恋人同士のような再会シーンです。

この後はお礼を言われ、ダニルからは主人公の旅の目的でもある四狂神に関する情報を教えてもらえます。

ここで教えてもらったとおり、次は四狂神に関する情報を持つ人物を求めて『シェラン王国』の南西にある『トレック』を目指すことになります。

…ちなみに、村の中にいる老人に話しかけるとダニルライラを助けてくれたお礼ということで『速さの源』というアイテムが貰えます。
『速さの源』を使えば、素早さを上げることができます。

今回までの攻略記事で、主人公の旅立ちまでをお届けすることができました。
次回からは四狂神の行方を追う本格的な旅が始まります。

まずは『シェラン王国』の南西にある港町『トレック』へ。
そこで主人公は四狂神のことをよく知る、意外な人物と会うことになります。

(次回へと続く)



タイトルとURLをコピーしました