2018-05

日記

POG2018-2019 ドラフト運命の日

浅見ヨシヒロのもう一つの趣味は『競馬』ですが、その競馬の楽しみ方の一つであるペーパーオーナーゲームに参加をしています。 普段は『マイナー血統万歳!!』な私ですが、今回からはその信念をかなぐり捨てて、メジャー血統を指名していこうと計画中です。
ドラゴンクエスト4

【ドラゴンクエスト4(ファミコン版)】攻略 そらとぶくつ、みずうみのとう(#4)

『そらとぶくつ』を使うと、『イムル』の西にある『みずうみのとう』へ移動。 第一章の最強武器『はじゃのつるぎ』を忘れずに回収し、回復ポイント(1回のみ)を有効に活用していよいよボス戦へ。 ライアンを迎え撃つのは、『みずうみのとう』のボス・ピサロのてさきとおおめだま。
ドラゴンクエスト4

【ドラゴンクエスト4(ファミコン版)】攻略 ふるいどのそこ、ホイミンが仲間に加入(#3)

『イルム』から南東の方角にある子供達の秘密の遊び場。 ここには井戸があるだけでしたが…その地下にはダンジョン『ふるいどのそこ』が存在します。 ドラクエシリーズ初の仲間モンスター・ホイミンは、この『ふるいどのそこ』で”人間になりたい”という夢を抱き続けています。
レトロゲーム

ドラゴンクエスト ゲーム音源大全集

ドライブのお供には最近流行りの曲ではなく、勿論レトロゲームの音源。 やる気の出ない出勤時ですが、気分だけはドラクエの主人公。 脳内で流れるのは、ドラゴンクエスト3の『冒険の旅』。いざ、目指すのはバラモス?ゾーマか?いや、仕事のノルマです…
ドラゴンクエスト4

【ドラゴンクエスト4(ファミコン版)】攻略 イムルへのどうくつ、イムル(#2)

『バトランド』を旅立ったライアンは、『イムルへのどうくつ』を抜けて『イムル』に到着。 子供達の行方に繋がりそうな情報を集めていくと、『バトランド』出身の男・アレクスが地下牢に捕らえられていることが判明。 失踪した夫の帰りを待つフレアという女性に、この情報を伝えればストーリーが動き始めます。
ドラゴンクエスト4

【ドラゴンクエスト4(ファミコン版)】攻略 オープニング、バトランド(#1)

【ドラゴンクエスト4】は、各章の登場人物達によるオムニバス形式でストーリーが進行していくのが大きな特徴です。 第一章の舞台は『バトランド』。 『バトランド』では、子供達が失踪するという不思議な事件が相次いでいます。 戦士・ライアンはバトランド王の命により、事件解決のために旅立ちます。
浅見家の本棚

その女アレックス 浅見家の本棚 #95

読書が数少ない趣味の浅見ヨシヒロによる、書評記事です。 『皆さんに読み終わった本を紹介したい』という気持ちも勿論ありますが、何よりアウトプットすることで記憶への定着も図るべく書評を続けていきたいと思います。 拙い文章ですが、宜しくお願い致します。
読書関連

なぜランチタイムに本を読む人は、成功するのか。 本日の購入本 #15

読書が趣味の浅見ヨシヒロによる、購入した本の紹介記事です。 もはや『本を買うこと』だけで満足してしまっている気配がプンプンしますが、なるべく積読本にならないように努力し、読み終えた暁には書評記事『浅見家の本棚』でご紹介したいと思います。
ドラゴンクエスト4

【ドラゴンクエスト4(ファミコン版)】攻略 作品概要、登場人物紹介(#0)

【ドラゴンクエスト4(ファミコン版)】攻略をスタートさせました。 オムニバス形式のストーリーや、戦闘中のAIによる仲間の行動、初登場となった『ちいさなメダル』などが特徴の本作。 後に数々のスピンオフ作品で活躍するトルネコ、アリーナ、クリフトといったキャラクターが初めて登場した記念すべき作品でもあります。
レトロゲーム

プレイステーション用ソフト『テイルズオブファンタジア』

当ブログ管理人・浅見ヨシヒロによる、レトロゲーム入手報告。 手段は問わず、実家からの発掘や友人・知人からの賃借、店舗での購入、ネットでの購入、何でもござれ。 社会人の財政力を活かして、学生時代の思い出を今も追い求めています。
タイトルとURLをコピーしました