2017-11

スポンサーリンク
浅見家の本棚

悪名残すとも 浅見家の本棚 #42

悪名残すとも/吉川 永青 たとえ後世に評価されなくとも、信念を貫き通せるか? 例えば、後世に対してどのような悪名を残すことになるとしても、自分が正しいと思ったことならば迷わずやり遂げられることができるでしょうか。 …否。 私...
浅見家の本棚

落日燃ゆ 浅見家の本棚 #41

落日燃ゆ/城山 三郎 なぜ、彼が裁かれなければならなかったのか? この本を始めて読み終えたのは2016年の1月だったように記憶しています。もう約2年前かと思うと不思議な感じもするのですが、読了後の悲しさは今でも覚えています。なぜ、彼ほど...
浅見家の本棚

血のジレンマ サンデーサイレンスの憂鬱 浅見家の本棚 #40

血のジレンマ サンデーサイレンスの憂鬱/吉沢 譲治 馬の世界も格差社会 どうやら我々一般庶民に限らず、競馬界も深刻な格差社会だそうで…。 本書の主人公であるサンデーサイレンスというサラブレッドは、当時競馬後進国だった我が国の競馬界...
ゲーム全般

ポケモンGOにホウオウが登場

ポケモンGOの勢いは続く 昨年初夏、日本全国に旋風が巻き起こって以来、大きな話題を振りまいてくれた『ポケモンGO』。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({})...
浅見家の本棚

夢を売る男 浅見家の本棚 #39

夢を売る男/百田 尚樹 ありがちなサクセスストーリーではありません 色々な意味で”ショッキングな内容”としか言い表すことのできない、人気作家・百田 尚樹氏の作品が本書『夢を売る男』です。近くの本屋の小説(新刊)コーナーをぶらぶらしており...
浅見家の本棚

君に伝えたい本屋さんの思い出 浅見家の本棚 #38

君に伝えたい本屋さんの思い出/日販マーケティング本部 編 たまには小説以外のものを…ってことで 小説ばかりを読んでいると、時々違ったエッセンスの本を求めてしまうということが私には多々ありまして、この本を購入したのもそんな時のある種の倦怠...
浅見家の本棚

ゴールデンスランバー 浅見家の本棚 #37

ゴールデンスランバー/伊坂 幸太郎 ゴールデンスランバーの主人公=俺!? 私が大好きな作家・伊坂幸太郎さんの代表作と呼んでもいい一冊『ゴールデンスランバー』。 実は私、本好きが高じまして、かつて本にまつわる仕事をしていた時期が約一...
浅見家の本棚

ドラガン・ストイコビッチ完全読本 浅見家の本棚 #36

ドラガン・ストイコビッチ完全読本 『悲願』から『出場して当たり前』になった、サッカーワールドカップ 先日、サッカー日本代表が2018年のワールドカップ出場を決定させたことは未だ記憶に新しいことだと思います。一昔前までは『ワールドカップ出...
ゲーム全般

スターオーシャン4 4K&フルHDリマスター版が明日発売

日本製RPG(JRPG)好きの方なら、一度はプレイしたことがあるでしょう『スターオーシャン』シリーズ。その第4作目である『スターオーシャン4』が明日11月28日に、4K&フルHDリマスター版としてPS4・PC版で再登場しますね。 ...
浅見家の本棚

文学としてのドラゴンクエスト 浅見家の本棚 #35

文学としてのドラゴンクエスト~日本とドラクエの30年史~/さやわか ドラクエ好きなら買いなさい もうアレですよ、少々野暮な言い方になってしまいますが、『ドラクエ好きなら黙って買いなさいよ』と薦めたくなるのが、本書『文学としてのドラゴンク...
スポンサーリンク