ヒーロー戦記攻略 #0

レトロゲーム
スポンサーリンク

つい先日まで、このブログではスーパーファミコン用ソフト『ガイアセイバー』(バンプレスト)の攻略記事を更新しておりました。



不可解なシナリオや不遇を受ける『仮面ライダー2号』の存在など、なかなかの問題作だった『ガイアセイバー』は『コンパチシリーズ』の第二弾だったわけですが、今回からは第一弾目である『ヒーロー戦記』に着手していきたいと思います。

『ヒーロー戦記』(正式名称:『ヒーロー戦記 プロジェクト オリュンポス』)が発売されたのは、『ガイアセイバー』より約2年前の1992年のこと。

発売元は当然ながら『バンプレスト』ですが、開発元は当時『スーパーロボット大戦』シリーズを制作していた『ウィンキー』という会社です。

昔の『スーパーロボット大戦』のような画面が見られたり、シリーズではお馴染みの【ギリアム・イェーガー】や『ゲシュペンスト』が登場するのはそのためです。

GSアムロ
GSアムロ

思わず、機体や武器を改造したくなっちゃう画面だね!

本作の概要について

本作の舞台は、架空の世界である『エルピス』。

『エルピス』は大きく3つに分けられており、それぞれ『ガンダム大陸』、『ライダー大陸』、『ウルトラ大陸』と呼ばれています。

3つの大陸はそれぞれに特色を生かして独自に産業や技術を発展させてきましたが、世界の各地ではテロの発生が相次ぎ、【アムロ】を始めとする登場人物達の運命が大きく動き始めることとなります。

本作の特徴

ここでは、『ヒーロー戦記』の特徴について4点ほど挙げたいと思います。



①マップ
同時代に発売された多くのRPGと違い、フィールドを移動するという概念がありません。
街から街への移動は、ムービーが流れて自動的に行われます。

②TP(テクニカルポイント)
『ドラゴンクエスト』や『ファイナルファンタジー』におけるMPにあたるのが、本作のTP。
技を使うために必要ですが、町などで回復ができません。
戦闘で通常攻撃をするなどして、少しずつ回復しなければなりません。

③『逃げる』の代償…
本作では、エンカウントによる敵の戦いにおいて必ず逃げることができます。
しかし、その代償としてステータスの『根性』が下がります。
『根性』が低いと状態異常に陥りやすくなるので、なるべく逃げたくないですね。

④『独り言』システム
本作独自…とまではいきませんが、メニュー画面を開いた後に実行できる『独り言』システムはプレイヤーの皆さんにヒントを与えてくれるでしょう。

久し振りにプレイした際に、『あれ、次はどこに行くんだっけ?』ということが無くなるので嬉しいシステムです。

GSアムロ
GSアムロ

ゲームは定期的にプレイしてほしいな。

『ヒーロー戦記』に登場する主なキャラクター達

アムロ

『ガンダム』シリーズの代名詞的存在。
『ガイアセイバー』でも主人公的立ち位置でしたが、本作においてもストーリーは【アムロ】が目を覚ますところからスタートします。
『νガンダム』にも搭乗します。

南 光太郎(仮面ライダーブラック、仮面ライダーブラックRX)

私が物心ついた時期に見始めたのが、【仮面ライダーブラック】と【RX】。
その影響からか…『あれ、南 光太郎ってこんな性格だったっけ?』と思ってしまうほどの立ち回りを本作では演じてくれます。
(全然説明になってないな…)

モロボシ・ダン(ウルトラセブン)

作中のほとんどはセブンとして戦いますが、途中ある時期だけ【ウィンダム】で戦闘に参加。
『ガイアセイバー』では大活躍のカプセル怪獣でしたが、本作では果たして…。
また…原作に忠実なところとしては、変身に必要な『ウルトラアイ』を盗まれてしまう場面も…。

ギリアム・イェーガー(ゲシュペンスト)

一昔前の『スーパーロボット大戦』ではお馴染みのキャラクター。
同じくシリーズお馴染みの機体である『ゲシュペンスト』を駆って戦います。
ストーリー序盤では、【アムロ】達と共にテロ対策の特殊帰還『ZEUS(ゼウス)』に所属。



『ヒーロー戦記』は、この2年後に発売される『ガイアセイバー』と比較すると、多くのプレイヤーから評価されている作品といえます。
そのため、これまでよりはストレスなく攻略を進めていけそうな気が致します。

『グランゾン』の登場など『スーパーロボット大戦』の様相も所々に散りばめられており、同シリーズのファンの方も楽しめることでしょう。

月並みな作品紹介で恐縮ですが、現在攻略中の『ジャングルウォーズ』、『ジャングルウォーズ2』、『アレサ(スーパーファミコン版)』と同時進行で頑張って参りますので、宜しくお願い致します。

コメント

  1. […] 詳しくは、前回記載した記事『ヒーロー戦記攻略 #0』をご覧頂くとして、早速攻略を開始していきたいと思います。 まずは、【アムロ】が自宅で目を覚ますところからスタート。 […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました