ガイアセイバー攻略 #22

レトロゲーム
スポンサーリンク

世界各国の首脳陣を助けることに成功した前回。
しかし、『コロニーが落下したポイントで妙な動きが見られる』とのことで、急遽現場に直行するシーブック達。

三人衆
三人衆

コロニー落下地点で、妙な動きが見られる。

そこで待っていた衝撃の事実は、予想だにしない『ムー大陸』の出現。



この地には既に『同盟』の人間も乗り込んでいるようで、【ベルトーチカ】はその一人。

【ベルトーチカ】を始めとする先発部隊は、『ムー大陸』の先進的技術である『ドーム都市を作るテクノロジー』を教えてもらうために、この地へやってきているようです。
しかし…ムーの民は突如現れた『同盟』に対して負の感情を抱いており、首尾は不調。

ここで、【モロボシ・ダン(ウルトラセブン)】がパーティーに加入。
彼は人手不足という理由で、宇宙(ルナツー)から『ムー大陸』へと移動していたようです。

セブン
セブン

やあ、久しぶり。
人手が足りなくてね、『ルナツー』から『ムー』の調査に回されたんだ。

 

ここで、【ウルトラセブン】がパーティーに加入。
正直なところレベルが低く戦力とはいいにくい【セブン】ですが、彼の加入と共に手に入るカプセル怪獣は、実に役に立つ存在なのです。

今回手に入れたカプセル怪獣は、【ウィンダム】と【ミクラス】。
戦闘中に道具として使用することで、敵を攻撃してくれます。



しかも…本作の味方キャラと違って、攻撃は必ず敵にヒット。
これより先は、ひたすらカプセル怪獣を活用する作業ゲームと化すこととなります…。

次に向かうのは、大陸のど真ん中にある神殿『ムータターム』。
ここには、『ムー大陸』を治める王様が住んでいます。

『ムー大陸』の王様に会いに行きましょう。
しかし、神殿内は半ばダンジョン状態。
さすがに敵は出てきませんが、その代わり…人っ子一人いません。

百歩譲って、誰も人がいないことには理解できます。
しかし…どうにも納得いかないのは、神殿内の部屋に存在するCDプレイヤー。
『ムー大陸』と言っていますが、普通の現代人ではないかと疑うレベルです。

シーブック
シーブック

『ムー大陸』に、CDプレイヤーは流石に浮きますよ…

『ムー大陸』の王様に面会。
しかし、【ベルトーチカ】が話していた通り、こちらには非協力的な態度を示しています。

RX
RX

言葉遣いは丁寧だけど、『協力には断固拒否』という雰囲気がにじみ出てますね。

これ以上ここにいても、ストーリーは進まないので別の場所に移動しましょう。
その別な場所とは、この『ムー大陸』に来た際に初めて訪れた『エラターム』の中にある『広場』です。

『広場』では、怪しい男がヒーロー達に関する妙な噂を流布していました。
曰く『地上のやつらに、騙されてはいけない』と…。

スーパー1
スーパー1

人聞きの悪いことを言いやがって!!

この怪しい男性に会うことが、ストーリーを進めるフラグとなります。
次に向かうのは、『同盟支部』。
つまり、【ベルトーチカ】がいた『イラターム』です。

セブン
セブン

名前が似ている街の名前が多くて、面倒臭いね…

【ベルトーチカ】の下へ行くと、物語に進展が。
前回この建物を訪れた際に、彼女の隣にいた『岩本博士』が行方不明になったことが分かります。

行方不明になった『岩本博士』がいるのは、大陸の南東にある街『ノラターム』。
まず、街中にある『墓地』に行ってみると、『岩本博士ここにねむる』と書かれたお墓を発見することができます。

大変ショッキングな内容ですが、ご安心ください。
『岩本博士』は死んではおらず、墓の下に幽閉されています。



しかし、この時点で墓を調べても何も起きません。
フラグを立てるためには、同じ『ノラターム』の中にある『診療所』へと向かう必要があります。

ここで取るべき行動は、建物に入ってすぐの部屋にいる少年に話しかけること。
少年から『お墓にお化けが出る』旨を話を聞いてから、再び『墓地』へ移動しましょう。

またまたやってきました、『墓地』。
到着するや否や、【岩本博士】の叫び声が聞こえます。
先程のお墓を調べると大きな穴を発見し、中に入ることができます。

墓の地下で『岩本博士』を発見。
『同盟』やヒーロー達の存在を快く思わない連中がいるようです。
…怪しいのは、『エラターム』の『広場』で妙な噂を広めていたあの男ですね。

『岩本博士』を救出したので、報告を兼ねて【ベルトーチカ】に報告。

ですが、なかなか物事は上手くいきません。
あの怪しい男性が広めた妙な噂を、『ムー大陸』の王が信じてしまったのでしょう。
『同盟』は、この『ムー大陸』から国外追放されていまうことが決まってしまいました。

今回の攻略記事は、なんとも目まぐるしい展開の連続。



言いがかりを解決するため、王の下へ向かうこととなりました。

(次回へと続く)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました