【アレサ(スーパーファミコン版)】攻略 #6

レトロゲーム

これまでの【アレサ(スーパーファミコン版)】の攻略記事一覧は、こちら

亡き母の形見の品である『アレサの指輪』と祖母・セアラの行方を追うために、旅に出ることを決意したアリエル

情報収集のために立ち寄った『ニネヴェ』でランゼルアーマに相談。
すると2人は、友人にアリエルの道案内を頼んでくれる…とのこと。

しかし…その知人とやらは既に『ニネヴェ』を後にしてしまっているので、その後を追って『サントリオ』という港町を目指すことになります。

ニネヴェ~サントリオ

ランゼルアーマの知人男性を追って、まずは『サントリオ』を目指します。

その知人男性の名前は、マードック
肝心の『サントリオ』の場所は、『ニネヴェ』から南東方向です。

『ニネヴェ』出発に際し、アリエルジャックの存在を思い出します。
仲間に加わるほどの重要な存在ではないものの、2人はすっかり仲良くなったようです。

アリエルが成長したのと同様に、あのジャックも大人になっています。
旅立つアリエルに対し、『モンスター図鑑』を譲ってくれます。
戦ったモンスターが掲載されていく、コレクション要素のアイテムです。

『ニネヴェ』を出発し、南東の方角へ。
海岸線を辿って東に進んでいくと、分かりやすいかもしれません。

港町『サントリオ』に到着。
宿屋に行くと、この町に滞在しているマードックに会うことができます。

事情を聞いたマードックは、アリエルに協力してくれることに。
ランゼルからの紹介ということも効いたのでしょう。
やはり持つべきものは人脈ですね。

少女、少年、そして子供の竜…。
明らかに経験不足感のあるパーティーに、マードックという心強いメンバーが加わりました。

マードック
マードック

ランゼルの頼みじゃあ、聞いてやらんわけにいかんな。

アリエル②
アリエル②

ありがとうございます!!

私達、旅は初めてなので、不安だったんです。

次の目的地には、船を使って移動。
船宿でチケットを買い『アルバイラ』へ向かうことになります。

この後は、アリエル達を乗せた船が出港して『アルバイラ』へ移動となります。



デイル

この手のレトロRPGでは船に乗ると十中八九アクシデントが起こりがちですが、珍しくこの航行では何も発生しません。

道中、改めてマードックが今後について説明。
まず乗船中のこの船は、途中で『デイル』という街に寄港することが伝えられます。

マードック
マードック

この船は、『カルメル島』の『デイル』に寄ることになっている

『デイル』に到着すると、マードックは用事を済ませるために一時パーティーを離脱。
しばらくアリエル達3人は自由行動となります。

勿論本作はゲームですから、じっとしていてもマードックは戻ってきません。
ストーリーを進めるには町の東にある一軒家へと、足を運ぶ必要があります。

この家に住む老人から『コーズ山には魔法使いが住んでいる』という情報を入手すれば、ストーリーが進みます。

アリエル②
アリエル②

魔法使い…!?

私から指輪を奪った、あのおじいさんかしら?

『コーズ山』に住む魔法使いが、指輪を奪った老人ではないかと推理するアリエル
他に手がかりもないため、ひとまず3人で『コーズ山』を目指すことになります。

ドール
ドール

おいおい!ずいぶん単純だなぁ。

いくら何でも、そんな簡単には…。

アリエル②
アリエル②

マードックさんが戻るまで、十分時間はあるわ。

行ってみましょう!!

 

『コーズ山』は、『デイル』の東にあります。
出発する前に、町の道具屋などで準備を整えてから向かいましょう。

なお…『コーズ山』ではボス戦はありませんが、周辺で少しレベルを上げておくと今後の冒険が楽になると思います。

準備が整ったら、『デイル』を出発。
情報どおり東に進むと、ほどなくして『コーズ山』へと到着します。

次回は『コーズ山』の本格的な攻略をスタートさせていきます。

このダンジョンは単純な構造で、麓から中腹まで一本道です。
襲い来る敵を倒しながら、着実に進んで行きましょう。

(次回へと続く)



タイトルとURLをコピーしました