【ドラゴンクエスト4(ファミコン版)】攻略 トムじいさんの息子(#18)

ドラゴンクエスト4

これまでの【ドラゴンクエスト4(ファミコン版)】の攻略記事一覧は、こちら

【ドラゴンクエスト4(ファミコン版)】攻略。
前回、トルネコは『レイクナバ』から『ボンモール』へと到着。
人口が多いだけあって、『ボンモール』では様々な情報が手に入ります。

得られた情報の中には、冒険のヒントはもちろんですがトルネコの独立に関わるものも。
手に入った情報があまりにも多く混乱しそうですが、まずは『ボンモール』の地下牢に捕らえられているという『レイクナバ』出身の男性に会いに行きましょう。

橋が壊れているため、この時点での『ボンモール』から『エンドール』への交通は不可能な状態。
『ボンモール』の地下牢における『レイクナバ』出身の男性との接触が、ストーリーを進める大きなカギとなります。

ボンモール(地下牢)

とはいえ…地下牢というだけあって、誰もが気軽に会いに行ける場所ではありません。
『ボンモール』の兵士2名が絶えず巡回をしており、彼らに見つからないようにして男性の入っている牢屋に近づかなければなりません。

ちなみに…もし兵士に見つかったとしてもご安心ください。
最初の階段の位置に戻されてしまうだけで、特にペナルティはありません。
落ち着いて行動しましょう。

トルネコ
トルネコ

ひぇぇぇ…兵士が2人も見回ってる…

見回りをする2人の兵士の目をかいくぐり、『レイクナバ』出身の男性と接触するとイベントが発生。
どうやら男性はトルネコの顔を知っているようです。

それもそのはず。
詳しく話を聞いていくと、男性は『レイクナバ』に住むトムじいさんの息子であることが判明します。

トムじいさんとは、トルネコ同様に『レイクナバ』に住む高齢の男性。
村を出たきりになっている息子の行方を案じており、教会に通って息子の帰還を祈る日々を過ごしているのですが、足腰が弱くなっているせいか1人では満足に歩けません。

トルネコ
トルネコ

トムじいさん、元気かなぁ…。

そんなトムじいさんに『レイクナバ』で話しかけると、以下のようなお願いをされます。

教会まで押して行ってくれないか?

1人では満足に歩くことができないトムじいさんを教会まで押していってあげると、バイト代ということで僅かではありますがゴールドを貰うことができます。

そんな心優しいトムじいさんを父を持つ男性は、トルネコに対して『キメラの翼を買ってきておくれよ』と話を持ち掛けてきました。

あんた、商人だったよな。

だったら『キメラの翼』を買ってきておくれよ。

トルネコ
トルネコ

…それって、脱獄の手伝いってことかよ…。

とは思ったものの、そこはお人好しのトルネコ
良心が痛まなかったわけではありませんが、ストーリーを進めるためにも、そして何よりトムじいさんのためにも『キメラの翼』を男性に譲ってあげましょう。

『キメラの翼』を受け取ったことで、男性はは心を入れ替えることをトルネコに誓い、『レイクナバ』への帰還を果たします。

こういう場合って、脱獄を手助けしたトルネコも本当なら罪に問われちゃいますよね…



レイクナバ

トムじいさんの息子がきちんと『レイクナバ』に帰って真面目に働いているか、面倒ですが戻って確認しましょう。
どうやら息子はトルネコに誓ったとおり、真面目に働いているようです。

トルネコ
トルネコ

良かったな、トムじいさん

教会に毎日通ってた甲斐があったな!

次はトムじいさんの息子に会いに行きましょう。
脱獄を幇助したこともあり、歓迎を受けます。

トルネコ
トルネコ

…ていうか、むしろ感謝してくれないと困りますよ。
下手すりゃ、私も捕まるようなことをしてまで助けたんですからね…。

助けたお礼ということで、トルネコは男性の後ろに控えている犬を借りることができるようになります。
犬の名前はトーマス

トルネコ
トルネコ

…そうだ、このトーマスを使ってキツネを懲らしめよう!!

『ボンモール』で入手した情報によれば、『人を化かすキツネ』の弱点は犬とのことでした。
借り受けたトーマスの力をもってキツネを懲らしめれば、膠着しかけていたストーリーが一気に進むことになります。

(次回へと続く)



タイトルとURLをコピーしました