ファイナルファンタジー4 #35

レトロゲーム
スポンサーリンク

『ファイナルファンタジー4』

こんにちは。
盛り上がりを見せた冬季オリンピックも終了し、次はパラリンピックの開催です。
引き続き日本選手団の活躍を祈りつつ、本日もファイナルファンタジー4のプレイ日記を更新していきたいと思います。


【プレイ日記】
セシル達が足を踏み入れたその建物は『月の民の館』。
うん、そのまんまのネーミングだな。

そのまま奥に進んでいきますと、セシル達を呼ぶ声が聞こえてきました。
一体誰でしょうか?

その声の先を見てみますと、老人がたった一人。

老人は、自らの名を『フースーヤ』と名乗りました。
念のため言っておきますが、芸人の方ではありませんのであしからず!

彼の役目は月の民の眠りを守ること。
そんなフースーヤの話をまとめますと…

その昔、火星と木星の間にあった星が滅亡しかけた時がありました。
生き残った人達は地球に逃れたのですが、彼らはもう一つの月を作り、そこで長い眠りについて…ということらしいです(上手くまとまってませんね、すみません)。

しかし、ここで問題が発生。
民の中には眠ることを嫌い、地球を乗っ取ってしまうおうと考えた者がいたそうです。
フースーヤはその者を封じましたが、その邪悪な思念は地球にも影響を及ぼしました。
セシル達がこれまで戦ってきたゴルベーザは、その邪悪な思念の源泉とでも言うべき者に操られいるようです。
そして、その者の名は『ゼムス』。

更にフースーヤは更に重大な事実をこの場でぶっこんで参りました。

セシル達を月まで運んできた魔導船は、フースーヤの弟である『クルーヤ』なる人物が造ったもの。
クルーヤはやがて地球の娘と恋に落ち、二人の子供を授かりました。
その内の一人が、セシルだというのです。

かつてセシルが試練の山で聞いた声は、何を隠そう父・クルーヤの声だったのです。

ということは、このフースーヤ翁はセシルの実の叔父さんということになりますね。

そしてプレイヤーである私は、恐ろしい発想が頭に浮かんで参りました。
この話の流れからすると、クルーヤの二人の子供の内、もう一人というのがどう考えてもゴルベーザ…

 

ショッキングな着想を抱いてしまいましたが、本編に戻りましょう。
ひとまず、セシルの叔父・フースーヤが仲間に加わりました。
クリスタルが相手の手に揃ってしまったため、全てを焼き払う兵器『バブイルの巨人』が生まれてしまう恐れがあります。
そのために同行してくれることになりました。

一向は急いで地球へ。
しかし、時既に遅し。

画面が急に暗くなります。

『バブイルの巨人』が誕生してしまうみたいです。

『巨人』といいますが、塔よりは小さいんですね。

『バブイルの巨人』がその力を解き放ちました。
辺り一面が真っ赤に…

この世界は一体どうなってしまうのでしょうか。
続きは次回…。

こちらでも細々と呟いてます。良ければフォローしてやってください。
@liverpoolxabier

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。