ファイナルファンタジー4攻略 #12

レトロゲーム
スポンサーリンク

ゴルベーザに白魔導士・ローザをさらわれてしまったセシル一行は、敵の本拠地である『バロン』へ乗り込むべく、海路を進むことを決意。



新たにパーティーに加わったモンク僧・ヤンの奥さんに見送られつつ、ファブールを出港したセシル達でありましたが、RPGでは最早お約束とでもいうべき海難事故がここで発生(リヴァイアサンに襲われました)。

『バロンまであっという間』と散々豪語していた船長の言葉も虚しく、一行は海へと投げ出されてしまいました。
気が付いたセシルがいたのは、とある砂浜。
リディアやギルバート、ヤンの姿は全く見当たりません。

ローザを救出するどころか、セシルは一人ぼっちになってしまいました。

仲間を全て失い、孤独になってしまったセシル。
しかし、この場に留まり続けるわけにもいかないため、とりあえず辺りを散策することに。

しばらく歩きますと、街があったので入ってみました。
もしかしたら、仲間たちがいるかもしれません。

『ミシディア』か。
…ん?ミシディア?どこかで聞いたことがあるような…

そうです、そうなのです。
オープニング前にセシルがクリスタルを奪ってきた、あの『ミシディア』であります。

試しに、街の人に話しかけてみたところ…案の定ミシディアの人々はセシルのことを覚えていて、この時ばかりと様々な報復行為を仕掛けてきました。

例えば、カエルにされたり…

ブタにされたり…

酒場に行ってみますと、バロンに対する恨み節満載のポスターなども。

あの時…自分の意思ではなかったとはいえ、ミシディアの地で悪行を重ねてしまったセシル。
ここは黙って偲ぶことを選択したセシルは、街の奥へと進んでいきます。

ミシディアの長老に話しかけます。
『そなたはあの時の…今度は一体何の用じゃ。』

セシル①
セシル①

…はい、申し訳ありません。
仰る通り、あの時の暗黒騎士でございます。
その節は、大変ご迷惑をおかけしました…

ミシディアの長老さんは、やはりセシルに良い印象は抱いておりません。
当然ですよね。



しかし、長老はこうも言いました。今のセシルからは『当時とは違う輝きの欠片が見受けられる』と。
なるほど、分かる人には分かるんですね。

ここで事情を説明するセシル。
話し終えると、長老からは『このままではゴルベーザに勝てないよ』と一言。

ただし、あくまでも『このままでは』。
暗黒騎士として持つ、今の邪悪な剣を聖なる剣に変えれば可能性がある…ということを教わり、セシルはその聖なる光を受けるべく『試練の山』に向かうこととなりました。

そして、付き人として新たな仲間が2人加わることとなりました。
黒魔導士パロムと、白魔導士ポロムです。

 
…これは監視役ということでしょうか?

メニュー画面を開いてみたところ…

セシル①
セシル①

俺は、子守のバイトをしているのか…

…ま、いっか。
丁度、回復役とかいなかったところですし。



さて、ここで早速出発…といきたいところなのですが、まずはお子ちゃま2人のレベル上げを敢行。

セシル①
セシル①

まずは、ある程度戦力になってもらわなきゃな…

一通りレベルを上げ終えたところで、改めて今回の目的地である『試練の山』へと足を踏み入れることとなります。

今回はここまで。またまた次回をお楽しみに。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。