ドラゴンクエスト4 #12

レトロゲーム
スポンサーリンク

こんばんは。
次女も無事退院し、ようやく私にも平穏な日々が戻って参りました。



…ということで、このブログもようやく通常運転に戻って参りました。
滞りがちでありました、ドラゴンクエスト4のプレイ日記です。

前回どこまで記事を書いたのか失念してしまった自分への確認も含めて、まずは復習。

……
………
そうでした、アリーナ姫が父(サントハイム王)の失われた声を治すために、『さえずりの蜜』なる薬を求めて東奔西走。
その結果、砂漠のバザーから西にある『さえずりの塔』を訪れるところまで更新しておりました。

では、参りましょう。

砂漠のバザーから西へしばらく進んでいきますと、なるほど、情報通り塔を発見。
ここが『さえずりの塔』ですか。
果たして本当にエルフがいるのでしょうか?

考えていても王の声は戻らないので、まずは行動あるのみ。
塔を登っていきましょう。

塔には先客が。
この先にはカギがかかっている扉があるらしく、そんじょそこらのトレジャーハンター程度では容易に上には登っていけない仕組みになっているようです。

なんと、この塔には宿屋が完備されている模様。
念のため、ここを拠点にしてちょっとだけレベルを上げておくのも悪くないかもしれません。

コンディションを整え、いざ先へ。



まずは情報通り、カギのかかった扉を発見。

しかし、こちらには手に入れた『盗賊のカギ』があります。
すんなりと通過することに成功。

迫りくる雑魚敵を倒しつつ、最上階を目指していきます。

しばらく進んでいきますと、最上階らしきフロアに到達。
お、なんかエルフっぽい人影(厳密にいうと、人ではなくエルフなんですけど)がいるようですね。

しかし、エルフはアリーナ達が目に入った途端、この場を去ってしまいました。
ドラクエ3の世界と同様に、人間とエルフの仲はあまり良好ではない模様です…。

エルフ達がいた場所を調べてみますと、今回の目的のブツを発見。
『さえずりの蜜』を手に入れることができました。

善は急げ。
早速サントハイム城に戻って、王様に『さえずりの蜜』を使用。

すると、あっけない位に王様の声が元に戻りました。

今回の事情を聴いてみると、王様はある日、不吉な夢を見たのだとか。
そして、その不吉な夢の話を大臣に相談しようとした途端に、声を失ってしまったというのです。

にわかには信じられない話ですが、王様の声が失われていたのは紛れもない事実。

改めて、アリーナ姫に世界を見て回ってくるように命じたサントハイム王。
口ではアレコレ言いながらも、アリーナ姫が一番やりたいことを全面的に応援してくれるサントハイム王は素晴らしい父親ですね。



私も同じ一人の父親として、かくありたいと誓った瞬間でありました。

いよいよアリーナ姫の章も、佳境に近づいて参りました。
次に姫を待っているドラマはどのようなものなのでしょうか?
続きはまた次回…。

今日も、ワールドカップ見なくっちゃ!!

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。