ファイナルファンタジー4攻略 #34

レトロゲーム
スポンサーリンク

こんにちは、毎度お馴染み『ファイナルファンタジー4』のプレイ日記です。
月曜日ということで、仕事に対するやる気が著しく低いのですが、残り半日頑張って参りましょう。



【プレイ日記】
タダ同然で入手した『ねずみのしっぽ』との物々交換によって、『アダマンタイト』を入手。
これを欲しがっていた鍛冶屋に会うことで、セシル専用の強力な武器『エクスカリバー』を手に入れることができます。早速、地底世界に行ってみましょう。

何やら独り言をブツブツ言っている鍛冶屋。

セシル②
セシル②

何か一人でブツブツ言ってるけど、大丈夫かな?
ヤバい人かも…

 

道具の選択ウインドウが出現したので、アダマンタイトを選択しましょう。

セシル②
セシル②

ほらほら、あなたが欲しがっていたアダマンタイトですよー!

清々しいほどの、掌返しを見せる鍛冶屋。

ローザ
ローザ

さっきまでは無視してたくせに…

『アダマンタイト』を手にして気を良くした鍛冶屋。
彼はそのお礼に、セシルが持っている剣を鍛え直してくれる…とのこと。

セシル②
セシル②

ではお言葉に甘えて…

名前の割りに攻撃力が低かった『伝説の剣』を、鍛冶屋に手渡します。
錆びついてたのでしょうか?…だから『伝説の剣』なのに弱かったわけだ。
これからは期待できそうですね。

しばらく待って、待ちに待った受け渡しの瞬間。
あのなまくら同然だった剣が今、『エクスカリバー』として生まれ変わりました。
『エクスカリバー』といえばFFではもうすっかりお馴染みですし、アーサー王の伝説にも出てくる剣の名前ですよね。



※余談ですが、競馬ファンの私としては『デュランダル』という名の剣もいつかゲームで出してほしいと密かに願っております。

セシル②
セシル②

エクスカリバーを手に入れた!

もはや、お約束の『あちち』

もう一ヶ所、寄り道をしましょう。
次に向かうのは、今は懐かしきバロン城。
かつて城兵が話していた『地下から声が聞こえる』という噂の真相を探りましょう。
実際に地下を進んでいくと、なんとセシルを呼ぶバロン王の声が!!

セシル②
セシル②

陛下…

このバロン王は、かつてセシルが尊敬し実の親同然に慕っていた本物。
ゴルベーザとその一味により命は奪われてしまいましたが、『永遠の力を手に入れた』とのこと。

バロン王は『永遠の力を手に入れた』ことで、召喚により呼び出せる幻獣となった模様。
セシル達に力を貸してくれそうな雰囲気になったのですが…

ただし…彼らの世界の掟により、まずはセシル達と一戦交えなければならないとのこと。
勝てば仲間になる…シンプルですね。

バロン王…オーディンとの戦闘開始。

バロン王…いえ、オーディンは非常に強敵です。
『斬鉄剣』という一撃必殺の技を受けると、一瞬で負けてしまいます。



オーディンは、その『斬鉄剣』を2、3ターン経過すると繰り出してきます。
『斬鉄剣』を使われる前に、オーディンの弱点である雷属性の攻撃を軸に倒してしまいましょう。

セシル②
セシル②

①セシルは通常攻撃
②エッジは忍術(雷属性)
③リディアはラムウ(召喚魔法)、ローザは回復役に専念
この作戦でいきましょう。
魔法『スロウ』を使うことも忘れずに…

そして、激闘の末になんとか勝利。
それにしても、セシルに対するバロン王の愛情を感じる一幕ですね。
ちょっぴり感動してしまいました。

そして、めでたくリディアが『オーディン』を覚えました。

ここでようやくストーリーが本筋に戻ります。
一向は再び月へ。

どう来るをいくつか踏破して先へ進んでいきますと、城のような建物が彼らの前に姿を現しました。



この先、一体何が彼らを待ち受けているのでしょうか。
続きはまた次回。

(次回へと続く)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。