読書メーター 浅見家の本棚 #77

浅見家の本棚
スポンサーリンク

こんにちは、本ブログの管理人・浅見ヨシヒロです。



今回の『浅見家の本棚』の記事は、いつもと違って番外編の内容とさせて下さい。
といいますのも、私が長い間待ち焦がれておりました『読書メーター』というSNSサイトのアプリ版が遂にリリースされたためです(正確に言いますと、アプリがリリースされたのは結構前なのですが)。

その前に『読書メーター』をご存知無い方のために、簡単に説明させて頂きます。
私の下手な日本語で説明するのも気が引けるので、公式サイトから引用させて頂きたいと思います。

読書メーターは、読んだページ数や冊数などの読書量をグラフにして読書記録をしたり、日本中の読書家さんたちとコミュニケーションができるサービスです。
(公式サイトより引用 URL…https://bookmeter.com/about)

ブラウザ版時代から利用させて頂いているのですが、自分がこれまで読んできた本がグラフとして…いわゆる『見える化』された状態で出力されますので、読書に対するモチベーションの持続にも効果があると個人的には思っています。

そんな長年の『読書メーター』のファンである私ですから、早速アプリをダウンロード&インストール致しました。
詳細については、また別の機会にでもスクショを貼ってみようかなと思っておりますが、まずはこのダウンロード前の画像を掲載…。

で、肝心の感想を。
まだあまりいじくっていないため、使い勝手はよく把握しておりません爆
この手のサービスは徐々に慣れていくしかありませんし、時間が解決してくれるものだと思います。

一時期私は、『読書メーター』にマンネリ感を抱き、他の読書系SNSに浮気をしておりました。
幾つか他のSNSを見てみて再認識したのですが、ユーザー数や内容も含めて、最も安定しているのはやはり最大手の『読書メーター』でありました。

これまで、多くの同胞と言っても過言ではない読書家の皆さんと交流できましたので、恥ずかしながら読書メーターに戻ってみたいと思います。

こちらでも細々と呟いてます。良ければフォローしてやってください。
@liverpoolxabier

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。