【天外魔境ZERO】攻略 #8

レトロゲーム

これまでの【天外魔境ZERO】の攻略記事一覧は、こちら

前回の攻略記事において、ヒガンは祖父の仇である絶対レイドを撃破。
それは、途中から仲間になったヒスイの『現在卵の状態である、妹のスバルを救ってほしい』という願いを叶えるものでもありました。

崩れ落ちる『氷牙城』から逃げ出したヒガンは、スバルの眠る『夢殿』へ。
ヒスイは残された寿命と力をスバルに使うため、仲間から離脱したのです。

ヒガン
ヒガン

短い間だったけど、ありがとう。

ヒスイさん!

 

絶対レイドが倒れたことで、火熊にかけられていた封印が解かれました。
ちょっと面倒ですが、ここは一旦『火熊神社』に戻って会いにいきましょう。

火熊神社

…ちなみに各国のボスを倒すことで、フィールドでのエンカウント率が下がる仕様になっています。
そのため、あまり時間をかけずに『火熊神社』に戻ることが出来ます。

ヒガン
ヒガン

あまりにも面倒な場合は、アイテム『ひこう石』を使うとあっという間に戻れるぞ!

『火熊神社』へと戻ったら、封印から解かれた神獣の火熊と会いましょう。
火熊の他にも、『ジパング』の各国では孔雀・鶴・亀・犬神・竜といった他の神獣達が封印されています。

 

当初から分かっていたことではありましたが、改めて火熊から本作【天外魔境ZERO】の目的がヒガンへ伝えられました。
それは『6体の神獣を全て助け、正義の力を取り戻すこと』です。

ヒガン
ヒガン

やれやれ、忙しい旅になりそうだ…

ここで、封印が解かれたことから『ヒグマの石』を入手。
これを装備すると、敵への攻撃が必ず命中するようになります。

次の国へと向かう前に、『火熊国』で出会える仙人には会っておきましょう。
『氷山村』の北西に居を構える見像仙人は、その一人。



仙人洞(見像仙人)~孔雀国

見像仙人に会うことで、巻物『見像(術を使うことで、敵の弱点が分かるようになる)』を手に入れることができます。

 

では、そろそろ次の目的地である『孔雀国』へ移動しましょう。
『孔雀国』へは『氷山村』から行くことになります。
面倒ですが、またまた戻ることに…。

『孔雀国』へと繋がる『美人洞』は『夢殿』の裏にありますが、入口付近にいる男性から本作の特徴の1つでもあるPLGSイベント関連の話を聞くことができます。

しかし…私のプレイしている【天外魔境ZERO】は電池の影響なのか、内部の時計が1995年12月16日で止まったままなので、このイベントを実行できません…。
まだ電池が生きている方は、是非お楽しみ下さい…。

 

『美人洞』を通って、『孔雀国』へ入国。
ここで突如イベントが発生し、『ヒスイの指輪』が光り始めます。
とはいえ、今回は指輪が光っただけでまだまだスバルは仲間に加わりません。

『孔雀国』へ入って北に進んでいくと『孔雀神社』があるので、まずはそこを目指しましょう。



孔雀神社

『孔雀神社』へと到着。
『火熊国』は絶対レイドによって氷漬けとなっていましたが、この『孔雀国』では血のような赤い雨が降りしきっています。

ここで、またもや『ヒスイの指輪』が光り始めます。
場面も『夢殿』に切り替わり、いよいよスバルが生まれるのかと期待をさせられるのですが…やはりまだまだ卵は孵りません。

ヒガン
ヒガン

いい加減、一人旅も辛くなってきたぞ…

 

まずは、『孔雀神社』で情報収集。
この国を襲っている赤い雨は、人々を病気にさせているようです。
病気で苦しんでいる人が多いと、どうしても雰囲気が暗くなりますね。

この『孔雀神社』の東には、妖雷仙人がいるようです。
後で行ってみましょう。

北には『福福村』、北西には『雨寺村』という村があるようですが、そのどちらもここと同じように赤い雨の被害に苦しんでいることが分かります。

そして…その赤い雨の元凶は『血戦の塔(赤い塔)』。
この塔を攻略することが、『孔雀国』での目的となります。

『火熊神社』と同じように、この『孔雀神社』には神獣が祀られています。
ストーリーを進めるためにも、『孔雀神社』の境内へと足を運びましょう。

神社の鳥居近くに来ると、子供が一人慌てふためいている様子。
聞くところによると、神社の境内の中で化け物に襲われている人がいるのだとか。

中に入ってみると先程の子供が言っていたとおり、男性が化け物に襲われていました。
ここで襲われている男性を助ける流れとなります。

化け物とのバトルがスタート。
『孔雀国』に入って、初めての本格的な戦闘です。
数的には不利ですが、普通に戦えば負けることはありません。

(次回へと続く)



タイトルとURLをコピーしました