天外魔境ZERO攻略 #34

レトロゲーム
スポンサーリンク

黄金城の機械仕掛けを突破し、犬神国のボス・キンギンを屋上に追い詰めたヒガン達。
これから、お約束のボス戦2連戦を迎えることとなります。

あくまでも私の個人的な印象ですが、キンギンはこれまでの地獄の軍団の連中と違っていやらしい攻撃は仕掛けてきません。

そんなキンギンの攻撃パターンで気を付けなければならないのは、『右手の一撃』。




スバルに回復をさせ、あとの2人は集中攻撃を仕掛けましょう。
このパターンを続けることで、第一段階目は難なくクリアできるはず。

スバル
スバル

回復のタイミングだけ間違えないようにね!

水貴
水貴

私だけ石化してしまった…
これでは経験値がもらえないじゃないか!!

火の一族と真正面から戦い、敗北したキンギン。
しかし、これでスンナリと勝利できるわけではありません、
冒頭でも述べた通り、地獄の軍団は必ず1度姿を変えて再戦を挑んできます。

次の戦いの準備を整えるため、キンギンは一時撤退。
ここが屋上だとばかり思っていましたが、更に上にもフロアがあるようです。




当然ですが、追いかけましょう!

キンギンの後を追っていきますと、やはり彼はこちらを待ち受けていました。

ヒガン
ヒガン

付いていかないと、ストーリーが進まないんだよ!!

他のボス達と違ってキンギンは特に変身等はせず、自らが開発したマシン『ゴールドシルバー』に乗って戦いを仕掛けてきます。

水貴
水貴

『ゴールドシルバー』…
なんだ、『キンギン』って意味か、くだらない…

スバル
スバル

ここで『スーパーマネキングⅢ』を出されなくて良かったね!

キンギンとの第二戦、スタート!
自称・史上最強マシン『ゴールドシルバー』に乗っているだけあって、なかなかデカイです。

『ゴールドシルバー』の行動パターンは、『火炎砲』『シールド・オン!』『プラズマ砲』『補助燃料 注入!』。

この中では全体に大ダメージを与えてくる『火炎砲』『プラズマ砲』に注意が必要です。
また…何気に『補助燃料 注入!』も厄介で、体力を回復しやがります。

私の場合はヒガンと水貴はひたすら通常攻撃を担当させ、スバルは基本的に回復役。
3人の残り体力に余裕がある場合は、奥義『冷界グモ』でダメージを与え続けていくことでキンギンを倒すことに成功しました。

水貴
水貴

今度は、私も経験値をもらうことが出来たぞ!

自慢の『ゴールドシルバー』も破られてしまったキンギン。
しかし、『自身の役目は果たした』という意味深なセリフを発し…

ヒガン達が初めて耳にする『コクビャク』というキーワードを残して、『ゴールドシルバー』と共に消え去ってしまいました。

抜群の頭脳を持ちながら、その能力をひたすら悪事に使ったキンギンの最後。
後程判明しますが、キンギンはこの犬神国の神獣である犬神の親友だったのです。

キンギンが死んでことで、犬神国と竜王国を隔てていたゲートが消滅。
これで、国境を超えることができるようになりました。

『コクビャク』という名前に聞き覚えのある水貴ですが、城主を失ったことで黄金城は崩壊を始めます。
例の如く、崩れゆく敵の本拠地からの脱出をする3人。

水貴
水貴

コク…ビャク…

スバル
スバル

ヒガン、お城が崩れる!!
脱出!!脱出!!

…この後の行動も…もはや、テンプレート化していますね?




ボスを倒したことで神獣の封印が解かれましたので、神社へ足を運んでみましょう。
この国の神獣は犬神です。

ヒガン
ヒガン

すっかり忘れてしまうところだった!!

久しぶりの犬神神社。
この国では、キンギンとの戦いに至るまで多くイベントが起きました。
600年前の『マ・ジン』復活もそうですが、金山と大虎町を行ったり来たり…

封印が説かれた犬神さんに挨拶。

先程話した通り、犬神とキンギン(かつては白虎という名でした)が実は親友だったことがここで語られます。

そんな複雑な感情をさらけ出すイヌガミさんから、『イヌガミの石』を譲り受けるヒガン達。
これで入手した神獣の石は5個目、残す神獣は最後の竜のみとなりました。

ヒガン
ヒガン

『イヌガミの石』を手に入れた!

『イヌガミの石』装備の効果は、敵の攻撃を受けた際に反撃が期待できる…というもの。
ただし、その頻度はざっくりと『時々』と表記されています。
必要以上には期待せず、適当に水貴に装備させました。

次回からは、いよいよ最後の竜王国へと突入する予定です。
かの国では、闇の剣士・シラヌイとの決戦も用意されておりますし、何より地獄の軍団を統べるニニギも待ち受けています。




最後が近づいてくると、ゲームを進める手が鈍ってくるのは私だけでしょうか?

ヒガン
ヒガン

そんなこと言わずに、クリアしちゃってくれよ!

(次回へと続く)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました