SDガンダム外伝ナイトガンダム物語(SFC版)攻略 #25

レトロゲーム
スポンサーリンク




10月にスタートした『ナイトガンダム物語』攻略記事も、本日で最終回。
理不尽なゲームバランスの作品でしたが、それでも当時小学生だった私は、これが普通だと思ってプレイしていました。

ナイトガンダム③
ナイトガンダム③

ご迷惑をおかけして、すみませんでした!!

ZZ
ZZ

謝ったら負けだ、ナイトガンダム殿!
レトロRPGとは、こんなものだ!

父親が厳しい人で、スーパーファミコンを買ってもらうだけでも相当な苦労がありました。
私にとって、初めて買ってもらったスーパーファミコンソフトが本作『ナイトガンダム物語』。
プレイできるだけでありがたかった…そんな思い出があります。

では…本作最後の攻略記事、スタートです!



宿敵であるネオブラックドラゴンとの融合により、ナイトガンダムはスペリオルドラゴンとへと生まれ変わることに。
章のタイトルの通り、正しく『光の騎士』です。

スペリオルドラゴンとなったナイトガンダムの前に最後に立ちはだかるのは、ジオン軍の親玉・ジークジオンです。
なんというか…醜いですね…。

ニュー
ニュー

美しくない…

アレックス
アレックス

…ザ・獣って感じ…

ジークジオンの自己紹介、スタート。
悪の親玉らしい、堂々とした口上。

ここで一時、場面が切り替わります。
フラウ姫救出の手柄を横取り(被害妄想)した『黄金の騎士』が、ガンダム達に続いてムーア界に導かれました。

アムロ
アムロ

僕は導かれなかったっていうのに…

再び場面は、ガンダム達とジークジオンへ。
ナイトガンダムとネオブラックドラゴンの死闘、そして融合の場面を『余興』と称す始末。

ZZ
ZZ

もうすぐ、その余裕を失わせてやるよ!!

本作のラスボス、ジークジオンとの最終決戦が幕開け。
ニューガンダムのレベルだけちょっと低め…

さてさて…ラスボスのジークジオンですが、やはり強敵です。
行動回数は、最大で1ターンに4回という反則レベル。

強力な通常攻撃は勿論ですが、全体に被害を及ばせる炎が厄介。
メンバーが混乱させられてしまう『怪しい匂い』、気絶させられてしまう『超音波』にも要注意。
アルガス騎士団の誰か一人でも欠けてしまうと、やはり協力攻撃は使えなくなってしまいます。



また…ネオブラックドラゴンと同様に、ジークジオンも最後はナイトガンダムの攻撃でないと倒すことが出来ません。

ナイトガンダムによって、その最後の一撃を加えるとイベント発生(これで戦闘は終了)。
先程ムーア界に導かれた、黄金の騎士が物語に関与してきます。
黄金の騎士は第一章以降姿を見せていなかった、シャアだったのです。

アムロ
アムロ

クワトロ大尉ってことね、納得…

第二章において、ナイトガンダムの前に立ちはだかったサイコゴーレム。
サイコゴーレムはかつてジークジオンに操られていたものの、破壊の限りを尽くすことは本心ではありませんでした。

シャアはサイコゴーレムの核を利用し、ジークジオンの動きを封じにかかります。
『ジークジオン』というキーワードに対しては、やはりシャアは因縁がありますね。

 

動きを封じ込められた、ジークジオン。
ここで、スペリオルドラゴンとなったナイトガンダムが攻撃!!

 

ジークジオン撃退の、瞬間です。
しかし、その直後にガンダム達の体が突如光り始めます。

主が倒されたことで、ラストダンジョン『ティターンの塔』が崩壊。

ムーア界から、ナイトガンダム達は地上世界に戻るかと思われましたが…

思い返すのは物語の冒頭。
ラクロア付近に不時着した光がナイトガンダムだったわけですが、それを初めて発見したのがフラウ姫。

 

あの時この地に落ちた光が再び空高く上がっていくのを、フラウ姫はラクロア城から見ていました。

そして、フラウ姫には分かっていました。
その光こそが、ナイトガンダムだということを。

場面は切り替わって、アルガス。
かつてこの地では、ジークジオンの介入によりアルガス国とムンゾ帝国が互いに争いを繰り返していましたが、ナイトアムロの唯一にして最大に活躍により、二国間に平和が訪れています。



恋仲の設定だったカミーユ王子とユイリィ姫は、必ずやこの平和を継続させることでしょう。

アムロ
アムロ

『唯一』って何だよ!!

 

黄金の騎士だったシャアは、元のナイトの姿に戻っています。
なんとなく寂しそうです。
騙されていたとはいえ、サタンガンダムの走狗となっていたのは今では懐かしい思い出です。

そしてアムロのボヤキ。

アムロ
アムロ

なぜ、なぜ彼らだけ…

私はまだ未熟だというのか…

セイラ
セイラ

(また葛藤してるわ、この人…)

最後にガンタンクが、本作品のサブタイトルである『大いなる遺産』の由来を解説。

ガンタンク
ガンタンク

長い月日が流れた時、5人のガンダムの功績は伝説となるだろう…。

『大いなる遺産』として…。

 

最後は、フラウ姫の寂しそうな後姿でエンディング。
それにしても、ナイトガンダム達はそこへ帰っていったのでしょうか?
その答えを、私は未だに知りません。

約二カ月間をかけてお届けして参りました、スーパーファミコン版『ナイトガンダム物語』の攻略記事も、今回で終了となります。

だいぶ急ぎ足になってしまった感はありますが、なんとか今回も最後までやり切ることができました。
これも本ブログに足を運んでくださる皆様のお陰だと思います。



今後は、途中になっていた『天外魔境ZERO』と『ガイアセイバー』を軸に攻略記事をお届けしていきたいと思います。
ありがとうございました!!

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。