【ジャングルウォーズ2】攻略 #0

レトロゲーム

これまでの【ジャングルウォーズ2】の攻略記事一覧は、こちら

このブログで攻略を進めている、ゲームボーイ用ソフト【ジャングルウォーズ】。
プレイ自体は最終ボスの待つ舞台『サークラル島』へと到達している段階です。

ボーイ
ボーイ

敵も強くなってきました…

また…同じく攻略を進めていた【ドラゴンクエスト3(スーパーファミコン版)】と【ガイアセイバー】もクリアを果たし、新たに着手するゲームについてここ数日考えておりました。

その結果…次に攻略をするゲームを【ジャングルウォーズ2 古代魔法アティモスの謎】へと決定致しました。

いつものことながら、初回である今回は作品の概要について触れていきたいと思います。



本作の概要について

本作【ジャングルウォーズ2 古代魔法アティモスの謎】は、前作から約2年後の1993年にスーパーファミコン用ソフトとして販売されました。

本作に登場する敵組織の名前は『ウルウル団』。
タイトルにもある『古代魔法アティモス』の持つ強大な力を利用し、それによって世界征服を企んでいます。

前作で悪の組織『ゴート団』を壊滅させた、主人公のボーイ
『ウルウル団』の野望を打ち砕くため、今作でも勇敢に立ち上がります。

ボーイ
ボーイ

『ゴート団』の次は、『ウルウル団』か…。

一見何も無さそうに見えるけど、『ジャングル』の警備も忙しいなぁ…。

カートリッジの要領も大幅に増していることから、全体的に遊びやすくテンポも良好。
より多くのプレイヤーに楽しめる設計になっていると言えます。
比較しやすいように、今作と前作の画像を左右に貼っていきます。



前作との比較

スーパーファミコン用のソフトとなったことで、本作が前作よりも段違いに遊びやすくなったことは既に述べました。
ここでは、分かりやすいように両作品の画像を比較していきます。

【フィールド画面】
フィールド画面に限らない話ですが、カラーとなりました。
よりジャングルの世界観を感じやすいビジュアルに仕上がっています。
舞台は同じはずですが、微妙に地図や地形は変わっています。

【戦闘画面】
RPGのキモである戦闘画面も、大幅に進化。
顔グラフィックが追加されていますし、2の方は最大4人のパーティーを組むことが可能になっています。

【お店での買い物】
一見すると変わり映えがないように感じますが、2では品物一つ一つの説明を聞くことができます。道具の効果は勿論、武器や防具を装備できるキャラクターまで教えてくれるので、便利になりました。

【サスケの使い勝手】
前作の数少ない不満点は、サスケ(サル)の絶望的な弱さ。
一応戦闘には参加してくれるものの、攻撃力は低く、おまけに打たれ弱いため戦闘不能に陥ることも珍しくありませんでした。

道具も持てず何も装備できないサスケは戦力外に近い存在だったわけですが、本作ではそこが改善されているのが好印象。
武器や防具が装備可能で、全作ほどお荷物ではありません。

【オープニング】
最後は旅立ちの場面。
舞台が『ジャングル』ということもあり、基本的にボーイや、その父ジャングルパパは上半身裸のパンツ姿で行動。

オープニングに際しては、前作も本作もボーイがベッドで目を覚ますところから始まりますが、まさかのノーパン状態。

まずはパンツを履くことが、プレイヤーのすべきことです。



【ジャングルウォーズ2】に登場するキャラクター達

次に、【ジャングルウォーズ2 古代魔法アティモスの謎】に登場するキャラクターを紹介します。
基本的に前作のキャラクターが数多く登場します。

ジャングルボーイ(主人公)

ボーイ

本作の主人公で、作中ではボーイという設定ですが変更が可能。
能力としては、オーソドックスタイプ。
魔法を使うことはできませんが、HPや力がバランス良く伸びる印象です。

ミオ

ミオ

一応ヒロイン。占いオババの孫娘で、魔法が使えます。
前作でかなりの魔法を覚えているはずなのに、2の冒頭ではほとんど忘れている有様。

サスケ

前作から引き続き登場し、AIの改善からか見違えるほどに戦力になります。
固有コマンド『きのみ』で、戦闘中はボーイを支援してくれます。
ただし、戦闘では相変わらず命令はできません。

【ジャングルウォーズ2】については、近日中に攻略に着手する予定です。



タイトルとURLをコピーしました