ガイアセイバー攻略 #2

レトロゲーム
スポンサーリンク

ガンダムF-91にシーブックではなくアムロを搭乗するなど、良い意味でも悪い意味でもハチャメチャ感のある『ガイアセイバー』。

前回から本格的に攻略記事をスタートさせましたが、本日は第二回目の更新です。
ヒーロー同士の同盟を作るために地球にやってきたウルトラマンレオを仲間に加えたアムロは、陥落寸前のジャブローをホワイトベースと共に脱出し、日本へ向かうことになりました。



レオの力を借りながら、アムロは脱出…
この後、ジャブローはジオン軍の攻撃のために陥落する模様です。

無事、日本に到着したアムロ。
辿り着いた科特隊の基地で彼を迎え入れてくれたのは、各シリーズでお馴染みの面々。

まずは科特隊のキャップ、ムラマツ。

 

そして、アムロにとっては最もなじみ深い、ブライトさん。

最後は、仮面ライダーでお馴染みの立花藤兵衛…通称『おやっさん』。

GSアムロ
GSアムロ

ムラマツキャップと立花さん…顔が一緒ですね。兄弟か何かですか?

何気なく3人が自己紹介をしていますが、分かる人が見たらこの光景は本当はありえない設定。
…と言いますのも、ムラマツキャップと立花藤兵衛は、実は俳優の小林昭二さんがそれぞれ演じていたからです。

同じ顔の人物が二人並んで立っているというのはどうにも無理がある設定ですが、ゲームだからできる離れ業…というやつですね。

自己紹介タイムが終わり、ブライトに話しかけられるアムロ。
モビルスーツの整備スタッフであるアストナージも、この来ているようです。

アストナージに会いに行く前に、アムロのもう一つの任務を果たしておきましょう。
預かっていた『光ディスク』を、イデ隊員に渡さねばなりません。
肝心のイデ隊員は同じ部屋にいるので、すぐに見つけられます。

しかし、設備に問題があるのか知りませんが、ここでは『光ディスク』を解析できない始末。



…ということで、『分析センター』のある青森までディスクを持っていくことになりました。

GSアムロ
GSアムロ

ディスクの一枚も解析できないで、本当に大丈夫なのか?

思いもよらず、青森へ向かうこととなったアムロ。
出発する前に、ブライトの言っていたアストナージに会いに格納庫へ行ってみましょう。実際に格納庫へ行ってみると、アストナージの隣には見覚えのある機体が…。

なんとアストナージは、アムロのためにガンダムを用意してくれていたようです。
因みにこのガンダム、『博物館にずっと保管してあった』らしいです…。

ガンダムを手に入れたところで、早速青森に向けて出発!
幸いにもマップは日本なので、迷わずに青森に行けますね。
現在地の科特隊基地の隣には富士山が見えることから、ここは静岡県又は山梨県だと思われます。

実際に静岡から青森に向かうとなると結構な時間がかかるのでしょうが、ゲームならあっという間。

GSアムロ
GSアムロ

十和田湖が見えるね!

早速青森の市街地へ。
色々と施設がありますが、ここは『分析センター』へ向かいましょう。

レオ
レオ

『のうきょう』が、異彩を放っている気がする…

しかし、折角訪ねたというのにここの責任者である博士は不在。
なんでも、大阪に出かけているのだとか。

ドラゴンクエスト2の序盤のような各所タライ回しの匂いがプンプンしますが、ここは大阪に向けて出発。
静岡・青森間のようにあっという間に到着できますが、レベル上げも忘れずに…

GSアムロ
GSアムロ

サマルトリアの王子に、なかなか出会えなかったよね…

 

大阪に来た目的は、分析センターの責任者である二宮博士を探し出すこと。



青森よりも建物が多く迷いがちですが、グルメ好きの博士は『タコ焼き屋』にて食事中。

 

しかし二宮博士は忙しいらしく、アムロは研究を手伝うことに。
『広島に滞在している岩本博士からストーンサークルの調査報告を持ってきてくれ』という依頼を引き受けることに。

レオ
レオ

『忙しい』と言いつつ、タコ焼きを食べてたくせに…

色々と言いたいことはありますが、アムロとレオははるばる広島までやってきました。
そろそろ、タライ回しも止めてほしいところです…。

岩本博士を求めてストーンサークルを訪れてみると、イベント発生。
博士達は何者かによって襲われたようで、その傍らには仮面ライダーアマゾンの姿も。
一体、何があったというのでしょうか?

(次回へと続く)



コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました