SDガンダム外伝ナイトガンダム物語(SFC版) #2

レトロゲーム
スポンサーリンク

スダ・ドアカ・ワールドの危機を救うため、サタンガンダム討伐の旅に出たナイトガンダム。



僧侶ガンタンクを従えて、まずはラクロアの周辺でレベルリングを開始(レベル上げ)。
レトロRPGは、こういう作業が後々効いてくるのであります。

僧侶ガンタンクは回復魔法ミディでナイトガンダムを補助するのが主な仕事ですが、攻撃魔法もいくらか使えます。
スライムアッザムのように複数で出てくる敵には、全体が対象となるバズ系の魔法がオススメ。
ドラクエでいうところのイオ系呪文ですね。

HPとMPが危うくなって来たら、ラクロアに戻って宿屋に宿泊。
そして、またザコ敵との戦闘。
この作業をしばらく繰り返し…

ナイトガンダムとガンタンク、両者のレベルを5まで上げました。
そろそろ出発しましょう。

 

ラクロアから少し南に進むと、小さな村があります。
名前は、『ルウムの村』。

 

カードダスについての情報。
既に別記事でも触れています(『カードダスのキャラを戦闘に参加させる方法(ナイトガンダム物語 大いなる遺産)』)が、このゲームの世界内では1枚20Gで実際にカードダスを購入することができます。



購入したカードダスはある呪文を唱えることで、一枚につき一度だけ戦闘に参加させることができるのですが、勿論この時点ではその呪文を覚えていません。

北にある洞窟についての情報。
そこには『変なスライム』がいるのだとか。

この時代のRPGには、必ずといっていいほどスライムが登場しますね。
ドラクエの影響が、色濃く浸透している証拠です。

ついに失踪中の戦士ガンキャノンについての情報を入手。
先程、『変なスライムがいた』と言われていた洞窟のことだと考えて間違いありません。
次の目的地は、『北の洞窟』に決定。

ナイトガンダム
ナイトガンダム

今は、少しでも仲間が欲しいところだ!

ナイトガンダムとガンタンクは『ルウムの村』を出発。
しかし、村を出たところで突如イベントが発生。

なんと…シャアです!
原作で『赤い彗星』と呼ばれ、主人公アムロ・レイと激闘を繰り広げたあのシャアも、ナイトガンダムシリーズにナイトとして登場しています。



シャアは、ナイトガンダムがレビル王から預かっていた『欠けた石板』を奪い去っていきました。

ここで、レビル王の配下・ジムスナイパーが登場。
しかし、シャアにはまんまと逃げられてしまいました。

ナイトガンダム
ナイトガンダム

ジムスナイパー如きで、シャアをどうにかできるわけがないだろうが…。

 

奪われた『欠けた石板』とシャアについては、当面はジムスナイパーに任せることに。
ナイトガンダムとガンタンクは、当初の予定通り『北の洞窟』へ向かいます。

洞窟に入った途端、私には衝撃が走りました。
なんと自分の周囲僅かしか視界がありません。

これは恐るべき、初代ドラクエ仕様…。
しかし、かろうじて救いなのは初代ドラクエと違って、道具『たいまつ』を使えば、たちまち視界が画面全体にまで広がること。

初代ドラクエは『たいまつ』を使って、ようやく周囲数方向しか見えない程度でしたからね…。

一行は『たいまつ』を買うため、一旦ラクロアへ出戻り。
道具屋で『たいまつ』を購入。
念のため、数本買っておくことをおススメ致します。

再び、『北の洞窟』へ。
早速視界を広げるため、『たいまつ』を使用すると…

たちまち、明るくなりました!
これは洞窟探索が捗りそうです。
問題は、『この効果がどの位続くのか?』ということなのですが…。

洞窟内を進んでいくと、戦士ガンキャノンを発見。
しかし、いくら話しかけてもこの時点では自己紹介を繰り返すのみで仲間にはなってくれません。

ガンキャノン
ガンキャノン

私はラクロアの戦士、ガンキャノン。

私はラクロアの戦士、ガンキャノン。

私はラクロアの戦士、ガンキャノン。

ナイトガンダム
ナイトガンダム

ダメだ、こいつ…全然察してくれない…

仕方がないので、別方向を探索。
すると…『ルウムの村』で入手した情報通り、スライムが一匹おり、ナイトガンダム達を待ち受けておりました。

こちらに何か語り掛けようとしている様子から考えると、恐らく普通のスライムではありません。



一体、このスライムはナイトガンダムに何を伝えようとしているのでしょうか?

(次回へと続く)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。