【SDガンダム外伝2 円卓の騎士】攻略 #6

レトロゲーム

これまでの【SDガンダム外伝2 円卓の騎士の攻略記事一覧は、こちら

アイリッシュ地方に突入した皇騎士ガンダムは、『ティンタージェル城』を訪れます。
『ティンタージェル城』では、父キングガンダムの仇・グレートデギン主催の武道会に出場することになります。

武道会に出場した皇騎士ガンダムは勝ち進み、決勝では後に仲間に加わる麗騎士レッドウォーリアと対戦。
その結果、勝負は引き分けとなり同時優勝となります。

今回の【SDガンダム外伝2 円卓の騎士攻略記事は、武道会優勝後の『ティンタージェル城』からスタートします。

ティンタージェル城

武道会に優勝すると、『ティンタージェル城』の城内を自由に歩けるようになります。
ひとまず1階まで移動し、そこから階段を降りて地下牢へと足を運びましょう。

地下牢にいるのは、グレートデギンの襲撃に失敗した風騎士ガンダムマークⅡ
彼の父・ガンマガンダムはかつての円卓の騎士の1人。

皇騎士ガンダムと同様に父を『ザビロニア』との戦いで失っており、グレートデギンを仇と思っています。

幸いにも武道会に優勝したことで、『ティンタージェル城』の中を自由に歩くことができる皇騎士ガンダム

この後は風騎士ガンダムマークⅡに言われたとおり、グレートデギンの待つ玉座の間に向かいましょう。

グレートデギンのいる玉座の間に到着すると、イベントが発生。
グレードデギンは、皇騎士ガンダムに対して地下牢から引き出されてきた風騎士ガンダムマークⅡを処刑するよう命令を出してきます。

皇騎士ガンダムはこれを拒否。
グレートデギンは密かに皇騎士ガンダムを疑っていたようで、先ほどまで城内を歩き回っていたことを詰問し始めます。

ここで登場するのは、武道会のもう1人の優勝者・麗騎士レッドウォーリア
麗騎士レッドウォーリア皇騎士ガンダムの正体を見抜いていたようですが、彼と再び戦うことにはなりません。

麗騎士レッドウォーリアはここで風騎士ガンダムマークⅡに対し、薬草を使用。
これから先、皇騎ガンダムの仲間になることを宣言します。

ここで、目の前にいるグレートデギンが実は影武者であったことが判明。

この後は、グレートデギンの影武者を務めていた幻闘士ロンメルドワッジとのボス戦が始まります。



ボス戦:幻闘士ロンメルトワッジ

幻闘士ロンメルドワッジは、高い攻撃力を誇る強敵です。

HPの低い黒魔導士クエスは戦闘不能に陥る危険が非常に高いですが、気にせず他のメンバーで攻撃を仕掛けていきましょう。

黒魔導士クエスは戦える限り、回復役と補助役に専念させて下さい。
呪文『コンフューズ』を使って、幻闘士ロンメルドワッジを混乱させることができれば言うこと無しですが…。

幻闘士ロンメルドワッジを撃破すれば、麗騎士レッドウォーリア風騎士ガンダムマークⅡが正式に仲間に加わります。

これで一気にパーティーのレベルが10もアップします。
幻闘士ロンメルドワッジとのボス戦の前に、レベルが上がってくれた方が嬉しかったのですが…。

これにて『ティンタージェル城』の攻略は完了。
一夜明けると、兵士から『ティンタージェル城』の玉座に宝箱が残されている話を持ち出されます。

宝箱の中身は『ジーアーマー』。

これによって皇騎士ガンダムのビジュアルが変わり、各能力がアップ。
新たな必殺技『ドラゴン』を習得します。

この後は『ティンタージェル城』を出発しますが、風騎士ガンダムマークⅡの入っていた地下牢のベッドを調べることで『青銅のはにわ』が手に入ります。

ちなみに…『青銅のはにわ』を『ヴァトラスの墓』で既に手に入れている場合は、ここで無理をして手に入れる必要はありません。



ボス戦:重戦士ヘビィガンダム

突然ですが…次の地方に入ると、すぐにボス戦が用意されています。
戦う相手は重戦士ヘビィガンダム

重戦士ヘビィガンダムは次の目的地『ソドンの町』の途中にある橋で、通りかかる旅人を相手に腕試しをしています。

非常に強そうな外見をしている重戦士ヘビィガンダムですが、普通に戦えば負ける要素はありません。
安心して戦いを挑みましょう。

戦いが終わると重戦士ヘビィガンダムは戦った相手が皇騎士ガンダムであることに気付き、仲間に加えてほしいと願い出てきます。

これでパーティーのレベルが5アップ。
ここにきて、レベルが急激に上昇してくるので嬉しい限りです。

重戦士ヘビィガンダムが仲間に加わったら、後は西の方角へ進んで『ソドンの町』を目指して下さい。

【SDガンダム外伝2 円卓の騎士次回の攻略記事は、『ゼダンの要塞』に向かう予定です。

『ゼダンの要塞』では、普通に進めていては仲間に加えることを見逃しがちなキャラクターも存在するので、是非ご覧ください。

(次回へと続く)



タイトルとURLをコピーしました