SDガンダム外伝ナイトガンダム物語(SFC版) #0

レトロゲーム
スポンサーリンク

お盆期間中での出勤ということもあり、時間があり余っているので今回は手持ちのソフトについて記事を書きたいと思います。



今回紹介するレトロゲームはこちら。
『SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語 大いなる遺産』です。

何を隠そう、この作品は私がスーパーファミコンで初めて手に入れたソフト。
そのため、他の方よりも本作に対して思い入れは強く、未だにトラウマになっている強敵もいるほどです。

スポンサーリンク

本作の概要

では、まず本作の概要について。
本作『SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語 大いなる遺産』は1991年にエンジェル社から発売された、オーソドックスなRPGです。

現在このブログでお届けしている『ドラゴンクエスト4』同様に、ストーリーが以下の通り各章立てとなっているのが特徴です(オムニバス形式ではありませんが)。
第1章『ラクロアの勇者』
第2章『伝説の巨人』
第3章『アルガス騎士団』
第4章『光の騎士』

昔から、キャラクターもののゲームというのは大味な作品が多かったのですが、やはり本作も一部のゲームバランスが心憎いほどに崩れております。

かのドラゴンクエストでも『痛恨の一撃』がありますが、本作で敵側からのクリティカルヒットをお見舞いされると、瀕死(又は即死)の状態になることは避けられず、常に残りHPに気を使わなければならないシステムです。

しかし、問題があるのはそういったゲームバランスのみで、その他については水準以上の出来であると思われますし、原作を知っている方であれば思わずニヤリとしてしまいそうな演出が随所に設けられています。



例えば敵キャラについて。
黒い三連星やマ・クベ、ララァといった人物や、ジオン軍の機体として登場したザク、ズゴック、マラサイ、ジオング等が、ナイトガンダム達の前に敵として立ちはだかります。

 

 

・本作は、ナイトガンダムを主人公とするオーソドックスなRPG。
・4章構成。
・ゲームバランスはお世辞にも良いとは言えない。
・原作の登場人物や期待が敵味方入り乱れて登場。

本作を彩る登場人物達

続いては、本作を彩る登場人物達について。
全4章で構成されていることは既に述べた通りですが、ここでは序盤の主な登場人物について紹介させて頂きます。

ナイトガンダム

 

まずは、主人公であるナイトガンダムについて。
あるアイテムが揃うことで、第1章終盤においてガンダムの姿が上記の通り変化します。
サタンガンダムという魔王的存在のボスを倒すため、ナイトガンダムは旅立ちます。

ガンタンク

僧侶。
原作での役割同様に、魔法等でガンダムの補助的役割を担います。
一見地味感じに移りますが、彼がいなければゲームバランスが崩壊している本作を勝ち進むことはできません。

ガンキャノン

ドラゴンクエストでいうところの戦士的役割。
素早さは低いですが、HPや攻撃力が高いのが特長。
戦闘では肉弾戦で活躍を見せるかに思われますが、ゲームのシステム上、『素早さ』や『わざ』のパラメーターが被ダメージに大きく関係してくるため、実際は非常に打たれ弱いです。
第2章では、ある敵キャラに操られたりするなど、小憎らしい存在の仲間です。

アムロ



本家ガンダムの象徴的登場人物。
ナイトガンダム同様に、『騎士(ナイト)』の称号。
原作ではニュータイプですが、本作では敵の攻撃を避けてくれません。
また、第1章では彼のレベルある程度まで上げておかなければなりません。
でないと、後々悲惨な結果になります。

セイラ

全てのガンダムファンの、永遠のアイドル。
職業は、ナイト。
本作序盤においては、サタンガンダムの魔法によってあるキャラに姿を変えられています。
シャアとの絡みは少しだけ。

ネモ

武道家です。
特殊コマンド『れんぞく』(ミスするまで何度も連続攻撃が可能。ただし、一発当たりの威力は弱め)が、彼の特徴。
クリティカルヒットも出やすく、第2章で大いに活躍してくれます。

ジムスナイパー

一応設定上は『妖精』ということになっています。
第2章の途中で仲間に加わるのですが、その際のレベルは”1”。
何度も言うようですが、レベル1で仲間に加入します。
ガンダム達のレベルが約40の時に、”1”です。足手まとい以外の何物でもなく、しばらく育成を強いられます。

ここで紹介したキャラクターは、あくまでも一部です。
この他にも、第3章の『アルガス騎士団編』にて、アレックスや、ゼータガンダム、ダブルゼータ、ニューガンダムなどが登場して、ストーリーを大いに盛り上げてくれます。

・ナイトガンダムを始めとする多様なキャラクター達がストーリーを盛り上げます。

ナイトガンダムといえば、やっぱり…

私の同年代の男子ならば、幼少期にナイトガンダムに誰しもが熱中したはずです。
と、言いますのも、当時はナイトガンダムをメインの題材にしたあのキラーコンテンツが一世を風靡したからです。

そのコンテンツとは…そうです、カードダスです。



そして、このカードダスですが、本作においても大きな意味を持っています。
なぜなら、ゲームの中においても20ゴールドでカードダスを購入可能で、ポケモン図鑑のようにアルバムに保管することができるのです。

 

 

 

しかし、本作におけるカードダスは、単なるコレクション要素だけではありません。
実は他にも使い道があり、『コール』という魔法でカードのキャラクターを戦闘中に仲間に加えることが可能なのです(ここ重要)!!

・何はともあれ、ナイトガンダムと言えばやっぱりカードダス!!

いかがでしたでしょうか?
今回は『SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語 大いなる遺産』をご紹介しました。
現在、当ブログでは『ドラゴンクエスト4』のプレイ日記を公開しているところですが、ゆくゆくは本作も載せていきたいなと計画しております。

コメント

  1. […] 遺産』について記事を書きました(記事はこちら)。 […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。