ガイアセイバー攻略 #23

レトロゲーム
スポンサーリンク

最近ブログの更新がストップしておりました。
本業のサラリーマンとしての仕事が多忙で、何も手に付かない状態でした。
今は小康状態となったのですが、今週一杯までは多忙さが続きそうです…。



さて、それではスーパーファミコン用ソフト『ガイアセイバー』攻略記事を更新します。
突如として出現した『ムー大陸』に上陸したのも束の間、今度は国外追放されることが決定してしまったヒーロー達と『同盟』。

シーブック達はその理由を問いただすため、『ムー』の王の下へ向かったところで前回の攻略記事が終わりました。

シーブック
シーブック

一体、何がどうなっているんだ!?

王に会いに行くと、いきなり怒鳴りつけられるシーブック達。
個人的には『これ以上強力するわけにはいかない』というセリフに違和感を感じます。

RX
RX

『これ以上』っていうか…最初から全く協力してないじゃん、この人達…

ムーの王は、ヒーロー達が国の宝として祀っていた『女神像』が壊したと思い込んでいる様子。



完全に濡れ衣です。
誤解を解こうと、シーブックがムーの王に話しかけます。

シーブック
シーブック

待ってください!

スーパー1
スーパー1

(よくよく考えたら、女神像を壊すメリットが俺達には全く無いのだが…。ムーの人達って、頭が足りないのかな?)

シーブックは、この壊れた女神像がニセモノであることを見抜いていました。
なぜ彼には分かるのかは、特に説明がありません。
ニュータイプだからでしょうか?

シーブック
シーブック

気が動転していては、簡単なトリックにも引っかかってしまうものです。

ほら、これはニセモノじゃないですか。

シーブックの冷静な見解で、女神像がニセモノであることに気付く王。
先程までは激怒していましたが、一転、謝罪。
『本物の女神像を見つけてほしい』と依頼してきます。

セブン
セブン

『何も言わずに本物を見つけてくれ』って何だよ。

何も言わないかどうかを決めるのは、疑われた俺達だぞ…

王の態度に腹が立つところですが、怒っていてもストーリーは進みません。



ここは、本物の『女神像』を探しに出かけましょう。
この件に関してヒントを持っているのは、『ノラターム』の診療所にいる看護婦です。

診療所の中にいる看護婦さんに話を聞くことで、今回の事件の捜査線上に『エラターム』の広場で演説をしていた男性が浮上します。

鋭い看護婦は、その男性を尾行。
『イラターム』にある、大臣の家に入っていったことが分かります。

…ということで、次の目的地は『同盟支部』のある『イラターム』に決定。

大臣の家に入ると、イベントが発生。
あの怪しい男性の姿が建物内に見え、その後を追っていくと抜け道を発見することができます。

抜け道の向こうで、例の男性を発見。
この男性、予想通り普通の人間ではなく敵キャラ【マグマ星人】です。

【マグマ星人】とのボス戦開始。
しかし、恐れることはありません。



カプセル怪獣【ミクラス】の4人全員使用で、楽勝することができます。

【ミクラス】の連発攻撃ならば、3~4ターンで倒すことが出来るでしょう。
これより先の戦闘には、カプセル怪獣が必須です、通常攻撃と違って必ずヒットするので覚えておきましょう。

セブン
セブン

正直、このゲームの我々よりカプセル怪獣の方が強いです、はい。

教科書通りのセリフを吐く、【マグマ星人】。

『私達はどんな人間にでも化けられる』
そんな機密事項を盛大に吐いた後に、爆死します。
いいことを教えてくれて、どうもありがとう。

【マグマ星人】を倒したことで、本物の『女神像』を入手。
敵方は、ムーから『女神像』を奪い、ヒーロー達と仲違いをさせようと計画していたのです。

早速、『女神像』をムーの王の所へ持っていきましょう。

しかし、王の気は休まりません。
『ストーンサークルの秘密が知られてしまう』と言い、こちらには謝罪や礼一つありません。

そして、あろうことか…更なる仕事をこちらに言い渡してくる始末。

スーパー1
スーパー1

…そろそろ怒っていいかな?

この怒りの気持ちは、真犯人へとぶつけましょう。
宮殿の中にある、『ストーンサークルの間』に行くことで本章の最後の敵である【エージェント】との戦いが始まります。

『やはり【マグマ星人】を倒してきたか。』
偉そうなセリフと共に、【エージェント】との戦いが始まります。

恐ろしい出で立ちをしている【エージェント】ですが、先程の【マグマ星人】同様に…やはり恐れることはありません。



この戦いで恐れるとしたら、時間制限のあるウルトラセブンのカラータイマー位でしょう。
単調な攻撃しか繰り出してこない【エージェント】ですが、HPだけは高く長期戦になりがちだからです。

次回は【エージェント】の撃破を経て、次の第七話へとストーリーが突入。
舞台は再び、宇宙へと戻ります。

(次回へと続く)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました