ファイナルファンタジー4 #38

レトロゲーム
スポンサーリンク

『ファイナルファンタジー4』

こんにちは。
最近更新が滞っておりまして、大変申し訳ございません。
ここ一週間、ガラにもなく仕事が多忙を極めるようになっておりました。

今日は若干落ち着きを見せ始めていますので、この隙に更新を頑張りたいと思います。
いつも通り、ファイナルファンタジー4のプレイ日記更新です。

【プレイ日記】
正気を取り戻したゴルベーザを追って、再び月を訪れたセシル。
月の民の館に移動しようとしてみましたら、未開発だった洞窟を発見。
早速入ってみたいと思います。
『幻獣神の洞窟』。

奥に進んでいきますと、何やら祭壇らしき所へたどり着きました。

一番奥にいる人に話しかけましたら、何やら偉そうな話し方。

スポンサーリンク

ところでアンタ、誰ですか?

…あ、バハムートさんでしたか。
失礼しました、道理でまだ出てきていないと思っておりました。
仲間に加えるためには、お約束の展開が待っておりました。

メガフレアは協力でしたが、なんとか撃破に成功。
めでたく、リディアはバハムートを覚えることが出来ました。

さてさて…バハムート味方に加えたところで、早速本来の姥久手k知恵ある月の民の館へ向かいましょう。

画面真ん中の床。
どうやら今回の一連の黒幕であるゼムスが待っている『中心核』へと繋がっている模様。
ここから敵地へと乗り込みます。

『中心核』…正しくは『月の地下渓谷』。
ラストダンジョンっぽい雰囲気ですね(多分、そうなのでしょう)。

適当に進んでいきましたら、何やら剣のようなシルエットが見えました。
使えそうな装備が貰えるのでしょうか?
早速接触を図ってみましょう。

なんと、剣が喋りました!!
禍々しい台詞の後に、突如戦闘開始。
全くの無防備でセーブなどをし忘れておりましたが、速攻で撃破。

どうやら先頭に勝利すると装備を貰えるシステムのようです。
ムラサメを手に入れた!

その後もダンジョンを進んでいきます。
途中に登場する雑魚敵は大した強さはないのですが、HPだけはやたらに高く、倒すのに一苦労。
エンカウント率もそれなりに高めで困っちゃいます…。

またしても、武器のシルエット。
多分、話しかけたらまた戦闘になるんだろうな…。

やっぱりね。

しかし、またしても速攻で撃破。
ラグナロクを手に入れた!

繰り返される、武器との会話⇒戦闘⇒撃破⇒入手のパターン。

ホーリーランスを手に入れた!

今度はリボン。

しかし、何故ラストダンジョンにはこうも優秀な武器が揃っているのでしょうか。
自分の脅威となるであろうアイテム類は、事前に改修しておけば良いと思うのですが…。

しかし、長い。
ボスはまだかー!!

ここに来て、また武器との会話。

マサムネを手に入れた!

それにしても本当に長い、このダンジョン。
この敵が一番嫌いでした。

おや、なにやら下の方が明るく光っているようですね。
ゴールは近いのでしょうか。
しかし、ここに至ってもHPだけは高い雑魚敵がセシル達の行く手を阻み続けます。
ちょっとだけ疲れてきました、さすがに。

ラストが少しずつ近づいているような気がします。
次回へと続きます。

こちらでも細々と呟いてます。良ければフォローしてやってください。
@liverpoolxabier

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。