ファイナルファンタジー4攻略 #13

レトロゲーム
スポンサーリンク



海難事故により仲間とはぐれ、一人ぼっちになってしまったセシル。
漂流した場所からほど近い街を訪ねてみますと、そこはセシルのとって永遠の負い目を感じるミシディア。

住民から浴びせられる罵詈雑言、そして数々の報復行為。
じっと耐えながら、セシルは長老の下を訪れ、事情を話します。

セシル①
セシル①

…あの時は、どうもすみませんでしたーーー!

すると長老曰く、ゴルベーザを倒すには『試練の山』に登り、聖なる光の力を受ける必要があるとのこと。

 

ローザを助け出すことは勿論ですが忌まわしき過去の己を断ち切るため、セシルは新たなる仲間(子供)のパロムとポロムを従えて、『試練の山』に向かったのでありました。

 

新たな仲間、黒魔道士パロムと白魔道士ポロムを従えて、セシルは『試練の山』へと到着。
お子ちゃま二人は少しレベルが低めだったので、道中はなかなか苦戦致しました。

セシル①
セシル①

ここが『試練の山』か…

山の入り口から少し進みますと、そこには一行の行く手を阻むように火柱が立っていました。
ここは、黒魔道士パロムの出番のようです。



すかさず彼は、ブリザドを唱えます。

パロム
パロム

ブリザドおッ!

 

子供とはいえ、さすがは黒魔道士。
火柱を消し去ってくれました。

セシル①
セシル①

将来が楽しみな子供だ…。

そして、またしばらく進んでいきますと、何やら見たことのある人物と遭遇することに。
そう、テラです。



ていうか、この爺さん、あの入り口にあった火柱をどう処理したんだ?
魔法で消し去って山に入ったんだったら、なんでまた燃えてたんだよ…
その辺は『大人の事情』ってやつでしょうか。

テラ
テラ

お主もやはり、メテオを求めて…

セシル①
セシル①

違います!!

どうやらテラは、愛する娘の仇であるゴルベーザを討つべく、伝説の魔法『メテオ』を習得するため、この山を訪れていた模様です。

セシル①
セシル①

聖なる光から、メテオまで…。

何でもあるんだな、この山は…。

最終的な目標(つまり打倒ゴルベーザ)は同じってことで、テラが再びパーティに加入。
しかしながら、戦士系がセシル1人に対して、魔道士3人ってバランス悪すぎませんかね…。

爺さんを仲間に加え、一行はズンズンと頂上を目指して進みます。
すると、どこからか不気味な声が聞こえてくるではありませんか。

『嬉しい…嬉しいぞ…お前らを葬ることが出来て…』

セシル①
セシル①

こちらは、全く嬉しくないぞ…。

 

この声の主はゴルベーザの部下(四天王)、土のスカルミリョーネ。

 

当然この後にバトルに突入しましたが、スクリーンショットを撮影する間もなく瞬殺に成功。
楽勝、と思いきや…
なるほど、第二形態ってやつですか。

まぁでもラウンド2も危なげなく勝利。
お前なんぞに負けるわけにはいかぬ。

そして遂に頂上に到着。
何やら祠のようなものの中に入った一行。
そこで待っていたものは、何やら謎の声。
試練が始まるのか!?

おお、セシルの姿が変わりました!!

しかし、本番はここから。
試練が始まります。
敵はかつての暗黒騎士である自分。
過去を断ち切るのだ、セシル。

 

見事試練に打ち勝ったセシル。
過去を断ち切ったその姿は、まさしく『光の戦士』であります。



セシルはパラディンになりました。
(ついでにテラは、メテオを覚えました。)

セシル②
セシル②

内容を入力してください。次からは、この顔でコメントします。
どうぞ、宜しくね!

 

(次回へと続く)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。