【ファイナルファンタジー4】攻略 #13

レトロゲーム

これまでの【ファイナルファンタジー4】の攻略記事一覧は、こちら

船を使って『バロン』に乗り込もうとしていたセシルでしたが、海難事故により仲間とはぐれ再び1人ぼっちになってしまいました。

セシルが辿り着いた場所は、かつて悪事を働いた『ミシディア』。
長老との会話を経て、ゴルベーザを倒す力を手に入れるべくセシルは東方にある『試練の山』を目指すことになりました。

試練の山①

新たな仲間である黒魔道士パロムと白魔道士ポロムを従え、『試練の山』に到着。
加入したばかりの2人はレベルが低いため、そのまま直行すると苦戦は避けれません。

セシル①
セシル①

ここが『試練の山』か…

山の入口から少し進むと、そこには一行の行く手を阻むような火柱が立っています。
ここは黒魔道士パロムの出番。
すかさずパロムは、得意の『ブリザド』を唱えます。

パロム
パロム

ブリザドおッ!

 

子供とはいえ、さすがは黒魔道士。
『ブリザド』を唱えることで、行く手を阻む火柱を消し去ってくれます。

更に『試練の山』を進んでいくと、何やら見たことのある人物と遭遇することに。
怒りに任せてパーティーを勝手に離脱していった、テラです。

冷静に考えれば、テラはどのようにして入口の火柱を処理したのでしょう?
魔法を使って消し去ったのであれば、何故再び燃えていたのかが疑問です。
その辺は『大人の事情』というものでしょうか。



試練の山②

どうやらテラは愛する娘の仇・ゴルベーザを討つべく、伝説の魔法『メテオ』を習得するために『試練の山』を訪れていたようです。

テラ
テラ

お主もやはり『メテオ』を求めて…

セシル①
セシル①

『聖なる光』から、『メテオ』まで…。

何でもあるんだな、この山は…。

最終的な目標(打倒ゴルベーザ)は同じということで、テラが再びパーティに加入。
しかしながら…戦士系がセシル1人に対して魔道士3人というのはどうにもバランスが悪いですね。

テラを仲間に加えて進んで行くと、イベントが発生。
『嬉しい…嬉しいぞ…お前らを葬ることが出来て…』という声を耳にすることに。
声の主は…ゴルベーザの配下・土のスカルミリョーネ

セシル①
セシル①

こちらは、全く嬉しくないぞ…。

 

当然ながら、この後はボス戦へと突入することになります。
スカルミリョーネとの戦いは2連戦となっているので、1戦目でHPやMPを使い過ぎないようにしましょう。



ボス戦:スカルミリョーネ

スカルミリョーネとの1戦目は、特に苦戦する要素はありません。
注意すべき要素があるとすれば、第2戦目です。

2戦目はバックアタックの態勢で始まるため、前列と後列の入替えをしてから戦い始めるのが賢明でしょう。

スカルミリョーネを撃破し、遂に『試練の山』の頂上へと到着。
そこで待っていたものは…正体不明の謎の声。
謎の声を聞き終わると、セシルの姿に変化が。

しかし…本番はここからです。
試練が始まり、セシルはかつての暗黒騎士である自分と戦うこととなります。

 

試練を経て、己に打ち勝つことができれば『試練の山』の攻略は完了。
これ以降、セシルは『暗黒騎士』から『パラディン』となります。

ちなみに…セシルが『パラディン』になったのと同時に、テラはこっそりと『メテオ』を習得することとなります。

(次回へと続く)



コメント

タイトルとURLをコピーしました