天外魔境ZERO攻略 #42

レトロゲーム
スポンサーリンク

アグニの協力を得るため、『高天原』を襲うニニギの刺客・コクビャクやその配下を倒さなければならなくなりました。

最初に訪れた『かたな村』でガエンというマものを倒したヒガン達は、続いて『たまつくり村』へ移動(『かたな村』『たまつくり村』『かがみ村』の攻略順番は自由です)。



この地を襲うマもの、スイマとの戦いに臨みます。

スイマと戦う前に、村の中で情報収集を行いましょう。
長老宅では、スバル専用の防具『玉星の衣』を手に入れることができます。
勿論、手に入れただけではなく装備をお忘れなく…。

スバル
スバル

『玉星の衣』を手に入れた!

準備を整えたところで、村の最奥で悪さをしているスイマと対峙。

スイマとの戦い。
スイマが繰り出してくる『激震』という全体攻撃が少々厄介ですが、回復をしながら戦えば恐れることはありません。

水貴
水貴

偉そうに他人にアドバイスしておいて、ちょっとピンチになってるじゃないか…

テンジン
テンジン

…水貴…あまり、そういうことは言わない方がいいぞ…

『たまつくり村』の窮地を救うと、スバルの存在に気付く長老さん。

長老の話を聞くことで、『高天原』と火の妖精の関係性が明らかにされます。
以前お話しした通り…これまでに何回か見たスバルの夢イベントに登場した舞台が、この『高天原』でしたね。

一方的に火の妖精の役目について長老から説明を受けますが、なんとなく腑に落ちない様子のスバル。

スバル
スバル

…そんなこと言われても…

『かたな村』と同様に、ボスを倒した後は『たまつくり村』でも体を休めることができます。



残る中ボスは、あと1体。
戦いの前に、きちんと休んでおきましょう。

残すは、3つ目の『かがみ村』のみ。
『たまつくり村』から、北西の方角に向かいましょう。
『かがみ村』も悲惨な状況で、村人が何人か倒れています。

ここでも、ボス戦を前に長老宅への訪問が可能です。
ここではテンジン(または水貴)のみが装備可能な、『水かがみの胴』が手に入ります。

テンジン
テンジン

『水かがみの胴』を手に入れたぞ!

…改めて、中ボスと対戦。
ここで戦うのは、ムゲンというマもの。
この場にいたコクビャクは、一足先にアグニの下へと去っていきました。

ヒガン
ヒガン

早くこのムゲンを倒して、俺達もアグニの所へ行かないと!!

ムゲンとのバトルがスタート。



一応、二段階変化する厄介な敵。
変形後は物理攻撃が効かないので、巻物を中心に攻撃しなければなりません。

この戦いでは、術ポイントを激しく消耗することが予想されます。
アイテム『星の光』や『月の光』を使って、術ポイントを回復させながら戦うと良いでしょう。

ムゲンを撃破したので、次に向かうべき場所は『高天原大社』。
平穏を取り戻した『かがみ村』でも、火の一族にまつわる情報を入手することができます。

ヒガン
ヒガン

アグニとニニギは、姉と弟の関係だったのか!!

ここ『かがみ村』では、テンジンと水貴関連のサブイベントも存在します。

長老である『アミ』という人物に話しかけることで、本来であれば決して会うことの出来ないテンジンと水貴が600年の時を経て会話をすることができるようになります。

ただし、それには条件があります。
PLGSを搭載した本作ならではの要素で、『偶数日』がこのサブイベントの発生条件です。

テンジン
テンジン

…まさか、本当に水貴と会えるというのか…

カートリッジ内の電池が切れているせいか、私の『天外魔境ZERO』のPLGSの時計は止まったままですが、運良くその日付は偶数日である1995年12月16日を示しており、私はこのサブイベントを見ることができました。



そのサブイベントの模様とコクビャクとの戦いを中心に、次回の攻略記事はお届けしたいと思います。

(次回へと続く)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました