【ドラゴンクエスト4(ファミコン版)】攻略 #48

レトロゲーム

これまでの【ドラゴンクエスト4(ファミコン版)】の攻略記事一覧は、こちら



前回は『天空の盾』を求めて、『バトランド』の隣国である『ガーデンブルグ』に到着する直前で終了致しました。

『ガーデンブルグ』へと向かう際、『サントハイム』で拝借した『マグマの杖』が大活躍しましたね。

アリーナ
アリーナ

『マグマの杖』、ちゃんと返しなさいよ…

『マグマの杖』を使って岩山を突破すれば、女性だらけの国『ガーデンブルグ』はすぐそこ。

しかし…そんなハーレム極まりない王国においても、少数ではありますがちゃんと男性も存在しています。
肩身の狭い思いでタバコを吸っているの姿は、現代にも通じるものがありますね。

『ガーデンブルグ』の城内に入ると、噂通り中は女性ばかり。



しかし…ここで事件が発生してしまいます。
主人公(勇者)がシスターの部屋に入ったことがきっかけで、窃盗事件の罪をなすりつけられてしまいます。

盗まれたのは、シスターのタンスに入っていた『ブロンズの十字架』。
明らかな冤罪に気分が良いはずもありませんが、この一連のイベントは『天空の盾』を手に入れるには必須のものなので我慢が必要ですね。

4勇者
4勇者

濡れ衣…だけど、これまで各地でタンスやツボの中身を散々に拝借してきたからなぁ…。

 

一度地下牢へと連行された主人公(勇者)は、その後にガーデンブルグ女王の前に引き出されます。

自分達が窃盗事件の犯人ではないことを主張する主人公(勇者)
よくよく考えてみれば、現行犯で捕まったはずなのに『ブロンズの十字架』を所持していないのですから、犯人であるわけがないのですが…。

一応言い分は聞いてもらえたようで、仮釈放が決定。
ここからは、逃げた真犯人を突き止めることになります。

ただし、この仮釈放処分には人質が必要です。
仲間の中から、誰かを人質として『ガーデンブルグ』に残していかなければなりません。

人質は誰でも自由に選ぶことができるのですが…大抵のプレイヤーはこの人物をチョイスするのではないでしょうか。
…その人物の名は…トルネコ!!

トルネコ
トルネコ

…やっぱり、私ですか…。

トルネコを人質に差し出したことで、仮釈放がスタート。
真犯人を探すために、まずは周囲で聞き込みを開始させます。



先程まで城の外で煙草を吸っていた男性に話しかけると、『怪しい人物が南の方に走っていった』という情報を入手することに成功。
喫煙行為は、まったくの無駄ではありませんでした。

4勇者
4勇者

喫煙者にも、権利を!!

(俺は吸わないけど)

入手した情報に従い。南へ向かって進んで行きましょう。
この辺や山岳地帯が多くて、エンカウント率が高めしばらく…。

しばらく南下を続けていくと、犯罪者が姿を隠しそうな洞窟を発見。
ここが『ガーデンブルグ南の洞窟』です。
中には主人公(勇者)に罪をなすりつけた盗賊バコタがいるので、とっちめてやりましょう。

 

洞窟の中身は入り組んでいて苦労しましたが、それらしき場所に到着。

部屋の奥に進んで行くと、詩人のような姿をしている盗賊バコタがベッドで気楽に睡眠中。
寝顔に、マジックペンで色々と落書きをしてやりたい衝動に駆られますが…。

ここで盗賊バコタが主人公達に気付き、逃亡を図ります。

 

ですが主人公(勇者)はその進路を遮り、逃亡を阻止。
ここで盗賊バコタとの戦闘がスタート。
詩人風のビジュアルでしたが、戦闘では武道家のような出で立ち。

クリフト
クリフト

早着替えでもしたのかな?

4人でよってたかって盗賊バコタをボコボコに。
これで、濡れ衣も晴れるはず…。

 

戦闘終了後、ここでガーデンブルグ兵が登場。
どうやらこの兵士は、女王の命令で主人公(勇者)を尾行していたようですね。

盗賊バコタを捕縛し、『ガーデンブルグ』へと戻ってきた主人公(勇者)。
女王は先程の兵士から事の顛末を聞いていたようで、これにて無実が晴れて証明されました。

 

イベントをクリアしたことで、女王から『最後のカギ』がもらえます。

この『最後のカギ』が手に入ったことで、世界のありとあらゆる扉を開けることが可能になります。



(次回へと続く)

タイトルとURLをコピーしました