ファイナルファンタジー4攻略 #2

レトロゲーム
スポンサーリンク

『ファイナルファンタジー4』



さぁ、ようやく…レトロゲームのプレイ日記を始める日がやって参りました。
我が愛機・レトロフリークにて撮影したスクリーンショットのデータを移す過程がついつい億劫になってしまい、このように記事の投稿が遅れてしまいました。
スマホで撮影しても良かったのですが、どうしても余計な光が入ってしまったりするので…反省です。

さぁさぁ、始めます。

『ファイナルファンタジー4』は、強大な軍事力を持つバロン王国の飛空艇団『赤い翼』の体調を務める、暗黒騎士セシルが任務から帰国するところから物語が始まります。

飛空艇…なんだかカッコいいですね。
やはり私位の年代(30代前半)になりますと、『ファイナルファンタジー=飛空艇』というイメージが強いかと思います。
極めて乱暴な解釈ですが。

しかし、セシルはバロン王の言動に不信感を抱きながら帰国致します。
と、いいますのもミシディアという街からクリスタルを奪うというその任務に対し、何とも言えないやりきれなさを感じていたからです。
セシルは持ち前の正義感からか、その疑問をバロン王に問いました。

セシル①
セシル①

陛下は一体、どういうおつもりです?

皆、陛下に不審を抱いております!

可哀想に…結果的にセシルはバロン王の怒りを買ってしまい、名誉ある『赤い翼』の隊長の任を解かれ、ミストの村へ赴き幻獣退治を言い渡されてしまうのです。



しかし、そんなセシルにも心強い味方が。
親友の、竜騎士カインです。
カインはセシルに同行し、幻獣退治を手伝ってくれることとなりました。

カイン
カイン

その幻獣とやらを倒せば、陛下も許して下さる。

また、赤い翼に戻れるさ。

さてさて、ここからがファイナルファンタジーを始めとするRPGの醍醐味。
そうです、散策です。
冒険に旅立つには、色々と準備をせねばなりません。

そんなこんなで、まずはバロンの城内を歩いていたところ、セシルを呼び止める声が。
白魔導士のローザ嬢です。
どうやら、セシルのことを慕ってくれている様子。いやぁ、うらやましいですね。

ローザ
ローザ

良かった、無事だったのね。

あまり急な任務だったので、心配したわ。

そして肝心のお城なのですが…やっぱりいいですね。
これぞ、古き良き日本のRPGといった感じです。
最近のグラフィック重視のゲームには無い、味のあるこのドット絵。

そして夜になりますと、セシルの部屋を訪ねる姿が。ローザ嬢です。
大人となってしまった今では色々と妄想してしまうところですが、ここでは何も起きません(当たり前か)。

さて、一夜明けて…ついにセシルの冒険の旅がスタートします。



次回以降をお楽しみに。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。