ドラゴンクエスト4攻略 #46

レトロゲーム
スポンサーリンク

こんにちは。元サッカー少年の、浅見ヨシヒロです。



昨晩、森保新監督によって新生日本代表のメンバーが発表されましたね。
普段Jリーグを見る機会があまり無いので、初めて名前を知った選手が数多かったのですが、その分フレッシュな感じがして楽しみが増えた…と言うのが正直なところです。

さてさて…私事ではありますが、実家の建替えが今週から始まりました。
いよいよ本日は解体工事に突入するとのことです。
実質20数年間暮らした思い出深い実家でもありますので、工事を見届けに行くため午後は休暇を取りました。

小さい頃にファミコンをやり尽したあの部屋も、今回の工事で無くなってしまいます。
寂しいこと、この上ありません。

では、ドラゴンクエスト4の攻略を本日も進めていきたいと思います。

スタンシアラにおいて、実力は芸人パノンの協力もあって『天空の兜』を入手することができた前回。
次は、サントハイムに居座るバルザックを倒しに行かねばなりません。

 

スタンシアラを出発すると、ここでパノンがパーティーから離脱。
彼が機転を利かせたからこそ、『天空の兜』を入手することが出来ました。
ありがとう、パノン。

ルーラを使って、サントハイムに到着。
回復役としてクリフトをメンバーに起用したいところでしたが、ここは粋な計らい…ということでマーニャとミネアと共にバルザックを倒したいと思います。

サントハイムのお城は、今ではすっかり魔物に占拠されてしまっています。
このような雑魚モンスターが大きな顔をして城内を闊歩している始末です。

4勇者
4勇者

一匹一匹は弱いくせに…
間もなく追い出してやるよ。

王の間へ。
そこには勿論アリーナの父であるサントハイム王の姿はありません。
その代わりに玉座に座る者が一人。

この者こそ、マーニャとミネアにとっては憎きバルザック、父・エドガンの仇です。
元々は人間でしたが、『進化の秘宝』を用いることで第4章とは姿を大きく変えて、勝負を挑んできました。

見た目は動きが重そうなイメージですが、なんのなんの…。
バルザックは、2回行動を繰り出してくる強敵でありました。



全体攻撃である『冷たい息』はそれほど脅威ではありませんが、ヒャダルコには肝を冷やしました。

常に残りのHPに気を使いながら慎重に戦い続け、なんとかバルザックを撃破することに成功。
キングレオよりも強い印象を受けました…。

マーニャとミネアの宿敵、バルザックの最後です。

バルザックを監視していたのでしょうか?
デスピサロの手先であるモンスターが意味深な言葉を残して、去っていきました。

デスピサロにとって、バルザックは単なる実験台に過ぎなかった…ということですね。
そして去り際に発していた『黄金の腕輪』というフレーズ。

第2章でアリーナ達が人質事件に際して一度は手にしたあのアイテムの名前ですね。

 

どうやら、『黄金の腕輪』が『進化の秘宝』のカギを握っているようです。
しかし、現状ではその行方も全く分からないため、どうにもしようがありません。

一行は、スタンシアラで入手した情報を頼りにバトランド地方へ赴くこととなりました。
『天空の盾』を入手するためです。
ライアンにとっては、一時の凱旋帰国となりそうですね。

ライアン
ライアン

『天空の盾』なんて、あの国にあったかなぁ…。

…ということで、船に乗ってスタンシアラから東へ進むと、懐かしいイムルの村に到着。

村の中で情報収集。
この村では今、『おかしな夢の話』でもちきりだとか。

そして、その『おかしな夢』はこの村の宿屋に宿泊することで見れるようですね。
村の周囲でレベル上げを兼ねて時間を稼ぎ、早速宿泊してみることに。

 

まさか、怖い夢でも出てくるわけでなありますまい。



村の人々がしきりに噂する『おかしな夢』とは、一体どのような内容なのでしょうか?

その詳細は、また次回。

(次回へと続く)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。