戊辰戦争150周年を記念して、『大壇口古戦場 二勇士の碑』を訪ねる

二本松
スポンサーリンク

何度かこのブログでも触れているところですが、本年2018年は戊辰戦争から150周年という節目の年です。



世間では『明治維新150周年』という言い方をする方が多いかもしれませんが、あの戦争で賊軍のレッテルを貼られてしまった東北の人々にとっては『戊辰戦争』から150周年です。

今回は、そんな『戊辰戦争150周年』を記念して二本松市内のある歴史スポットに行ってきましたので、ちょっとレポートをさせて下さい。

スポンサーリンク

大壇口古戦場とは

今回訪れたのは、JR二本松駅から車で5分ほどの『大壇口古戦場』です。
周囲には、高速道路のインターや、消防署、そして私がかつて通っていた岳下小学校といった施設等が集積し、車の交通量がそれなりに多い所です。

そんな大壇口は、今も昔も交通の要衝。
なぜなら、今から150年前の戊辰戦争において、板垣退助をはじめとする西軍はこの大壇口の街道を北上して参りました。



以下は、大壇口古戦場から街道を見下ろした写真です。

大壇口は小高い丘のようになっており、我が二本松藩が街道を進む西軍を見下ろす形で衝突は開始しました。
ここに陣を組んだのは、藩内の12歳~17歳の少年達で組織された二本松少年隊でした。

この地で激戦を繰り広げた少年隊ですが、武器の性能の差などもあって次第に潰走。
隊長である木村銃太郎も討ち死にしてしまいます。
その後少年達は領内に散り散りになり、ある者は敵と戦って討ち死に、ある者は会津方面に逃げ落ちるなど様々な運命を辿ることとなります。

大壇口古戦場を訪ねる

大壇口古戦場を訪ねた私。
実は、何気にここに来たのは約20年振り。
小学校時代の社会科見学以来だと思われます。

看板に『二勇士の碑』と書かれていますが、詳しくは後ほどご説明します。
この階段を上がっていきますと、開けた場所に出ることができ、私が先ほどアップしたように街道を見下ろすことができます。



こちらが、二本松少年隊・隊長の木村銃太郎の石碑です。
ちなみに木村銃太郎は、『二勇士』ではありませんので悪しからず。

大壇口の二勇士

設置されている看板には、大壇口古戦場について以下のように説明が書かれています。

大壇口古戦場 二勇士の碑

ここが戊辰戦役に木村銃太郎を隊長とする二本松少年隊奮戦の地である。

隊長はここで戦死、また少年隊を援護して壮烈な戦死をとげた青山助之丞、山岡栄治の二勇士の奮戦の地でもある。

慶応四(1868)年7月29日未明、三春藩の突然の降伏により二本松の横腹を突く形となった西軍は、潮の如く二本松城下に押し寄せたが、血気盛んな壮年武士は各守備口に出陣しており、藩は止むなく少年隊の出陣を命じた。

木村銃太郎の率いる少年隊は十二、三歳から十六、七歳迄の花も蕾の少年の一隊で、獅子奮迅の戦いは西軍をなやましたが、衆寡敵せず、維新の夜明けを前にして可憐な花を散らせたのであった。

ここには少年隊と二勇士の碑があり、当時西軍の隊長野津道貫の歌
うつ人も うたるる人もあわれなり ともにみくにの民とおもえば

と、陸軍大将従二位木越安綱の歌碑
色かへぬ 松間の桜散りぬとも 香りは千代に残りけるかな

がある。

大壇口に出陣した二本松少年隊は63名のうち、22名で、戦死者は隊長木村銃太郎をはじめ16名、戦傷者6名であり、戊辰戦史上特筆すべき一大決戦の地である。

二本松市民で歴史が好きな人は、この文章を読んだだけで涙ぐんでしまいます。
ただ、この看板には二勇士についてあまり詳しく書かれていないため、私が説明を補足させて頂きます。

大壇口の二勇士とは、青山助之丞、山岡栄治の2名です。
正確には二本松少年隊の隊士ではありません。

彼らは当初、小野新町へと出陣しておりました。

しかし、隣の三春藩が急遽裏切ったことで所属していた隊は退却。
二本松へと戻ってきた2名は、この地で退却を開始していた少年隊を助けるため、敵陣目がけて抜刀し斬り込んだ…というのが定説となっております。

彼らは2名は敵軍9名を道連れに、銃弾を全身に浴びて戦死。
このような奮闘ぶりがあったことから、先ほど触れた通り敵軍の野津道貫らから歌を贈られたということですね。

奇しくも、今年の大河ドラマの主人公は薩摩藩の西郷隆盛。
おそらく歴史的には極めてマイナーな存在の二本松藩でありますから、大河ドラマではあまり触れられることはないでしょう。



あの戊辰戦争で激戦を繰り広げたのは、なにも会津藩だけではありません。
彼らのような勇士が存在したということを、二本松市民の私達はこれからも後世に伝えていかなければなりません。

大壇口の二勇士・青山助之丞、山岡栄治。
彼らは木村銃太郎と共に、大壇口古戦場においてに石碑という形で祀られております。
今も二本松を守るかのように。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。