ドラゴンクエスト3攻略 #14

レトロゲーム
スポンサーリンク

本作『ドラゴンクエスト3』攻略に必要不可欠な『さいごのカギ』入手に向けて、『エジンベア』に到達した前回。



大英帝国をモデルとする『エジンベア』の人々に”田舎者”と罵られつつも、歯を食いしばって、まずは『かわきのつぼ』を手に入れましょう。

3勇者
3勇者

『田舎、田舎』ってうるさいな!!

イギリスはそんなに偉いのか!!

門番には『田舎者』という理由だけで入城を拒否されましたが、アイテム『きえさりそう』を使うことで中に入ることに成功。

無事に『エジンベア』の城内に入ったら、まずは情報収取を開始。
まずは『かわきのつぼ』について。
『かわきのつぼ』は、この『エジンベア』の地下に眠っているのですが…。

『かわきのつぼ』を使うと、海の水を干上がらせることができます。
『さいごのカギ』があるのは、今は浅瀬になっている海に沈んだ祠。
つまり、この祠で『かわきのつぼ』を使う必要があります。

王様に謁見。
王様からは、この城の地下にある3つの岩の謎をナゾについて話をきくことができます。

王様の隣にいる大臣からは、インディオの住む大陸とその集落である『スー』の情報を仕入れることができます。
新大陸というのは、現実世界でいうところのアメリカ大陸であることが分かります。

…では、早速『かわきのつぼ』を手に入れるため、城の地下へと向かいましょう。
城門と違って、地下には入り放題です。

『エジンベア』の地下。



ここが、王様の話していた3つの岩のナゾ…ということになります。
奥には青い床が3つあり、そこへ岩を1つずつ移動させる必要があります。

では、岩を実際に動かしてみましょう。
失敗しても一度階段を昇って再びこのフロアに戻ってくれば、岩は元に戻ります。
安心して謎解きに臨みましょう。

まずは、左の岩を1マス分上に動かします。

続いて…そのまま右に移動し、今度は真ん中の岩を右に1マス分押します。

再び左の岩を動かします。
大きく迂回し、左の岩を左から押して奥の部屋に移動させましょう。
乗せる床はどこでもOKです。

次は、右の岩を動かします。
上から下へ、1マス分です。

そうすると、真ん中の岩を右から押せるようになるはずです。
真ん中の岩を、右から水路ギリギリまで押して下さい。
あとは、先程の左の岩と同様にして奥の部屋まで持っていきます。

こうなれば、あとは楽勝。
右の岩を下から1マス分動かし、一旦戻の場所へ戻し…

岩をまた右から押し、左の水路ギリギリまで押していけば…
あとは、これまでと同じ要領で奥の部屋に持っていくだけです。

3つの岩を全て青い床に乗せると、このフロアの奥の通路が開きます。

その奥に、今回探していたアイテム『かわきのつぼ』が主人公達が来るのを待っています。

3勇者
3勇者

『かわきのつぼ』を手に入れた!

次に向かうのは、『さいごのカギ』がある祠です。



祠の場所は、ユーラシア大陸とアメリカ大陸を挟む海のど真ん中。
地図を見ると微かに小さな点が見えるので、それを目印にしましょう。

祠は、現時点では浅瀬だけの状態で。
浅瀬の前で、道具の一覧から『かわきのつぼ』を選択し、使用すると…

浅瀬がその形を変え、祠が出現します。

祠の中には、宝箱が1つ。
中に入っているのは、『さいごのカギ』。
これで、今まで開けることのできなかった扉を開くことができます。

3勇者
3勇者

ちなみに、このフロアには『ちいさなメダル』が落ちているよ。
もし知りたければ、別記事『ドラゴンクエスト3攻略 ちいさなメダルの場所(画像付き)』を参考にしてみてね!

フロアの奥には、『さいごのカギ』で開けられる扉が1つ。
部屋の中にはガイコツがおりますが、敵ではないので安心して下さい。

『ギアガの大穴』についての情報を教えてくれます。
ネクロゴンドに向かうのは、もう少し先になりますが覚えておいた方が良いでしょう。
場所は、『イシス』の南です。

『さいごのカギ』を手に入れたら、各地の扉を開けてアイテムを手に入れましょう。
おススメは、『ロマリア』。
『ロマリア』の近くには、『ふうじんのたて』が眠っています。

 

続いて、主人公達を新たな地へと向かわせましょう。
目印は『ジパング』。
『ジパング』の北にある『ムオル』という小さな町が、次の目的地です。

 

ここでは、主人公の父である【オルテガ】についての情報を手に入れることができます。



また、かつて【オルテガ】が身に付けていた装備品も入手することができるので、なるべく早目に訪れることをおススメします。

(次回へと続く)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました