【ドラゴンクエスト3(スーパーファミコン版)】攻略 #31

レトロゲーム

これまでの【ドラゴンクエスト3(スーパーファミコン版)】の攻略記事一覧は、こちら

【ドラゴンクエスト3(スーパーファミコン版)】第31回目の攻略記事は、ゾーマを倒した後の流れについてお届けします。

ゾーマを撃破したら、とりあえずはメインストーリーは終了。
残すはエンディングのみとなります。



ゾーマ城(ゾーマ撃破後)

主を失ったことで、『ゾーマ城』は崩壊。
城内は炎に包まれ、脱出を図った主人公達は地割れに飲み込まれてしまいます。
ここには後に竜王が居を構えるのですが、こんなに壊れて大丈夫なのでしょうか?

『ゾーマ城』の地割れに飲み込まれてしまった主人公達でしたが…
どのような構造になっているのか、『ラダトーム北の洞窟』へと飛ばされることに。

この『ラダトーム北の洞窟』には、敵は出てきません。
この洞窟は踏破済みなので帰りルートを覚えている方も多いはずです。
この洞窟を脱出しましょう。

洞窟を出ると、『空の上のほうで、なにかが閉じたような音がした…』という表記が出現。
『ギアガの大穴』が閉じてしまったという、この表記により…上の世界と『アレフガルド』の行き来が出来なくなってしまったとの説が一般化します。

しかし…この説に関しては、後に堀井雄二さんがテレビ番組にて以下の通りコメント。

『ギアガの大穴』が塞がったのは、上の世界の分までエンディングの台詞を考えるのに疲れたから。
(テレビ番組コメントより引用)

『ギアガの大穴』が閉じた後、『アレフガルド』に光が戻ります。

今までの薄暗い雰囲気が一点、明るい世界になっているのが分かりますね。



ラダトーム

その後、一行は『ラダトーム』へ移動。
王(ラルス1世)ゾーマを倒したことを報告。

ラルス1世までもが、『ギアガの大穴』が閉じてしまったことに言及。
普通にこの流れを考えると、主人公はもう『アリアハン』で待つ母親と会えないことを意味します。

そんな悲しいクライマックスになりそうな雰囲気をよそに、ラルス1世は【勇者ロト】の称号を主人公に対して与えます。

ここで、『ラダトーム』の兵士達が奏でる管楽のファンファーレ。
これより、エンドロールが始まります。

ここからがエンディング。
いわゆる『ロトの紋章』を背景に、主人公のその後についてあっさりと述べられています。

『祝いの宴が終わった時、主人公の姿はもはやどこにもなかったという』との表記。
主人公が元の世界に帰れなくなり、どこかに姿を消したという悲しい結末を連想させる文章。

しかし、これに関しても堀井さんは以下のようにコメント。
これを読む限りでは、主人公は一人で待つ母親の下へ無事に帰れたと考えて良いでしょう。

あの後、勇者ロトは母親のトコロに仲間をつれて帰った、と考えてくれても良かったんだよ。だから、勇者ロトは最後に行方しれずになっちゃったんだよね。
(単行本『ドラゴンクエストマスターズクラブ』より引用)

主人公ゾーマを倒す際に身に付けた『王者の剣』と『光の鎧』『聖なる守り』は、それぞれ『ロトの剣』、『ロトの鎧』、『ロトの印』として『ドラゴンクエスト1』の世界へと引き継がれることになります。

3勇者
3勇者

『勇者の盾』だけは、何故かエンディングで触れられない…。
100年後の『ドラゴンクエスト1』に、『ロトの盾』が登場しないから辻褄を合せてるんだろうか…。

そして…エンドロールのラストは、本作【ドラゴンクエスト3】のサブタイトル『そして伝説へ』と関連し…

『そして伝説が始まった…!』で締めくくられます。



エンディング(スタッフロール)

続いて流れるのは、スタッフロール。

オリジナルのファミコン版【ドラゴンクエスト3】が発売されたのは、1988年のこと。
スーパーファミコン版の本作に至っても、20年以上前(1996年)の発売であることを改めて思い知らされます。

『そして伝説へ』のサブタイトル。
エンドロールラストの『そして伝説が始まった…!』の通り、ロトの伝説は【ドラゴンクエスト1・2】へと継承され、これにてメインストーリーは終了。

この後ゲームを再開すると、いつも通り『冒険の書』の画面が登場。
大きな変更点はここからです。
これまでの主人公の名前の脇に、ロトの表記が追加されます。

物語は最後にセーブをした場所から再開。
つまり…ゾーマを倒す前へと戻されてしまったわけですが、『隠しダンジョン』へと挑戦できるシステムになっています。

その『隠しダンジョン』へ向かうには、上の世界にある『竜の女王の城』へと足を運ぶ必要があります。

1階の一番奥…。
ステンドグラスから光が差し込んでいる部分へ足を踏み入れると、別世界…つまり、『隠しダンジョン』のある場所へと移動することとなります。

辿り着いたのは、空に浮かんでいるような島。
上方向に進むことで、本作の隠しダンジョン『ゼニスの洞窟』へと挑戦することができます。

この先には、強力なボスである神竜(しんりゅう)が主人公達を待ち受けています。
強力な分、その見返りも大きいようですが…。
詳しくは、また次回以降の攻略記事にて…。

(次回へと続く)



タイトルとURLをコピーしました