ガイアセイバー攻略 #33

レトロゲーム
スポンサーリンク

ラスボスとの最終決戦まで、あと僅か。
『クロスボーン・バンガード』の誇る【ラフレシア】と、【エージェント】を撃破することに成功しましたが、これは敵側の罠。



ヒーロー達が【ラフレシア】と【エージェント】を撃破した力は、全て『システム』の発動に必要な破壊のエネルギーとして使われてしまいました。

ここで、『システム』について詳しく説明しましょう。
『システム』とは、本作の世界観を作った神が宇宙の調和やバランスを保つことを目的に作った装置のこと。

人類のこれまでの進化経過について『システム』が不適合と判断した場合、『正義』と『悪』の両者を戦わせ、それにより発生する『破壊エネルギー』を用いて全人類を滅ぼす…という、なんとも抽象的極まりないもの。

ストーリー後半になりヒーロー達の前に何度も姿を現している【エージェント】は、この『システム』を司る黒幕的な存在でした。

そんな【エージェント】を撃破したのが、前回。
しかし…既に述べた通り、皮肉にもヒーロー達が【エージェント】を倒したことで発生した『破壊エネルギー』により、『システム』が発動。

月は真っ黒に染まり、【アムロ】達は亜空間へと飛ばされてしまったところから、今回の攻略記事をスタートさせたいと思います。

【アムロ】達が飛ばされてしまった、亜空間。
本作最後のダンジョンの構造は、非常に複雑です。

通路の行き先はループや行き止まりがほとんど。これまでに訪れた風景が流用。
容量の関係なのか…これまでに訪れた風景が流用されています。



使い回す気持ちも分からなくはないのですが、最終ダンジョンにまで来て行き止まりの部分が『住民の部屋』というところに、本作が『クソゲー』と言われる理由を見つけた気がします。

マークハンター
マークハンター

最終ダンジョンで、台所とか本棚を見ると力が抜けちまうぜ…

RX
RX

…まさか、俺達を脱力させるのが敵の狙いなのでは…!?

GSアムロ
GSアムロ

…無い無い…

ただの手抜きだろうさ…

亜空間の中は、正に複雑怪奇。
試行錯誤を繰り返すことで、次第にルートも頭に入ってくることでしょう。
(攻略サイトでありながら、正規ルートを示すことが出来ず申し訳ありません…)

そして…いよいよ最後ボスが待つ部屋へと到着。
おどろおどろしい雰囲気と、巨大が『システム』が部屋の中央部に鎮座しています。

GSアムロ
GSアムロ

こ、これが…

これが『システム』の正体なのか!?

で、でかすぎる!

一応、本作のラスボス【システム】との戦いがスタート。
お約束の形態変化を併せて、二連戦形式です。
一戦目で力を使い果たさないように、注意しながら戦いましょう。

とはいえ…この【システム】も、これまでのボス同様に繰り出してくる攻撃は単体への通常攻撃のみです。
こちらは、淡々と『カプセル怪獣(ミクラス)』を軸に攻撃していきましょう。

RX
RX

私の行動は、必殺技『バイオフォーム』がおススメ!

(技量ポイントを、そこそこ使用しますが…)

なお…ダメージを加えていきますと、【システム】の体の色が変化するのですが、特に強くなることもなく、淡々とターンを消化していくことに。

むしろ、最大の強敵は味方の中におりました。
といいますのも、ダメージを受けていないにも関わらず時間の経過により【セブン】の体力が減少。



ウルトラ一族の特性であるカラータイマーの影響でしょうか。
【システム】自体には苦戦はしませんでしたが、結局【セブン】のみが戦闘不能。
回復役として連れてきたつもりが、裏目に出てしまいました。

セブン
セブン

回復役など必要ないので、私よりも【スーパー1】などをメンバーに組み込むと良いでしょう…。

続いて【システム】との第二戦目…敵側は相変わらずの単調な攻撃。
こちらも引き続き『カプセル怪獣』で応対しましょう。
最早、作業ゲームと化すボス戦にウンザリすると思いますが…。

GSアムロ
GSアムロ

やたらとHPだけは高いので、戦闘の長時間化だけは避けられない…

先程と同様、やはり【セブン】だけが意味不明の戦闘不能状態に陥るも、難なく勝利。
『カプセル怪獣』ありきのゲームです、本当に。

これにて『システム』は全撃破。
その後、またもや【エージェント】が出現。
流石にこれ以上【エージェント】との戦闘は発生せず、ひたすら負け惜しみを聞く展開。

【システム】が破壊されたことで、【エージェント】もその姿を維持することができなくなるようで、消滅。
これで、【エージェント】ともお別れです。

本作の最終ボスは、今回紹介した【システム】(2連戦)でした。
次回の攻略記事が『ガイアセイバー』の最終回となりますが、この後にも実は意外な敵との戦闘がプレイヤーを待ち受けています。



(次回へと続く)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました