カブキロックス攻略 #15

レトロゲーム
スポンサーリンク

今週から、長女の小学校への集団登校が始まりました。
その影響で親子共々の早起き続いているため、早起きしてレトロゲームをプレイするという本来の私の日課が滞っております。

幸いにも多少ストックがあるので、しばらくはブログ更新に影響は出ませんが生活サイクルをもう少し改善させなければならないのかもしれません(もっと早く起きるとか…)。



さて、それでは今日もスーパーファミコン用ソフト『カブキロックス』の攻略記事を更新していきたいと思います。

まずは、前回攻略記事の最後に到着した『小山町』にて情報収集してみましょう。
街の人々に話しかけていくと、そのほとんどが、前回購入したばかりの『かんざし』に嫌悪感を示してきます。

子供からは『そのかんざし、早く売った方がいいよ。』とまで、言われる始末。

じらいや
じらいや

…え、何これ、持ってるとマズいタイプのやつなのか?

この後『かんざし』を道具屋へ売りと行くとイベントが進むこととなります。
しかし、その前に一泊だけ宿屋に泊まりましょう。



なぜなら、【ロック】と【じらいや】のちょっとしたイベントが発生するからです。

ロック
ロック

どうした?眠れないのか?

じらいや
じらいや

アニキか…。

ケッ!何でもねェよ!

ここで【ロック】は【じらいや】に問いかけます。

ロック
ロック

一つ聞いていいか?

お前、何でオレ達に付いてきてるんだ?

じらいや
じらいや

RPGみたいに仲間を集めて、世直しをしようなんてバカげたことをしているヤツラをからかってやろうと思っただけでぃ!

ロック
ロック

(…いや、これ思いっきりRPGなんだけど…)

ネタバレになりますが、【じらいや】は次回の攻略記事において死んでしまいます。
(ですが…本作の特徴として、死してなお【じらいや】は、ある形でパーティーを支えてくれることとなるので、ご安心を…。)



一夜明けたら、道具屋へ行きましょう。
店主に話しかけると、『かんざし』を買い取ってくれる運びとなります。
…ただし…その買い取り額は、たったの1両。

マッキー
マッキー

正式な名前、『バツマユのかんざし』っていうのね…

驚愕の買取額に、言葉を失うロック。
1両といえば、ドラクエでいうところの1ゴールド。
つまり、『うまのふん』と一緒です。

ロック
ロック

エッ!1両?!

そうです、ロック達はあの娘に騙されてしまったのです。
悔しがる【マッキー】、そして言い訳を始めるエロい【法界坊】。

マッキー
マッキー

やられた!

法界坊
法界坊

初めから騙そうと思っていたかどうかは、まだ分からん!

決めつけるのは、イカンぞぃ。

『かんざし』を手放すと、掌を返したように街の人々は情報を提供してくれるようになります。

入手した情報を手掛かりに、ロック達を騙した娘を追って街の北にある洞窟へと向かいましょう。

街では『かくれんぼをしている子供がいる』との情報も入手できていたかと思います。
壁を調べてみると、子供が反応します。

子供に用事は無い…。
そう告げたかどうかは定かではありませんが、『そのおねーちゃんなら、さっき、この中に入ってったよ』と教えてもらえます。

ようやく、あの娘の足取りを掴むことができました。



突入を前に、ここで【ベンケイ】から注意事項が述べられます。
『じらい草』…これが、【じらいや】の運命を決定づけることとなります。

ベンケイ
ベンケイ

この洞窟内には、踏んだ後に足を離すと爆発する危険な草、『じらい草』が生えているでござる!

洞窟内を進んでいきますと、ターゲットである娘を発見することができます。
やはり、あの娘は山賊共と共謀していたのです。

ここで法界坊が、娘を庇い始めます。

それに対し、弁明を始める娘(フジムスメ)。

最も気が短いロックが、自らを騙した娘を許してしまう謎の展開…。

法界坊の強引な免罪符の発行により、娘(フジムスメ)は許されることに。
この後は、元凶である【クロツカ】を倒しに先へ進むことに。

法界坊
法界坊

許せんのは、【クロツカ】!

関所へ向かうぞ!!

トロッコ…
なんだか『ドラゴンクエスト5』思い出しますね。

次回は、突如として訪れる【じらいや】の死を中心にお届けします。
『アワ』の国を長らく苦しめていた、【クロツカ】との決戦も近づいています。



(次回へと続く)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました