カブキロックス #15

レトロゲーム
スポンサーリンク

『カブキロックス』

今週から長女の小学校への集団登校が始まりました。
その影響で親子共々の早起き続いているため、早起きしてレトロゲームをプレイするという本来の私の日課が滞っております。
幸いにも多少ストックがあるので、しばらくはブログ更新に影響は出ませんが生活サイクルをもう少し改善させなければならないのかもしれません(もっと早く起きるとか…)。

さて、今日もカブキロックスのプレイ日記を更新していきたいと思います。
宜しくお付き合いください。

【プレイ日記】
まずは到着したばかりの『小山町』にて情報収集をすることに。
しかし、なにやら街の人の様子がおかしいようですね。
道行く人みんなが、先程人助けとして購入したばかりのカンザシに嫌悪感を示しています。

…え、なにこれ持ってるとマズいタイプのやつなんですかね?

とはいえ、現時点ではどうしたらいいのか分からないので、とりあえず長旅の傷と疲れを癒すために宿屋に宿泊することに。

すると、唐突にイベントが発生。
ロックとじらいや。

ロックはじらいやに問いかけます。
『なぜ付いてきてくれたのか?』と。

…いや、これ思いっきりRPGなんですけど!!

その後、イベントは終了。
一夜明けて、またもや街を散策。

ある店の人に話しかけてみたところ、どうやら件のカンザシを買い取ってくれるらしい。
街の人達に奇異な目で見られるのもアレなので、買い取りを承諾しようとしたらその金額はたったの1両とのこと。

おいおい…ドラクエでいうところの1Gじゃないか。
これじゃ、うまのふんと同じ価値だろうが。

どうやた騙されてしまったようですね、あの娘に。
きっとあの橋にいた、山賊と組んでの詐欺行為だったのでしょう。

ここで政治家顔負けの弁明をはじめる法界坊。
もうお前の言う事は信用せんぞ?

カンザシを手放した途端に、打って変わってロック達に情報を提供してくれる人々。
あんたらも大概だな…。

とりあえず入手田情報を元に、自分たちを騙した娘と山賊に鉄槌を加えるべく街の北にあるという洞窟へと向かいます。

『かくれんぼをしている子供がいる』とのタレこみがあったので、壁を調べてみたところ案の定反応が。

君に用事は無い。
この辺で女性を見かけなかったかい?

そうかそうか、この中か。
ようやく、詐欺女の足取りを掴むことができました。

突入を前に、ここでベンケイから注意事項が。
ふむふむ、『じらい草』ね。気を付けまーす。

洞窟内を進んでいきますと、ターゲットを発見しました。
やはり、あの娘は山賊共とつるんで我々を騙していたのです。

ここで法界坊が、娘を庇い始めます。
おいおい、まだ信じてるのかよ。

娘は娘で、弁明を始めます。

…え、まさか許しちゃうの?(絶句)

法界坊の強引な免罪符の発行により、なぜか娘は許されることに。
そして、事の元凶である(女の話が事実ならば)クロツカを倒しに、先へと進むことに。
どうやら、この洞窟の奥にあるトロッコに乗っていけば、クロツカの待つ関所へと行けるようです。

トロッコ…
なんだかドラクエ5を思い出しますなぁ。

今回も色々ありましたが、いよいよアワの国を長らく苦しめていたクロツカとの決戦が迫ってきた模様です。

 

こちらでも細々と呟いてます。良ければフォローしてやってください。
@liverpoolxabier

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。