トルネコの大冒険をプレイしてみる

レトロゲーム
スポンサーリンク

昨日、実家からスーパーファミコン用ソフト『トルネコの大冒険』が発掘された旨の記事を投稿致しました(スーパーファミコン用ソフト『トルネコの大冒険』)。



スポンサーリンク

『トルネコの大冒険』を早速プレイしてみる

帰宅後、『善は急げ』ということで早速『トルネコの大冒険』をプレイするため、愛機・レトロフリークをスイッチを入れた私。

今回の記事は不思議なダンジョンシリーズの礎となりました、名作『トルネコの大冒険』について振り返ってみたいと思います(実に十数年振り…)。

まずタイトル画面。

ゴールド(お金)や武器・アイテムがあるあたり、いかにも『武器商人トルネコが主人公である』という雰囲気が出ていますね。

本作は、武器商人トルネコがエンドールから『珍しいお宝が不思議なダンジョンにあるらしい』という話を聞きつけて、ある村にお店を開くところから物語が始まります。

  

不思議なダンジョンの周辺を治めているであろう、王様に謁見。
目的は、この地での商売の許可をもらうためですね。

不思議なダンジョンについて説明してくれる、親切な王様

なぜこの地で店を開きたいのか…



その理由を説明するトルネコに対し、不思議なダンジョンについて説明を始めてくれる王様。
割と親切です。

王様曰く…

①洞窟に入ると、幻の宝箱を手に入れるまで地上には上がってこれない
②ダンジョンの中にはモンスターがいて、倒しても倒しても次々に現れる
③もしモンスターに敗れてしまうと、洞窟の入り口に戻されてしまう
④その場合、持ち物は全て無くなりレベルも1に戻る
⑤次に洞窟に入ってみると、先程とは地形が全く変わっている

    

正に、不思議なダンジョンです。
かつて勇者と共に冒険を繰り広げたトルネコも、これにはビックリでしょう。

トルネコ
トルネコ

不思議すぎるだろ、そんな洞窟…

この地で商売を始めるための条件。それは…?



そして説明が終わった後、王様はこの地での商売を許す条件を出して参りました。
その内容とは、

『不思議なダンジョン』の近くにある『ちょっと不思議なダンジョン』に行き、そこの地下10階にある王様の宝石箱を持ち帰ること

でした。
恐らく名前から察するに、チュートリアル的な位置付けのダンジョンなのでしょう。

  

とにもかくにも…トルネコはこの地での商売を始めるために、『ちょっと不思議なダンジョン』へと向かうことになりました。

いざ、『不思議なダンジョン』へ!!

『ちょっと不思議なダンジョン』の探索スタート。

ダンジョン内は視界が狭く、未踏破エリアは先が見えない仕様になっております(一度でも通れば視界が開けます)。

初・モンスターとのバトル。
こちらが一回行動する毎に、基本的に敵側も一回行動。
これが基本です。

しばらく進むこと十数分。
地下10階に辿りつき、宝石箱らしきものを発見しました。

ビンゴ!!
無事に王様の宝石箱を入手しました!

あとは、この宝石箱を地上に持ち帰るだけです。
途中モンスターにやられてしまうと、入手したアイテムは全て失ってしまうので、HPの残量は勿論ですが、空腹の度合いにも気を配らなければなりません。

トルネコ
トルネコ

『腹が減っては戦はできぬ』ってやつですね。

お腹が減ると、例えHPが残っていても『死亡』扱い。
HP、空腹に気を使いながら、階段を使って1階ずつ戻りましょう。

生還、そして…。

無事、生還。

無事にこの地での出店を許可されました。

早速家族の元へ戻ってみると、いつの間にか立派な店舗が出来上がっていました。
ネネからも祝福のコメント。

『トルネコの大冒険』の基本的な流れ

ここからがこのゲームの真骨頂。



これからトルネコは珍しいアイテムを求めて、不思議なダンジョンへの探索を開始します。
そこで得たアイテムを地上に持ち帰り、店に並べてネネが売る。

 

基本的には、この繰り返しで自分のお店を大きくしていく…ということがこのゲームの主な流れとなります。

  

『不思議なダンジョン』シリーズの記念すべき第一弾の『トルネコの大冒険』。

昔プレイしたことがある方も未プレイの方も、是非この機会に遊んでみてはいかがでしょうか?

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。