【カブキロックス】攻略 #22

レトロゲーム

これまでの【カブキロックス】の攻略記事一覧は、こちら

『ヒノクニ』でメンバーが散り散りになってしまうというアクシデントに見舞われたものの、『火山洞』で無事にマッキー達と合流することに成功。

 

一行の行く手を遮った『火山洞』の炎は辰五郎の見事な火消しによって鎮圧。
辰五郎のパートナーであり、行方不明になったままのお七の捜索が続きます。

アソ町

火消しをした後は、特に何事も無く『火山洞』を突破。
その先にあるのは、『アソ町』です。

『アソ町』では、新たなイベントがロックを待っています。
町に足を踏み入れた途端に、矢文が届く…というもの。

ロック
ロック

これは!矢文!

矢文を出してきたのは…天斎の配下であり、『ヒノクニ』を治めるトクベエ
ロック達が捜しているお七は、このトクベエによって攫われてしまったことが判明。

 

罠が待っていることは、火を見るよりも明らか。
しかしながら…ここはお七を助け出すため、『野火ヶ原』に向かわなければなりません。

次の目的地『野火ヶ原』は、『アソ町』から南にあります。



野火ヶ原

『野火ヶ原』へと到着。
ここには、トクベエに攫われていたお七の姿があります。

よく分からない設定ですが、この『野火ヶ原』の草は非常に燃えやすい性質。
炎の女・お七が少しでも動けば瞬時に火が燃え広がってしまうようで、思うように彼女を救助することができません。

お七
お七

あたいは炎の女…よ。

ここの草はとっても燃えやすいんだ。

あたいが動くと、炎が…。

 

お七を助け出すためには、トクベエを倒すしかない』
一同はそう判断し、ここは先を急ぐことになります。

トクベエの存在と『野火ヶ原』の草が燃えやすいということに、あまり因果関係は無いと思われるのですが…。

トクベエは、『野火ヶ原』の東にある『ドウカ橋』を渡った先の『火薬島』の関所でロッ達を待ち受けています。

そして『火薬島』には大量の火薬が保管されており、このまま『野火ヶ原』の火が広がり続けてしまうと引火してしまう可能性があります。



ドウカ橋

まずは『火薬島』へと渡る『ドウカ橋』に向かいましょう。
途中にある茶屋では、『火薬島』に保管されている『氷川の氷』があれば『野火ヶ原』の火を消すことができる…ということが分かります。

『ドウカ橋』に到着。
往路は何事もなく通過し、関所に向かうことが可能です。
そう、往路は…。

この時点では関所にはトクベエはいません。
敵がいないどころか関所には甚五郎さんがおり、『氷川の氷』を見つけてくれています。

この後は『野火ヶ原』に戻るため、再び『ドウカ橋』へ。
しかし…『ドウカ橋』に足を踏み入れると、そこには『野火ヶ原』で人質になっていたお七の姿が。

恐ろしいことにトクベエロックを『火薬島』に誘い込み、『ドウカ橋』に火を放って一網打尽に始末するという罠を計画していたのです

 

ここで…今まで戦闘にすら参加していなかった辰五郎が動き出します。
火がこれ以上燃え広がらぬよう、橋を破壊。
江戸時代の火消しの原理ですね。

そして辰五郎は、お七と共にデュエット歌武器を使ってトクベエを攻撃。
追い詰められたトクベエは、辰五郎お七を道連れにするために橋を更に破壊し始めます。

 

トクベエの玉砕的行動により、辰五郎お七は敵と共に火の海の中へと落下。
ロック達はなんとか難を逃れることができましたが、辰五郎お七が犠牲となってしまいました。

(次回へと続く)



タイトルとURLをコピーしました