ドラゴンクエスト4攻略 #43

レトロゲーム
スポンサーリンク

ここ数日、忙しさにかまけてブログの更新が滞っておりました。
インターネット環境の不調も相まって、このようなことになってしまいました。
大変、申し訳ありませんでした。



ちびまる子ちゃんの作者である、さくらももこさんが亡くなってしまい少なからずショックを受けている私ですが、久しぶりにドラゴンクエスト4のプレイ日記を更新して参ります。
あまりに久しぶり過ぎて、私自身、とても新鮮な気持ちです(本当はこんなことでは、いけないんですけどね…)。

前回では、正式にアリーナ姫一行が仲間に加わり、マーニャとミネアの因縁の地であるキングレオへと向かいました。

この地を治める悪の親玉・キングレオ(そのまんま!!)を倒すことの重要性は認識しておりますが、『魔法のカギ』という多くの冒険者を惑わせたキーワードを耳にした私は、その捜索こそが先決であると判断致しました。

ということで、私に操られた主人公達は『魔法のカギ』が隠されていると目される、コーミズ村から西にある洞窟へと足を踏み入れました。

ここは、第4章で一度マーニャとミネアが足を踏み入れましたが、その際にはオーリンを仲間に加えたのみでした。

しかし、この洞窟にはまだまだ秘密があるようです。
というのも、マーニャとミネアの父・エドガンが使っていた秘密の研究所が隠されているようなのです。

そこに『魔法のカギ』があると思われますが、問題は研究所がある場所。
洞窟の最奥にある宝箱が怪しいという情報を入手し、一行は目的の場所へと到達致しました。

 

早速、宝箱を調査してみましょう。

4勇者
4勇者

ここが、怪しいよね。

すると、宝箱の底にボタンがあったようです。
『押してみますか?』という選択肢が出たので、ここは当然『押す』を選択。

ボタンを押してみると、宝箱の近くに階段が現れました。
きっとこの階段を降りていくと、秘密の研究所…なるものがあるのでしょう。

我々の予想は的中しました。
階段を降りていくと、エドガンの使っていた秘密の研究所がそこにはありました。



宝箱があったので調べると、目的の物であった『魔法のカギ』を手に入れることができました。
これで、あの時通れなかったあの扉達を開けることができそうです。

4勇者
4勇者

そして、その扉の向こうには数えきれないほどのお宝が眠っているに違いない!!

優先させていた『魔法のカギ』を入手した一行は、ようやく本来の目的でもあるキングレオへ。
ライオン野郎に勝てるのか不安になるところですが、マーニャとミネアにはあの時と違って多くの仲間が出来ました。

キングレオの入り口には、なんとも珍しいキャラが。
そのキャラとは、ホイミン。

人間の姿をしておりますが、ライアンの名を発しているところをから考えると、ウソをついているようにも思えません。



ライアンに協力し、バトランド地方の子供達を助けたことで『いつか人間になりたい』と願っていたホイミンの身に、奇跡が起きたのでしょう。
人間になれて良かったね。

4勇者
4勇者

『善行によって、人間になれる』っていうシステムがよく分からんけどな…。

そのホイミンの話によると、既にライアンは単身キングレオの城内に乗り込んでいるようです。
早速、主人公達も駆けつけなければ!

城内には、勇敢なライアンの姿が。
複数の兵士に押さえつけられつつも、強引にキングレオの待つ部屋に乗り込もうとしています。

キングレオの兵士たちを吹き飛ばしたライアン。
そしてライアンと、主人公達との運命の出会い。
彼が最後の『導かれし者』。
台詞から察するに…ちょっと暑苦しそうな雰囲気ですね。

 

ライアン
ライアン

ぬおおー!
ついに、探し求めていた勇者殿にお会いすることが出来た!

キングレオの待つ部屋に突入。
第4章では、表面上葉バルザックがこの国を支配していましたが、今では堂々とこのキングレオが統治している模様。

マーニャとミネアにとっては、因縁の敵との一戦です。
キングレオとの戦闘開始です。

かつては全滅にまで追い込まれた、強敵キングレオ。



マーニャとミネアはリベンジを果たすことが出来るのでしょうか?

(次回へと続く)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。