天外魔境ZERO攻略 #1

レトロゲーム
スポンサーリンク

ブログを日々更新しておりますと、『どの記事にどの位のアクセスがあったのか…』ということが分かります。



で、色々と振り返ってみるとこのブログにおいて割とアクセスを集めているのが『天外魔境ZERO』についての記事であることが分かりました。

本来であれば、今攻略記事を掲載中のナイトガンダムが終わった後に『天外魔境ZERO』を取り上げるべきところなのですが、ニーズが高そうなので並行して始めてみようと思います。

ただし、正直なところ『天外魔境ZERO』は只今、鋭意攻略中でございますので、記事の更新頻度は少なめだと思われますので、その点だけはご了承願います…。

『天外魔境ZERO』の概要につきましては、既に公開中の『天外魔境ZERO攻略 #0』をご参照頂くとして、早速今回から攻略を始めていきます。

 

『天外魔境ZERO攻略 #0』で紹介したオープニング終了後、物語は主人公ヒガンの住む『火影村』から始まります。

主人公・ヒガンは寝坊をしていたわけではありません。
祖父であるビャクエンが科す厳しい剣術の修行に励んでいるのですが、その一環である炭仙人との対決に敗れ、気を失っていたようです。

ヒガン
ヒガン

主人公も、楽じゃないのよ…

ビャクエンは、炭仙人に敗れた孫に厳しく接します。
ヒガンの幼馴染と思われる、ゲンコツ・ビンタの二人は必死に庇いますが、それも全く効果はありません。
最終的には、『勝つまで帰ってくるな!』と言われてしまう始末…。

 

しかし、その厳しさにも理由がありました。
竜王国の兄王によって地獄門の封印が解かれたのはオープニングの通りですが、その時から100日が経過。



ヒガン本人は気付いていないようですが、ビャクエン共々彼らは火の一族。
物語のカギを握る一族のようで、『永遠の火』と何らかの関わりがありそうです。

 

とにもかくにも、炭仙人を倒しに行くこととなったヒガン。
まずは、村の中で情報収集を兼ねながら色々と準備を進めることにしましょう。

炭仙人を倒せば、『火の勇者』を名乗れるそうです。
そういえば、同社で発売された『大貝獣物語シリーズ』においても主人公は『火の貝の一族』だったような気がします。
ハドソンにとっては、『火』という設定は重要なポストなのでしょうか?

メニュー画面。
ちなみに本作の目玉的特徴であるPLGSの時計は、1995年12月16日を指しているのが分かります。
本来であれば、我々が生活する現実世界の時間とリンクするはずなのですが、ソフト内部のバッテリーが切れているため、この時間から一秒たりとも動きません。
楽しみは半減です…。

準備を整えたところで、村の北から炭仙人の元へ向かいましょう。

幼馴染であるゲンコツとビンタは基本的にチキン。
いつも炭仙人との決戦ではヒガンを置いて逃げ帰ってしまうようですが、今回は『最後まで戦う』という覚悟のようです。

決戦の前に、ヒガンの両親の墓参り。
どうやら、既に両親は他界している模様。

 

いよいよ、炭仙人が待つ『炭井戸』へ。
中には、炭仙人が開発した雑魚敵である『うっでぃ』の一号と二号が出現するので、まずは地道にレベル上げをしていきましょう。

 

次回は祖父・ビャクエンの修行をクリアするため、炭仙人との決戦です!



(次回へと続く)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。