【スラップスティック(スーパーファミコン)】攻略 ロココ町(現代)、ショコラ星(#26)

スラップスティック

これまでの【スラップステック】の攻略記事一覧は、こちら

『ハッカー要塞』の爆発に巻き込まれて、過去にタイムスリップしてしまった主人公
自分の祖先・ラスクや、その仲間(ミルフィナポレオン)と出会っていく中で、ガトーという人物の怪しさが際立っていく展開となりました。

前回の攻略記事終盤では、そのガトーを問いただすために『宇宙船』へ移動。
そこでガトーが手にしていた『ティアトロン』が光り始め、主人公は過去から現代に戻ることとなります。

ロココ町(現代)~どうくつ①

『ティアトロン』の力によって、強制的に過去から現代へ舞い戻ることとなった主人公
目を覚ますと、そこは『ロココ町』の自宅でした。
そして主人公の目の前にいるのは…『ハッカー要塞』以来の登場となった、アキハバラ

どうやらアキハバラは『ハッカー要塞』が爆発した際に、無事に脱出できていたようです。
ストーリー上はタイムスリップしていたわけですが、アキハバラの話によれば、主人公は『ハッカー要塞』のガレキの中で倒れていたところを救助された模様。

この後はストーリーを進めるために、自宅から外へ移動。
自宅を出る際には、アキハバラ同様、久しぶりに登場するナギサの意味深なコメントを聞きつつ出発です。

自宅を出ると…『ロココ町』の町中では、”あやしい光がどうくつの方へ落ちていった”という話題が出回っている様子。
当然ですが、ここは情報に従って『どうくつ』に向かいましょう。

『どうくつ』の前に到着すると、そこには警備を始めている警察官の姿が。
警察官は主人公を『どうくつ』に入れてくれないので、ここは『かわるんです』でネズミになりましょう。
これにより、『どうくつ』へ入ることが可能となります。

『どうくつ』に入るとイベントが発生。
中にいるのはティラミスという女性キャラクターですが、なぜか主人公のことを知っている様子。

初対面ではあるわけですが…ティラミスの口からは、主人公が過去で出会ったミルフィの名前が登場。
この後は詳しい事情を聞くため、再び『ロココ町』に戻ることになります。



ロココ町(現代)~どうくつ②

再び『ロココ町』の自宅に戻り、ティラミスの説明が再開。
じいやの話によれば、ティラミスが住んでいる『ショコラ星』が『ハッカー』の攻撃を受けて危機に瀕している…とのこと。

そして…肝心のティラミスですが、実は主人公が過去で出会ったミルフィの末裔です。
どうやらミルフィは、”未来の『ショコラ星』に危機が訪れた場合”に備えて、主人公のことを頼るように遺言を残していた模様。

併せて…『ハッカー』の最終本拠地『宇宙要塞』破壊のためには、不思議な力を持つ『ティアトロン』の存在が必要不可欠であることもティラミスから知らされます。

ここまで事情を聞いたからには、手助けをしないわけにはいきません。
この後は『ショコラ星』を救う展開となり、その移動手段としてティラミスから『宇宙船』がもらえます。

最後にアキハバラから『石3(ティアトロン)』を受け取ったら、『ショコラ星』に向けて出発しましょう。

『ショコラ星』への移動手段は…繰り返しになりますが、ティラミスから譲られた『宇宙船』。
いつもどおりアイテム欄で『宇宙船』を装備した状態で使用すると、あとは自動的に宇宙へ移動することとなります。

ある程度ストーリーが進むまでは『ロココ町』に戻ってこれますが、できるだけ準備を整えてから『ショコラ星』に向かいたいですね。



ショコラ星

『宇宙船』を使用すると、自動的に宇宙へと場面が切り替わります。
最初に表示されている『極楽星』というのが、今まで主人公が暮らしていた惑星です。
『ロココ町』に戻りたい場合は、この『極楽星』に帰ってきましょう。

続いて…次の目的地『ショコラ星』へ移動。
『ショコラ星』は『極楽星』から少し右方向に移動していけば見えてきます。

『ショコラ星』に到着。
まっすぐ進んで行くと兵士がおり、ティラミスが待っている『指令室』の場所を教えてもらえます。

その他の施設として、右には『ショコラ星居住区』、左には『研究室』が存在。
左にある『研究室』に向かうと、そこには記憶を失った状態のガトーの姿が。

本当に記憶を失っているかどうかは定かではなく、現時点ではこれ以上ガトーを追求することができません。
ひととおり情報を集めたら『指令室』に移動してティラミスに会いましょう。

なお…『研究室』の中にある本棚を調べると、『ホバーブーツ』や『ハイパーシールド』の作り方を覚えることができます。
忘れずに調べておきたいところです。

『指令室』に向かうと、ストーリーが進行。
ティラミスとの会話イベントが発生します。

ここでの会話イベントでは『ティアトロン』の活用方法について説明を受けた後、主人公が所有している『スクラップA』について話題が移っていきます。

この『スクラップA』は、現代の『南の島』でナポレオンと出会った際に入手したもの。
『神殿』からの脱出を図る際にナポレオンは壊れてしまったわけですが、その命が尽きる直前に”ラスクさまの意志を継いでくれ”と言い残し、『スクラップA』となりました。

0833

0834

ここで再び脚光を浴びることとなった『スクラップA』。
この後は『研究室』の責任者・研究室長(そのまんまですね…)に『ティアトロン』を『スクラップA』を預けることとなります。

(次回へと続く)



タイトルとURLをコピーしました