【アレサ(スーパーファミコン版)】攻略 #34

レトロゲーム

これまでの【アレサ(スーパーファミコン版)】の攻略記事一覧は、こちら

『ヴァンダール帝国』の手から、『アレサ王国』に続いて『エルーシア』の解放にも成功した前回。

『エルーシア』の王女・アナスタシアから、因縁の老人(エフライム)の情報を聞いたアリエルは、その住処と思われる『マームト山』を目指します。

マームト山

エフライムの住む『マームト山』は、『ローラン』のすぐ北。
眼前には湖があり、徒歩では行けないのでここはファングに乗って移動します。

ここが、アリエルを冒険の旅に導いたといっても過言ではないエフライムの住む『マームト山』です。

『マームト山』はしばらくは一本道になっており、道なりに進んだ先の小部屋のボタンを押すことで、先に進めるようになります。

道が開けたら、更に山道を進んで行きましょう。
エフライムの住む家までは、ほぼ一本道なので迷う心配はありません。

ちなみにエフライムの家の名前は、『魔導士の館』です。



魔道士の館

因縁のエフライムの住む、『魔道士の館』。

この『魔道士の館』は、普通に建物の中を探索していても先に進めません。
ここは、北東部分にある部屋の本棚を調べて下さい。

ファング
ファング

ここ、奥に何かあるみたいだよ!

えいっ!!

本棚を調べることで仕掛けが作動し、隠れていた通路が姿を現します。

隠し通路を道なりに進んでいくと辿り着く一室。
部屋の真ん中には、横たわっている1人の見知らぬ女性の姿があります。

その女性に近付くと、ターゲットであるエフライムが登場。
女性はエフライムの娘で、エルダという名前のようです。

ここで…しばらく姿を見ていなかっただ、ザファン侯爵が登場。
恐らく、忘れていたプレイヤーの方も多いことでしょう…。

ザファン侯爵の持つ力により、以前と同様にドールは操られてパーティーから離脱してしまいます。

ドール
ドール

フン!僕は元々魔法で出来た魔法人形!

ザファン様の忠実なるしもべさ!!

卑劣なザファン侯爵は、更にエフライムの娘・エルダも人質に取ってしまいます。

万事休す…人質を取られ打つ手が無くなったと思われたその時、アリエルエフライムの魔法によって『魔導士の館』を脱出することに成功します。

人質を助けるため、次はザファン侯爵の待つ『飛空城』へ向かうことになります。
エフライムは単独行動を選択し、アリエル達は3人で『飛空城』を目指します。

次の目的地『飛空城』は、その名前のとおり空の上にあります。
当然徒歩では行けず、空を飛べるファングの力を借りて向かいます。

ファング
ファング

よし!

『飛空城』への道はオイラに任せて!

この山の麓から、一気に駆け上るよ!!

一旦『マームト山』を下りて、ファングに乗って『飛空城』を目指しましょう。



飛空城

ファングに乗った状態で『マームト山』に進めば、『飛空城』に入ることができます。
事前に『ローラン』で冒険の準備を整えることも、可能です。

こちらが次なるダンジョン『飛空城』。

ここで入手可能なおススメの装備品は『ドラゴンアーマー』。
ファングが装備できる貴重な防具なので、是非手に入れておきたいところ。

『飛空城』は当然ながらエンカウントで敵が登場しますが、進んで行く途中でブルーワイバーングレーワイバーンとの戦いが待ち受けています。

グレーワイバーンを倒して先へ進むと、イベントが発生。
ザファン侯爵が姿を現します。

ザファン侯爵は人質を渡す条件として、『アレサの指輪』を要求。
ドールを取り戻したいアリエルは、『アレサの指輪』をザファン侯爵に渡します。

ザファン侯爵はこの場を立ち去りますが、肝心のドールは正気を失ったまま。
アリエルカイルドールに近付くものの、そう簡単に元の状態には戻りません。

ドールの攻撃によってカイルは負傷。
この一連のイベントを経て、ようやくドールは正気を取り戻して再び仲間に加入します。

どうやってここまで来たのかは全くの不明ですが、ここでアナスタシアが登場。
負傷したカイルアナスタシアに託し、アリエル、ファング、ドールは『飛空城』の更に奥へと進むことになります。

次回はザファン公爵との戦いを経て、アリエルの祖国を滅亡させた『ヴァンダール帝国』へと乗り込みます。

(次回へと続く)



タイトルとURLをコピーしました