ファイナルファンタジー4 #33

レトロゲーム
スポンサーリンク

『ファイナルファンタジー4』

こんにちは。
ブログの更新はなるべく毎日行っていたのですが、ファイナルファンタジー4のプレイ日記更新についてはしばらくぶりです。


【プレイ日記】
伝承に謡われていた魔導船が、ついにその姿をセシル達の前に現しました。
一番興奮しているのは、ミシディアの長老。

そして、その興奮している長老によりますと、セシル達の次なる目的は『月』とのこと。
月…ですか、これではFFじゃなくてSFですね。

そして、やけに魔導船の仕組みに詳しい長老からチュートリアル。

早速。魔導船に乗り込んでみましょう。
すごい構造です。
これは、本当にFFというよりSFですね(しつこい)。

そして機内の奥に進んでみると、なぜかでぶチョコボがいるではありませんか。
『ギサールの野菜』要らずの、船内常駐スタイルの模様です。

イスに座ったら、突然就寝してしまいました。
これの画像は、いつか使えそうな素材なので要保存ですね。

さて出発です。
長老から説明のあった通り通常飛行とは違うスイッチを押してみましょう。
すると、魔導戦は飛空高度を更に上昇させ始めました。

あっという間に月がセシル達の目前に。
これにはNASAもビックリするよ、きっと。
すごい技術だ!

月に着陸。
セシル達は我々現代人と違って、船外でも宇宙服を必要とはしない模様です。
逞し人種ですね。

近くにどう倉敷入り口を見つけたので、入ってみることに。
すると、ネミングウェイが一杯…。
なんだか大量発生していて気持ち悪いですね。

話しかけてみると、ネミングウェイではなくハミングウェイでした。

さてさて、ここで小休止。
と言いますのも、道に迷ったので一度月から戻ります。
その辺を漠然と飛んでおりましたら、『アダマンの洞窟』なる場所を発見。

奥にいる態度がデカイ小人がセシルを一喝!!

なにやら物欲しそうな顔をしているようなので、持っていた『ネズミのしっぽ』を渡すことにしましょう。

すると、そのお礼に『アダマンタイト』をセシルに分けてくれました。
そういえば、地底の世界にこの『アダマンタイト』に執着していた鍛冶屋がいたような…。

続きはまた次回、ということで。

 

こちらでも細々と呟いてます。良ければフォローしてやってください。
@liverpoolxabier

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。