【ファイナルファンタジー4】攻略 #33

レトロゲーム

これまでの【ファイナルファンタジー4】の攻略記事一覧は、こちら

ドワーフ王・ジオットが話していた『魔導船』が、『ミシディア』の長老たちの働きによって復活。
ついにその姿をセシル達の前に現しました。

ミシディア

今回の最大の立役者・『ミシディア』の長老によれば、『魔導船』に乗って次の向かう目的地は…『月』とのこと。

中世ヨーロッパ風の雰囲気で始まった【ファイナルファンタジー4】でしたが、機械仕掛けの『ゾットの塔』や『バブイルの塔』、そして次の目的地が『月』ということで段々とSF色が強くなってきましたね。

 

その興奮している長老によりますと、セシル達の次なる目的は『月』とのこと。
月…ですか…なんだか急にSF色が強くなってきちゃいましたね。

セシル②
セシル②

まさか、月に行くことになるとは思わなかったよ…

やたらと詳しい『ミシディア』の長老からは、『魔導船』に関するチュートリアルが。
なんと『ミシディア』には、操作方法の記録が残っていたようです。

ローザ
ローザ

通常飛行とは別に、飛翔出来る…と。
それで『月』へ行くわけね。



魔導船

『ミシディア』を出て、早速『魔導船』に乗り込むことに。
やはり機械仕掛けの雰囲気で、SFっぽい感じです。

しかし…船内には、そのSFの雰囲気に似合わない存在も。
奥に進んでみると、なぜかでぶチョコボが偉そうに座っています。
『ギサールの野菜』要らずの船内常駐スタイルです。

セシル②
セシル②

これで所持品の整理も楽になるぜ!

『魔導船』の船内は、宿屋の機能も完備しています。
でぶチョコボのいる部屋へと行く途中にある椅子に座ると、休憩してHPやMPを回復することができます。

 

『魔導船』の機能を一通り確認したら、『ミシディア』の長老が話していたとおり『月』へと出発しましょう。

一度『魔導船』に乗り込んだ後に、更にボタンを押すと機体は更に上昇。
瞬く間に『月』へと向かうことができます。



『月』までの所要時間は、本当にあっという間。
到着後は月面に出ることになりますが、セシル達は宇宙服を必要としないようです。

エッジ
エッジ

そういう設定なんだよ、言わせんな!

着陸地点のすぐ近くには、洞窟らしき入口があります。
中に入ってみると…ネミングウェイが一杯…。
なんだか大量発生しているようで気持ち悪いですね。

話しかけてみると、ネミングウェイではなくハミングウェイでした。

ここはストーリーには大きな影響を及ぼさないため、断腸の思いで省略。
これから更に強力になってくる敵との戦いに備えて、一旦地上へと戻り『エクスカリバー』の入手を目指しましょう。



アダマン島の洞窟~鍛冶屋のクロロの家

『エクスカリバー』を手に入れるためのサブイベント。
ほとんどの方は『幻獣の洞窟』において『ネズミのしっぽ』というアイテムを入手していると思うので、それを前提に進めたいと思います。

まずは『ミスリルの村』に移動し、そこから南東にある『アダマンの洞窟』へ。
『アダマンの洞窟』は周辺に陸地が無いことから、浅瀬をホバーで渡って行かなければなりません。

奥にいる小人に話しかけると、『何だ、あっちに行け!しっぽを持ってんなら話は別だがな。』と言ってきます。
ここで『ネズミのしっぽ』を使用しましょう。

『ネズミのしっぽ』を渡すと、小人の態度が一変。
お礼に『エクスカリバー』の材料となる『アダマンタイト』を分けてくれます。

次に向かうのは、裏の世界で冷たい対応を受けていた『鍛冶屋のクロロの家』。

ここには文字通り鍛冶屋のクロロが住んでいるのですが、『アダマンタイト』を持っていくことで、『エクスカリバー』が手に入ります。

(次回へと続く)



タイトルとURLをコピーしました