天外魔境ZERO攻略 #13

レトロゲーム
スポンサーリンク

今年もクリスマスが終わり、あとは年末年始を迎えるだけとなりました。
24日~25日にかけて、我が家は仙台市の某温泉へと旅行。
クリスマスとは違う和の雰囲気の中ではありましたが、ゆっくりと体を休めることができました。



しかし…その間、ブログの更新はサボり気味となってしまいました。
また今日から、『天外魔境ZERO』と『ガイアセイバー』の攻略を進めていきたいと思います。

休み明けの今日は、『天外魔境ZERO』からスタート。
エリアボスの赤丸を倒し、赤い雨に苦しめられていた孔雀国のピンチを救ったヒガンは、次の国である鶴国へ移動するため、国境の『入口村』へ。

ヒガン
ヒガン

『孔雀明王』に乗れるのは、孔雀国の中だけ。
これが大人の事情ってヤツだよねー。

 

この『入口村』も、赤丸の造り出した赤い雨に苦しんでいた地域でした。
村中を溶岩のようなものが遮っていて孔雀国と鶴国は寸断されていたのですが、今となっては平穏そのもの。

この村には、『大工のゲン』という人物が住んでいるようですね。
そういえば昔、『大工の源さん』というゲームがアイレム社より発売されましたが、何か関係があるのでしょうか?

ヒガン
ヒガン

気になった人は、自分で調べて下さい!!

 

この『入口村』の先にある鶴国は、地獄の軍団によって砂漠と化しているようです。
火熊国は氷漬け…孔雀国が赤い雨、続いて鶴国はそして砂漠化…
地獄の軍団も、なかなかバラエティに富んだ戦略でこちらを攻めてきますね。

村の中で情報を収集。
聞くところによると…この『入口村』と鶴国の間には、どちらの国にも属していない空白地帯があります。

そして、そのエリアの中には『お宝村』『あっぱれ村』『わかめ村』という、なんとも言えないネーミングの村が存在しています(かくれ三村)。

 

因みに…この『入口村』の宿屋に宿泊すると、スバルが夢を見るイベントが発生します。
現時点では意味不明ですが、とりあえず見ておきましょう。

スバル
スバル

夢のイベントが見れるのは、最初の1回だけだからね!
イベントは他の宿屋でも見ることになるので、注意してね!

 

一通り情報を入手し、スバルの夢イベントを見ましたら『入口村』を出発しましょう。
あまりストーリーに関連性はありませんが、先程紹介した『お宝村』『あっぱれ村』『わかめ村』の場所を紹介します。



まずは、『お宝村』。
鶴国に向かう途中の森の中にあるのですが、比較的分かりやすいと思います。

『お宝村』に到着。
目の前に存在する『宝物館』が、嫌でも視界に入ってきますね。
一昔前は、全国各地にこのようなテイストの物産館が存在していたことでしょう…。

 

この『お宝村』には、『あっぱれ村』と『わかめ村』とは違って仙人が在住しています。
ここで入手できる『盛盛』は、対象とするキャラのHPを中程度回復してくれるありがたい巻物。

ドラクエでいうところのべホイミ的存在で、敵が増々強くなる今後においては必須の巻物なので絶対に入手しておきましょう。

 

 

あまりお勧めはしませんが、『宝物館』の中もご紹介しておきましょう。
ここは特に入らなくても、いいかもしれません。
…と言うか、全くの無意味です。
入場に2000両が必要な『夜の部屋』は、ぼったくりの極みと言えます。

ヒガン
ヒガン

『夜の部屋』という名前の誘惑に負けてしまいました…

みんなは、絶対に入るなよ!

 

 

『お宝村』から、南東に進むと『あっぱれ村』があります。
ここも、森がちょっと変わった形で表現されているので分かりやすいと思います。

 

分かりにくいには、『わかめ村』。
海岸沿いに北上していくと、湾の形が明らかにおかしい箇所があります。
そこが、『わかめ村』です。

ヒガン
ヒガン

…ここを見つけるのは、ちょっと苦労したぜ…

『あっぱれ村』と『わかめ村』は入手できる巻物さえも無いので、スルーしてもいいかもしれませんね。

 

空白地帯は、この『出口村』で終了。
これより先が鶴国となります。

 

『入口村』で入手した情報通り、鶴国では砂漠化が広がっているようですね。
次回からは、鶴国の攻略をスタートさせます。



(次回へと続く)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。