SDガンダム外伝ナイトガンダム物語(SFC版)攻略 #20

レトロゲーム
スポンサーリンク

フラウ姫が囚われているジオン軍の砦に入るには、ペガサスホワイトベースの力が必要だと明らかになりました。

 

そんなペガサスホワイトベースに会うためには、天に繋がっている塔に登らなければなりません。



塔がそびえるのは、『スードリーの町』の南。
しかし、その塔の最上階に登るためにも、ナイトガンダム達を試練が待ち受けています。

その試練とは、知恵、勇気、力…3つの宝珠を集めること。
宝珠を求めた旅が始まります…。

ナイトガンダム③
ナイトガンダム③

やらなきゃいけないことが多すぎるんだよ…

前回の攻略記事の最後に訪れた『ラーディッシュの村』。
ここには、ラクロアに家を建てたものの伝説の巨人によってその住まいを失ったジムヘンソン一家が落ち延びていました。

ジムヘンソン一家には、小さい子供もいます。
村の中でかくれんぼをしているので、話しかけて『お菓子』をもらっておきましょう(後々重要なアイテムとなります)。
因みにもう一度話すと、『もうお菓子は無い』と子供に怒られます…。

ZZ
ZZ

トリック オア トリート!!
お菓子、くれ…

『ラーディッシュの村』に来た本来の目的は、宝珠を見つけること。
前回入手したメモの通り、花畑を調べていると…



『知恵の宝珠』を発見することができました!

次の宝珠を求めて、旅は続きます…。
今度は、『シャングリラの町』から東の方面へ進んでみましょう。

陸地に上陸し、東へ進み続けていくとお城を発見。
このお城に入る前に、『たいまつ』を多めに買ってナイトガンダムに持たせておくことをお勧めします…。

ナイトガンダム③
ナイトガンダム③

その理由は、後で分かる!

辿り着いたのは、『ジャブロー』。
原作では地球連邦軍の総司令部が置かれていた地ですが、本作では全く関係がありません。

気になるのは、ナイトガンダムが嫌われたり恐れられたりしていること。
何も心当たりが無いのですが…

ナイトガンダム③
ナイトガンダム③

俺が何をしたというのだ…

 

城に入るとイベントが発生。
ナイトガンダム達は捕らえられ、王の前に引き出されます。

怒り狂う王の話によると、このジャブローではナイトガンダムと思わしき者が数えきれないほどの悪事を働いているのだとか。

Zガンダム
Zガンダム

ナイトガンダム殿、本当に心当たりは無いのですか?

ニュー
ニュー

この王様、すごく怒ってますよ…

アレックス
アレックス

なぜ我々まで捕まるのか…

身の潔白を主張するナイトガンダム。
しばしの猶予を与えられ、ナイトガンダムに汚名を着せる者を捕まえることとなりました。

ただし、アレックス以下アルガス騎士団は人質となってしまい、ナイトガンダムは一人きりで旅立ちます。

ナイトガンダム③
ナイトガンダム③

…そして、誰もいなくなった…

 

身の潔白を晴らすため、ジャブローの北西にある洞窟へとむかいましょう。



基本的にナイトガンダム一人のため、ここで大量の『たいまつ』が必要になってきます。

『たいまつ』を使いつつ、洞窟の中を進んでいきましょう。
あまり分岐点は無いので、特に迷うこともないと思われます。

洞窟の最奥。
ナイトガンダムに瓜二つのキャラクターが待ち受けており、こいつこそが今回の悪の元凶です。

話しかけると、当然ですが戦闘に突入。

敵の名は、『バーサルシャドウ』。
何故このようないで立ちをしているのかは本作では明らかにされていませんが、ただ1ついえることは、こいつがナイトガンダムの偽物だということ。

ぶっ倒してしまいましょう。
ナイトガンダム一人で苦戦するようなら、『コール』を使って仲間の召喚するのも有効です。

所持していたカードダスから、ZZを召喚!

ナイトガンダム③
ナイトガンダム③

ちょっと手伝え!!

 

一人でもそれほど苦労しない相手ですが、召喚したZZの力も借りてバーサルシャドウに勝利。
楽勝です。

『ジャブロー』に帰ってみると、これまでナイトガンダムに脅えていた人達が分かりやすいほどの掌返し。

ナイトガンダム③
ナイトガンダム③

調子がいい奴らだ…

散々俺の陰口を言っていたくせに…

ジャブローの王様に報告。
謝罪されたので、許してあげましょう。

 

お詫び…ということで、王様から『勇気の宝珠』を受け取りました。
なんと、ここで宝珠が出てくるとは予想外でした。

ナイトガンダム③
ナイトガンダム③

本来であれば『精神的苦痛を与えられた』ということで、慰謝料を請求するところだが…

 

これで3つの宝珠のうち、2つを手に入れることができました。
残りの宝珠は、あと1つ。



ペガサスホワイトベースに会える日もそう遠くはないはず…

(次回へと続く)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。