SDガンダム外伝ナイトガンダム物語(SFC版)攻略 #21

レトロゲーム
スポンサーリンク

自身の偽物を倒し、ジャブローの王より2つ目の宝珠を授かったナイトガンダム。



偽物が出るということは、人気者や有名人の何よりの証…とはいえ、濡れ衣を着せられるのは気持ちの良いものではないですね。

ナイトガンダム③
ナイトガンダム③

まったく、ヒドい目にあったよ…

さて、残す宝珠はあと1つ。
以前入手した情報では『どこかの島に宝珠がある』とのことでしたので、ほぼノーヒントに近い本作では片っ端から世界中の島を探していく必要があります。

しかし、本ブログの読者の皆様はご安心下さい。
私が皆様の代わりに、ローラー作戦を敷いて探しておきました。

ZZ
ZZ

さすが『根気』だけはある、浅見ヨシヒロだぜ!

宝珠がある島は、こちら。
位置的には、ムンゾの南にあります。
一見何もない小島に見えますが、上陸すると村に入ることができます。

村に入ると、入り口にはジオン軍ではなく犬がガンダム達の前に立ちはだかります。
このままでは中に入れてくれないのですが…

『ラーディッシュの村』において、ジムヘンソンの子供から巻き上げた『お菓子』がここで有効活用されます。
ガンダムがお菓子を放り投げることで、犬はこの場を去っていきました。

 

無事、村に入ることに成功。
村の名前は『ククルスドアン』。
ククルスドアンとは、原作でジオンを脱走した兵士の名前として登場していました。

宝珠を求めて村の中を探索していると、泣いている子供を発見。
すると、ここで突如イベントが発生。



なんとジオンの兵士が現れ『俺の子供をいじめたな!』と怒り狂い、こちらに襲い掛かってまいりました。
最近、こういう勘違い系のイベントが多いですな…。

ナイトガンダム③
ナイトガンダム③

最近、濡れ衣や勘違いで怒られてばかりのナイトガンダムです。

しかし、ナイトガンダム達に襲い掛かってきたのはハイザク1匹。
レベル的にも人数的にも、相手にならないほどの弱さ。

勘違いで襲ってきたハイザックを撃退したところで、泣いていた子供が状況を説明。

ナイトガンダム③
ナイトガンダム③

もっと早く仲裁に入って欲しかったなぁ…

己の勘違いに気付いたハイザック。
どうやら彼は、ジオン軍の兵士として戦うのが嫌でこの島に落ち延びていた模様。
戦争によって親を亡くした子供達を引き取って、生活していたようです。

ここで『ククルスドアン』という名前と、このハイザックがリンクするとは…結構考えて作られていたんですね…

Zガンダム
Zガンダム

その一手間を、もう少しゲームのシステム制作に使ってほしかったよ…

 

勘違いをして攻撃を仕掛けてしまったことを悔やんだハイザック。
そのお詫びとして、『力の宝珠』をナイトガンダムに差し出してくれました。

アレックス
アレックス

このように、心優しいジオンの兵士もいたのですね…

ニュー
ニュー

アレックス殿は、バーニィのことを言っているのですか?

(意味深)

アレックス
アレックス

本作とは関係がないので、ノーコメントとさせてもらおう!

 

これで3つの宝珠を揃えることが出来たガンダム達。



次に向かうのは、『スードリー』の南にある塔です。

塔に入ると、入り口付近に老人が一人。
『宝珠は揃ったのか?』的なことを聞かれ、最後にはご丁寧に宝珠を備える順番まで教えてくれます。

Zガンダム
Zガンダム

なんと親切な老人なんだ…

ていうか、ここに一人でいるなんて只者ではないのかもしれない…

ZZ
ZZ

宝珠を供える順番は左から
知恵、勇気、力

だぞ!

 

とりあえず、まずは塔をひたすら登っていきましょう。

宝珠を備える順番(位置)は分かりましたが、厄介なことにそれぞれ部屋が違います。
各部屋は3つとも5階にあるのですが、ルートが異なり、その分岐点が2階となっています。
各部屋に宝珠を備え終わると、塔の最上階に進む道が開かれます。

ニュー
ニュー

塔の中に登場する敵にはさほど苦労はしないが、面倒な作りだ…

 

塔の最上階に、出ることができました。
しかし、このままではペガサスホワイトベースの元には行けません。

このスクリーンショットの通り、島のような影がガンダムに重なったところでAボタンを押しましょう!

すると場面が切り替わり、建物の内部に。
階段をひたすら登っていくと…

浮遊大陸に到達。
なんだか、『ファイナルファンタジー3』を思い出してしまいますね。
あの時は、自分のいた世界の狭さを痛感したものです…。

辿り着いたのは、そのまんま『浮遊大陸の村』。
情報通りならば、ここにペガサスホワイトベースがいるはず。



フラウ姫の救出も間近です!

(次回へと続く)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。