カブキロックス攻略 #16

レトロゲーム
スポンサーリンク

今週末は仕事で出勤なのですが、どうも天候が良くないようで今から憂鬱な気分です。



どうせ仕事であるならば晴れてほしいのですが、降水確率80%という絶望的な数字を前にしては『いかに濡れないようにするか』ということを念頭に行動した方が賢明でありますから、雨具の用意をしなければなりません。

そんな私の個人的な愚痴はさておき…本日もスーパーファミコン用ソフト『カブキロックス』の攻略記事を更新して参ります。
宜しくお願い致します。

ロック
ロック

愚痴なんか言ってる暇があったら、コントローラーの指を動かせ!

それが、レトロゲームのプレイヤーだろ!

マッキー
マッキー

いつになく、まともなことを言うわね…

ゲーム好きであれば誰もがその名を知る名作、『ドラゴンクエスト5』を彷彿とさせるトロッコに乗り込んだ【ロック】。
洞窟内を進んでいくと、ターゲットでありました【クロツカ】の笑い声が響き渡ります。

この『アワ国』にはびこっていた、悪の元凶である【クロツカ】。
早急に打倒して平和を取り戻したいところでしたが、道案内を買って出ていた【フジムスメ】を人質に取られてしまいます。

更に、逃走を図った【クロツカ】を追いかけようとしたロックに、あらかじめ仕掛けられていた罠が襲い掛かります。

ロック
ロック

待ちやがれ!!

その罠とは、この洞窟に存在する『地雷草』を踏まされてしまう…というもの。
一旦『地雷草』を踏んでしまうと、動いた瞬間に爆発が起こってしまいます。
当然、近くにいる人間は無傷では済まないでしょう。

絶体絶命の【ロック】でしたが、ここで最年少の【じらいや】が動きます。
自身が身代わりになることで、仲間全員を助けようというのです。

じらいや
じらいや

アニキ!

早く行きな!!

【じらいや】は絶体絶命の仲間達を救うため、『地雷草』を自ら誘爆させ、全ての爆発を一身に受けたのです。

ベンケイ
ベンケイ

ま、まさか!

誘爆させるとは!!

じらいや
じらいや

ケッ!

おいらがいねェーと…なんにも…できねェ…んだな…

ヘヘッ

悲しいことですが【じらいや】はここで死んでしまい、パーティーから離脱。

ただし…本作のシステム上【じらいや】は、とある形でパーティーに協力をしてくれることとなります。
ストーリー終盤をお楽しみに…。

じらいや
じらいや

後は頼んだぜ…アニキ…

法界坊
法界坊

一番若いのに…

【じらいや】の思いを、無駄にするわけにはいきません。
仇を討つべく、ここは先を急ぎましょう。

先へと進み、【クロツカ】が待ち構える関所へと潜入した【ロック】の前に、例の無口な鎧男が現れました。

鎧の男は手紙を差し出しました。
筆談を希望しているようです。

ロック
ロック

ン?手紙?

ナニナニ………

受け取った手紙によりますと、鎧男の名前は【景清】。
『うらイタコ』の使い手で、倒したモンスターを自身に憑依させることが可能。

モンスターを憑依するとキャラクターの能力(ステータス)がアップし、戦闘を楽に運べるようになります。

魅力的な能力ではありますが、それには条件が。
モンスターを憑依させる者は『人の言葉を話すことを禁じられている』とのこと。

自身の説明を終えた【景清】は、『天斎を倒しにいくならば、自分も仲間に加えてほしい』と申し出てきます。
味方は一人でも多い方がいいので、その申し出を受けることに。

景清
景清

………

【景清】が仲間に加入後、『うらイタコ』の憑依能力について説明がスタート。

景清
景清

(モンスターを倒したからといって必ずしも、その霊が現れるとは限らない。)

景清
景清

(あくまでも景清のレベルが、その霊よりも勝っている時に限り、憑依させられるかもしれないのだ。)

仲間も増えたところで、いよいよ【クロツカ】との勝負です。
先に進んでいきますと…【じらいや】の仇・【クロツカ】が待ち受けています。

早速、戦闘開始。
それなりの苦戦を予想していましたが、速攻撃破が可能。。
それほど強い相手ではありません。

無事に【じらいや】の仇を討つことができた、【ロック】。
【クロツカ】の負け惜しみが関所内に響き渡ったところで、今回の攻略記事を閉じたいと思います。

(次回へと続く)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました