カブキロックス攻略 #1

レトロゲーム
スポンサーリンク



これまで当ブログで攻略記事を公開して参りました『ファイナルファンタジー4』に続き、今回からは『カブキロックス』について書き連ねていきたいと思います。
これまで同様、温かく見守って頂ければ幸いです。

まずは初回ということで、簡単に作品の紹介をさせて頂きたいと思います。
『カブキロックス』は、1994年にアトラス社から発売されましたRPGです。

プラットフォームはスーパーファミコン、タイトルの『カブキ』から分かる通り、和風テイストの内容になっているのが特徴です。

スポンサーリンク

本作の概要

早速、本作の概要から触れていきましょう。
先程も触れた通り、本作『カブキロックス』は1994年にアトラス社より発売されました。

ストーリーは分かりやすいほどの勧善懲悪。
舞台は『連ダコ惑星』という世界で、なんとも言いようのないネーミングです。
『連ダコ惑星』はそれぞれイズモ、アワ、キョウ、ヒノクニ、エゾ、ムツ、オエドの七国から構成されております。

オエドという国があることから江戸時代をモチーフにした設定となっており、将軍の治世の下で平和な日々が続いておりました。
しかし、ある日突然天下泰平の世は崩壊してしまいます。
世を治める将軍が代わってしまった(後任の名は『天斎』)からです。



将軍が代わったことで各地では言論統制などが布かれ、観劇等の内容も新将軍を褒めたたえるようなものでなければなりません。
ジョージ・オーウェルの『1984』に似た空気感ですね。

本作『カブキロックス』は、主人公であるロックがそんな社会の世直しをする物語です。

・本作は、和風テイストのオーソドックスなRPG。
・江戸時代がモチーフとなっている。

本作の登場人物について

続いては、本作の登場人物について。



ここでは、主に主人公ロックを含めた仲間キャラクターについて紹介させて頂きます。

ロック

本作の主人公。
本名は花川戸 助六とのこと。
その出自に関する秘密が、ストーリーを進めていく上で明らかになっていきます。
性格は短気この上ない印象です。

マッキー

ロックとは幼馴染。
一応本作のヒロイン的扱いで、戦闘では回復・補助役として活躍することになります。
本名は、三浦 揚巻。

ベンケイ

江戸時代をモチーフとなっておりながら、このキャラは明らかに武蔵坊弁慶が原点。
その見た目同様に戦闘では主に攻撃要員ですが、なかなか使いにくい印象を受けました。

じらいや

仲間に加わるキャラクターの中で最年少。
コソ泥として本作に登場。
口がなかなか悪いのですが実は献身的な一面もあり、後々パーティーの危機を救うこととなります。

法界坊

一言で言うならばエロジイイなのですが、こう見えても本作における魔法的扱いの『歌武器』の使い手。
人情味に熱く、なかなか憎めないキャラクター。
でも、エロい。

ジロキチ

キョウ在住の盗賊。
じらいやに尊敬されているほどの、大泥棒という設定。
マッキーに一目惚れしますが…。

フジムスメ

キョウの女形。
外見は非常に可愛らしいですが、男です。
ある事情により、天斎方に協力してロック達を騙していました。
何度も言いますが、男ですよ。

辰五郎

職業は火消し。
見た目がベンケイと被っています。
一応、法界坊の弟子…という設定です。

お七

辰五郎とは恋人関係。
法界坊の弟子。
直接的に仲間に加わる前に、グラフィックの通り鬼籍に入ってしまうのですが…。

景清

荒武者のような出で立ちですが、イタコ(ただし、正式には裏イタコ)です。
本人自体は攻撃力・防御力が共に乏しく、イタコの特性を活かさないと戦闘で活躍することは出来ません。

夕凪

この夕凪もイタコ。
非常に強力な力をもっており、戦闘ではその特性を活かして立ち回ってくれます。
非常に柔らかな笑顔を持っている彼女ですが、天斎に対して強い恨みを持っており、顔を強張らせるシーンも。

ここで紹介したキャラクターは、あくまでも仲間に加わるキャラクター達です。
この他にも、憎たらしいほどの悪役であるラスボスの天斎や、影からロックを支える甚五郎さんなど多彩な人物達がストーリーを大いに盛り上げてくれます。

・ロックを始めとする多彩なキャラクター達がストーリーを盛り上げます。
・一部のキャラクターは死亡してしまいますが、イタコの能力によって〇〇します(詳しくは攻略記事をお楽しみに)。

…と、いうことで攻略記事のスタート!!

一通り作品と登場人物たちの紹介が終わったので、早速攻略記事の公開をスタートさせていきたいと思います。



観劇のお題目のようなスタートで、本作は幕を開けます。

物語は主人公であるロックが、幼馴染のマッキーと芝居を観に来ているところから始まります。
歌舞伎っぽいですね、正に。

しかし、肝心の芝居の中身といえば…新たに将軍となった天斎のことをヨイショするものばかり。
当然、観ている側は面白くありません。
周囲に人がいなくなったのを見計らって、マッキーがボヤきます。

それはロックも同じようで、居丈高に、べらんめぇ口調で世直しを宣言したのでありました。

劇場を後にする、ロックとマッキー。

街中を歩いて、情報収集。

ウメばあさんの下を訪ねたところ、何やら深刻そうな話を持ち出されました。

しかし、ウメばあさんはロックを焦らしたいのか、頼みごとを押し付けてきました。
発明家の甚吾郎さんの所へ届け物があるそうです。

ロック
ロック

…このバアさん、なかなかやりやがる…

早速甚五郎さんの下へ。
どうやら、中身は手紙のようです。

!!!
どんだけショッキングな内容が書かれているのでしょうか。

頼み事だけされて、何も教えてもらえないと…
やっぱりこう言いたくなりますよね。

甚五郎さんは、手紙の内容を少しずつ明かしていきます。
まず、自分はロックの父であり役者でもある『スケノブ』なる人物と友である、というのです。

そして今まで世の中が平穏だったのは、そのスケノブが治世に尽力していたからだとも甚五郎は言います。



しかしながら、ロックは『自分は父に捨てられた』と思いながらこれまで育ってきました。
本来であれば頭の中身を整理したいところなのですが、事態はそんな暇を与えてくれません。

現将軍の天斎は『歌芝居禁止令』を発令。
役者の血を引くロックも、近いうちに捕縛されてしまう…とのこと。

そのため甚五郎は、ロックに対し旅立つことを促します。

ただ、街中は政府の監視が厳しい状況。
当然出入り口も厳戒態勢を敷かれているでしょう。

そこで甚五郎はどこからか入手した兵士の服をロックに与え、混乱に紛れて町を出るようアドバイスをしてくれました。

ただいま、お着換え中…

一応、ウメばあさんにも別れの挨拶。

再び甚五郎の下へ戻ったら、その姿はありませんでした。

出口付近へ行ってみますと、本物の兵士に呼ばれます。
こいつらに紛れて町を出るチャンス!!

街を出たところで兵士の一人がその足を止めました。
バレたのか…と思っておりましたら、何やら気安く話しかけてくるではありませんか。

すっかり忘れておりました、マッキーです。
ロックの旅に協力してくれるようですね。
見るからにヒロイン、羨ましい限り。

マッキーが仲間になったところで、急遽初バトル。
ご覧になって頂ければ分かるのですが、戦闘が面は歌舞伎の舞台。

そして各項目もやはり”歌舞伎”で、キャラのレベルに相当するのが『両』。
その『両』を上げるために必要な経験値が『尺』。

ロック
ロック

目指せ、千両役者!!

 

んでもって、敵から得られるお金は『おひねり』のシステム。
見事なまでに徹底していますね。

記念すべき『カブキロックス』の初回はここまで。



ロックとマッキーの二人を、この先どんな運命が待ち受けているのでしょうか。攻略記事は次回へと続きます。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。