【ジャングルウォーズ2】攻略 #8

レトロゲーム

これまでの【ジャングルウォーズ2】の攻略記事一覧は、こちら

今回は大規模な火事で苦しんでいる、ヘビ王の救出へと向かいます。
雨を降らせることが出来るヘビ王を助けなければ、かまわにミオが住む『みずうみの村』は干上がってしまいます。

かまわに
かまわに

早速、ヘビ王を助けに行くぞっ!!

ほらっ!さっさと行こうぜ!

毒沼のダンジョン

次の目的地『ヘビ王の島』は『ワニの村』から北東の方角にあります。
まずは東へ進んで行くことになりますが…その途中にある『毒沼のダンジョン』に入りましょう。

『毒沼のダンジョン』攻略はストーリーに影響しませんが、宝箱が4個あります。
レトロRPGはこの辺の時間の概念が皆無に近いですから、多少の寄り道は問題ありませんね。

『毒沼のダンジョン』は入って早々に分岐点が設けられています。
4つ全ての宝箱を回収するには、1つのルートだけでは不可能です。

まずはダンジョン入口のすぐ近くにある、右か左にある穴から下の階へ降りて4つの内の3つの宝箱を回収しましょう。

残る1つの宝箱には、入口からまっすぐ下へ移動したポイントにある穴からしか行けません。
先程同様に、穴から落ちて下の階へ降りて行きましょう。

この宝箱の中身は『ヌンチャク』で、ボーイの専用武器です。
やや攻撃力は落ちるものの、1ターンに2回攻撃を繰り出すのでおススメです。

4つの宝箱を回収できたら、『毒沼のダンジョン』の攻略は完了です。



ヘビ王の島

『毒沼のダンジョン』を出たら、目の前にある壊れた橋まで移動。
するとかまわにの仲間が集まって橋を形成してくれるので、『ヘビ王の島』まで渡れるようになります。

『ヘビ王の島』に到着後は、氷の呪文『フリオ』を使って火を消さなければなりません。
しかし…『フリオ』を唱えて炎を消すには、ちょっとしたコツが必要です。

ボーイではなく、呪術者であるミオを炎の前に立たせた状態で『フリオ』を唱えなければなりません。

ミオを炎の前に立たせたら、メニュー画面から『フリオ』を唱えましょう。
そうすると炎が消え、ヘビ王の待つポイントまでのルートを確保していけます。

ヘビ王を助けるには、島の中央部にある穴に入って話しかけるだけでOK。
救助に現れたボーイ達に感謝し、ミオかまわにのお願い(雨を降らせてほしい)を聞いてくれます。

ヘビ王の降らせた雨により、水不足に陥っていた『みずうみの村』の問題が解決。
そして何より『ヘビ王の島』を覆っていた炎も、綺麗に消火されます。

ついでに、これまでの経緯について説明する一同。
『古代魔法アティモス』の研究をしているという、隣の島に住むダルタニャンなる人物について教えてもらえます。

これにて、ヘビ王救出は完了。
早速隣の島へと渡ってダルタニャンの下を訪ねたいところですが、橋が壊れているので先へは進めない状況です。

ここから先へと進むには、再度ヘビ王に話しかけなければなりません。
ヘビ王の所に戻って相談をすると、彼自身が橋となってくれます。

橋の代わりになってくれたヘビ王の上を渡ろうとすると、『既に目的は達成した』と言わんばかりにかまわにがパーティーから離脱。

かまわに
かまわに

ヘビ王も助かったし、俺は自分の家に戻るよ。

隣の島に渡り、しばらく道なりに進んでいくと次の目的地に関するヒントを看板から得ることができます。
まずは看板の表記に従い、西の方角にある『たきの村』を目指しましょう。

サスケ
サスケ

『たきの村』ではエンバーじいさんも待ってることだし!



たきの村

西を目指して進んでいくと、程なくして大きな滝が見えてきます。
その脇に、周りとは違う様子の木が2本あります。
初見だと分かりにくいですが、ここが『たきの村』。

ちなみに…かまわにが離脱して戦力ダウンを悲しんでいる方も多いことと思います。
でも、ご安心下さい。

この大陸に渡って初めて迎えるエンカウント(ただし、昼間限定)で、実はレオンというキャラクターが仲間に加わります。
レオンは、普通の敵のように現れるのですが…

戦闘には突入しません。
彼は突然ボーイ達に話しかけてきまして、戦う意思が無いことを表明。

レオン
レオン

ちょっと待った!

戦うつもりじゃないんだ。

戦闘画面は、強制的に終了。
レオンは改めて、詳しい事情を説明し始めます。

どうやら彼は、近々開催される『ジャングルトーナメント』という大会への出場及び優勝を目指しているようで、ボーイと共に旅をして腕を磨きたいと考えているようです。

かまわにが抜けた直後ですから、この申し出はありがたい限り。

レオン
レオン

どうも、ありがとう!!

どこへでも付いていくよ。
頑張ろう!

…ところが、そのレオンは、『ジャングルトーナメント』の優勝を目指しているとは思えない程の弱さ。
しばらくは、彼のレベル上げが必要です。

(次回へと続く)



タイトルとURLをコピーしました