ジャングルウォーズ2攻略 #1

レトロゲーム
スポンサーリンク

最近満足にゲームが出来ずネタ不足に陥りつつありますので、突然ではありますが予定を前倒しして、スーパーファミコン用ソフト『ジャングルウォーズ2』の攻略をスタートさせたいと思います。



未だ前作『ジャングルウォーズ』の攻略が途中で同時進行になってしまいますが、両者共に楽しんで頂けると幸いです。

では…気を取り直して『ジャングルウォーズ2』のスタートです。
まずは、ドラクエと同じような画面から本作はスタート。

『冒険の書』ならぬ『ジャングルの書』を選択し、主人公の名前を入力しましょう。
名前は自由に設定が可能ですが、このブログではデフォルトの【ボーイ】と名付けることとします。

ボーイ
ボーイ

前作『ジャングルウォーズ』に引き続き、よろしくね!!

『ジャングルウォーズ2』は、スタートボタン1つでどこでもセーブが可能です。
さすがに戦闘中はセーブできませんが、便利な機能で、より一層遊びやすい環境に仕上がっています。

物語は、『ジャングル』に朝がやってきたところから始まります。
ベッドで目を覚ました【ボーイ】。
部屋の外で待つ【ジャングルパパ】に話しかける前に、室内にある宝箱を調べましょう。

宝箱の中身は、『麻のパンツ』。
守備力が上がり嬉しい限りですが、朝起きた時点ではノーパン状態であることが露呈。

 

ここでメニュー画面を開いてみましょう。



スーパーファミコンの性能と容量を活かしているだけあり、隅々まで親切設計。
キャラクターの顔グラフィックも個々に準備されており、イイ感じです。

では、改めて部屋の外に立つ【ジャングルパパ】に話しかけてみましょう。
すると、【ジャングルパパ】は寝起きではないにも関わらずノーパン状態で【ボーイ】が起きるのを待っていたことが分かります。

ボーイ
ボーイ

…父さん、その格好はちょっと…

パンツを履くことすら忘れずに、【ボーイ】が起きるのを待っていた【ジャングルパパ】。
その理由は、これから自身が臨む新たな仕事の内容を伝えるためでした。
話を聞いたところ、【ジャングルパパ】は、建設が進む『ジャングル鉄道』の社長へと就任。

社長自ら鉄道工事に従事するため、【ジャングルパパ】は現場である『サラ島』へと向かうことになりました。
代わりに、『ジャングル』の見回りは主人公である【ボーイ】へと託されます。

【ジャングルパパ】が出発したら、【ボーイ】を移動させましょう。
ここは、【ボーイ】の住む村です。

村の名前は最初に設定した主人公の名前が付く設定になっているため、本プレイにおいては『ボーイの村』となっています。



自宅・隣の建物の中にいる鳥に話しかけると、『キメラの翼』的な効果を持つ『タクシーチケット』を貰えます。
序盤は、貰えるものは何でも貰っておきましょう。

もう一方の隣の建物には、次の目的地についてヒントをくれる老人がいます。
『西の海の方が騒がしいぞ。行ってみてきてくれんか?』
準備を整えたら、早速向かってみましょう。

ボーイ
ボーイ

『ジャングル』の見回りを任されたら、早速出番がきてしまった…

RPGに慣れた方ならば、西に向かえば必ず何かが起きることは火を見るよりも明らか。
まずは『ボーイの村』を拠点にして、レベルを上げましょう。

HPが少なくなって来たら、村の真ん中にある泉で回復しましょう。
無料なので、何度でも使い放題。
便利です。

ボーイ
ボーイ

うほうほ!

元気になった!

お金が溜まってきたら、他のRPGと同じように積極的に装備品に投資しましょう。
『たけやり』と『しまのパンツ』を買えるまでは、村の周辺でお金を稼ぎましょう。

レベルが上がり装備が整ったら、西に向かう前にまずは東へ移動。

村の東にある建物は、前作にも登場した【占いオババ】の家。

【占いオババ】は色んなことを知っているので、『ジャングルの見回り』・『パパのこと』・『その他のこと』について教えてもらえます。

ここでは、肝心の『ジャングルの見回り』について聞いてみましょう。



【占いオババ】も西の海で何かが起きている件について、危惧しています。
結果的に西の海には大した敵はいないのですが、準備だけは整えてから向かいましょう。

では…ようやく、『ボーイの村』から西へ。
そこには、本作『ジャングルウォーズ2』で【ボーイ】の前に立ちはだかる新たな敵『ウルウル団』が待ち受けています。

ここから【ボーイ】の新たなる冒険が始まります。



(次回へと続く)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました