ドラゴンクエスト4 #30

レトロゲーム
スポンサーリンク

最近このブログの記事が滞り気味になっており、大変申し訳ございません。
この夏は、既にいくつかの記事でお話しした通り戊辰戦争から節目の150年ということでイベントによる休日出勤が多々あり、時間に追われておりました。



8月になってもお盆までは色々とイベントが続きますが、ようやく本日一息つけることとなりましたのでブログを更新できることとなりました。
書き貯めておければ問題ないのですが、この辺りで自分の計画性の無さが出てしまいますね。

さて、当ブログの現在のメインコンテンツであるドラゴンクエスト4のプレイ日記について。
第4章までが前回で終了し、ようやく今回から主人公(勇者)が登場する第5章がスタートです。

因みに主人公の名前は『せな』。
この年齢になって自分の名前を付けるのはいささか恥ずかしいので、子どもの名前で挑みます。
では、第5章のスタートです。

【第5章 導かれし者たち】

第5章は、エンドールの東にある山奥の小さな集落から物語がスタートします。
この集落に、勇者である主人公が今は平穏な生活を送っておりました。

本当にその生活は『平穏』そのもので、主人公は母親からおつかいを頼まれることに。
その中身は…父親へ、弁当を届けること。
親不孝な私は、未だかつて父に弁当を届けたことなどありませんね、反省…。

父親に弁当を届けるついでに、主人公は村の中を散策。
宿屋に行ってみると、店主がなにやら不安気に語りかけて参りました。

見ず知らずの旅人を宿屋に泊めてしまった…。災いの種にならなければいいけど…。

見ず知らずの旅人を宿泊させるのが宿屋の仕事でしょうに…。
この村には何か主人公の知らない何か…例えば財宝などが隠されているのでしょうか?

村の中央にある花畑。
ここには、その口ぶりから主人公の幼馴染と思しきシンシアという少女が。

村内を一回りし、ようやく父へ弁当を届ける主人公。

そして、何か意味深なことを旬人口に対して語り掛ける父親。
まるで、この後に何か一大事でも起きるような言い方ですね。
(プレイヤーである私は、実は知ってるんですけど)

お使いを済ませ、帰宅する主人公。

しかし、ここで事態は急展開を迎えます。
先程の父の言葉が的中したかのように、魔物がこの集落を襲撃してきた…とのこと。



先程の宿屋の店主の不安が的中したのです。
見ず知らずの旅人というのは、実は魔物側の偵察だったのです。

主人公を懸命に逃がそうとする母親。

名もなき村人Aが主人公を誘導してくれることに。
なぜか、この村は過保護なまでに主人公を守ろうとしてくれています。
(再三になりますが、プレイヤーである私は実は知ってるんですけど)

 

シンシアもまた、主人公の身を案じています。
『幼馴染』という関係を超えた感情で…。

そして、これまでの疑念が確信に変わる瞬間がやって参りました。
この村が守っていたものは財宝でも何でもなく、主人公そのものでありました。

とどめが父親からの衝撃の告白。
これまで主人公を育ててくれた両親は、実の父と母ではなかった…とのこと。

すぐさま地下倉庫に匿われる主人公。魔物達が狙っているのは、主人公の命。

そうです、主人公はこの世界の希望の光である勇者でありました。
村人達の役割は、主人公が勇者として力を付けるまでその成長を見守ることでした。



しかし、今やそのような余裕は微塵もありません。
村人達は、主人公のために身を挺して犠牲になる決意です。

 

地上では、魔物達が村を襲撃する生々しい音が響き始めます。

ここで、シンシアが主人公の下へやって参りました。

シンシアは、主人公の身代わりとなるべくモシャスで自身の姿を変え、地上に戻っていきました。
全ては主人公を守るために。

地上では『勇者を仕留めた』との声が。
恐らくシンシアのことでしょう…。

 

瞬く間に主人公の平穏な日常は、激しく崩れ落ちてしまいました。



失ったものは余りにも大きいものでした。これまで育ててくれた心優しい両親や村人達。
そして、幼馴染のシンシア。

ドラゴンクエスト4は、この主人公の悲劇から導かれし者達が運命の下に集い始めるのであります。

(次回へ続く)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。