天外魔境ZERO攻略 #26

レトロゲーム
スポンサーリンク

ついに亀国を支配していた、地獄の第4番隊長・ジュリを撃破したヒガン。

思い返してみると…この亀国の進行自体はジュリ本人のエスコートもあって比較的スムーズに進みましたが、テンジンと水貴の関係性が明らかになるなど、色々とドラマのあるストーリーでした。

 

支配者を失ったことで、怪樹城が崩壊。
亀国も元通りになりました。



ついでに、仲間になったばかりの水貴のステータスもチェックしておきましょう。

 

あれだけ樹海に覆われていた亀国だったのですが、元はこのような姿だったのですね。
後程紹介しますが、この国の主要な交通手段は船。
豊富な水源を最大限に活用した形を採っているようです。

怪樹城からまず最初に訪れたのは、青池村。
樹海が無くなったことで、東西どちらからでも村の中に入れるようになっています。

ヒガン
ヒガン

せっかくだから、さっきは入れなかった東から入ってみるか!

 

宿屋の宿泊客に話しかけると、次の国である犬神国についての情報を入手することができます。
現在の犬神国のおおまかな様子と、国境である『ひらひら峠』の位置がこれで判明。

スバル
スバル

次は、犬神国にいる地獄の軍団を倒せばいいんだね!!

 

生い茂る樹海によって、これまでは通ることのできなかったエリアが開通。
亀国内を移動できる、『べっこう船』に乗ることができるようになりました。

ジュリを倒したことで神獣・亀の封印が解かれています。
一刻も早く犬神国に向かいたいところですが、我慢して一旦亀岡神社に向かいましょう。
ちなみに…この定期船は操作することができません。

 

亀岡神社に到着。
ここも、樹海が消えて見違えたような雰囲気。
亀国救助をヒガンに依頼していたミツコ姫を訪ねに、後程ゲンブ城へ向かってみましょう。

 

でも、まずは封印が解かれた神獣・亀とご対面。

話を聞くと、亀も元々は地獄の軍団を統べるニニギの下にいたようですね。

 

亀国の危機を救い、神獣・亀の封印を解いたことで、『カメの石』を入手。

 

『カメの石』の効果は、戦闘で得られるお金が2倍になる…というもの。



これより先は強力な装備品が増えるのに比例して、価格も上昇していくでしょうから是非とも装備しておきたいですね。

神社の境内(建物は別だけど)には、水貴専用の武器『みずきの刀』もあるので、お忘れなく!!

 

再び船乗り場へ。
亀岡神社でミツコ姫の依頼を快諾していれば、ここで自由に操作のできるべっこう船を貸してもらえます。

せっかくなので、自分のペースでゲンブ城へ向かいましょう。
海の上には『いま仙人』もいますので、回収しながら向かいましょう。
ゲンブ城の方角は、亀岡神社からまっすぐ南です。

亀岡神社から南に進んでいくと、ゲンブ城に到着。
『天外魔境ZERO』に限らず、船を手に入れると冒険も佳境に入った感がありますね。

水貴
水貴

これがファイナルファンタジーだと『飛空艇』といったところだな?

 

ミツコ姫と対面。
当然ですが、亀国の危機を救ったことで歓迎してくれています。

期待するのは、お礼の部分ですが、なんと既に使用している『べっこう船』の使用権をちらつかせてくるミツコ姫。

スバル
スバル

えー、もう船は使っちゃってるよ!!

そんなスバルの気持ちを察したのか、ミツコ姫はさらにお礼を出してくれました。
合体巻物『火の巻』も頂戴しました。

ヒガン
ヒガン

合体巻物『火の巻』を手に入れた!

テンジン同様、水貴とも顔見知りのミツコ姫。



改めてヒガン達と行動を共にするのか、水貴に訊ねるのですが…

 

水貴は、『私には分からない、決められない』と言いつつも、テンジンへの思いを胸にヒガン達と共に地獄の軍団を倒すことを決意します。

水貴
水貴

テンジンは火の一族だ!

テンジンが行くのならば、私はテンジンに付いていく。

ミツコ姫は更に大盤振る舞い。
お礼として、玉手箱までヒガン達に授けてくれました。

しかし、この玉手箱の取扱いに関してはミツコ姫地震から注意事項が述べられます。
決して自分では開けず、開けたい時には再びゲンブ城を訪れるよう…とのこと。

長く持っていればいるほど中身が豪華になるようで、具体的には…

12時間以内:『クサダンゴ』
12時間~30時間:『にじのかけら』
30時間~50時間:『あいのくびかざり』
50時間1分以上:『きせきのさけ』

ちなみに私のゲーム内の時間は、1995年12月16日(土)1:09で止まったままですので、『クサダンゴ』しかもらえません…。

 

とりあえず亀国内でやるべきことは達成したので、次なる国…犬神国へと向かいましょう。
犬神国へは、先程入手した情報通り青池村から南西に進んだ『ひらひら峠』から入国することができます。

次回からは、犬神国の攻略がスタートします。



(次回へと続く)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました