【ヒーロー戦記 プロジェクトオリュンポス】攻略 #10

レトロゲーム

これまでの【ヒーロー戦記 プロジェクトオリュンポス】の攻略記事一覧は、こちら

『ラサ市』へと到着した、『ZEUS』一同。

この町で幅を利かせている『ティターンズ』に先んじて、『地下シェルター』に立て籠るテロリスト達の殲滅へと向かいます。

ボス戦:黒い三連星

『南の森』を突破し、いよいよ『地下シェルター』最奥へと到達。
扉の向こうには、このダンジョンのボスである某3人組が待ち受けています。
事前にHPを回復させ、万全の状態で臨みましょう。

『ZEUS』を待ち受けていたのは、ファーストガンダムファンの方には必見の『黒い三連星』の異名を持つ、オルテガガイアマッシュ

GSアムロ
GSアムロ

!?黒い三連星!!

この戦いは、初めての複数体のボス戦です。
これまでのボス戦とは違って、味方の残りHPに配慮する必要があります。

攻撃力の低いウルトラセブンは『リライブ光線』での回復役に専念させ、残りの3人は必殺技を使って確実にダメージを与えていきましょう。
回復にさえ気を付ければ、負けることはありません。



地下シェルター

無事に『黒い三連星』を撃破。
アムロオルテガ達に対し、今回のテロの首謀者について尋問を始めようとしますが…

ここで嫌われ者の『ティターン』メンバー・ジェリドが登場。
このジェリド登場の隙を突かれ、オルテガガイアマッシュには逃げられてしまいます。

邪魔されたことに怒りを募らせる光太郎と、『ZEUS』に対するジェリドによるクレームの応酬。

結局『ティターンズ(ジェリド)』は、この場から撤退していきます。
後に残されたのは『ZEUS』と、部屋の上の方に落ちているカードらしき物体のみ。

当然ながら、この後は床に落ちているカードを調べることになります。
ハロ9000によると、これは通信用のIDカードだとか。
早速ハロ9000に中身を読み取ってもらうと…

その持ち主が、カイであることが判明。
カイと言えば、『ラサ市』に向かう直前に『ダカール市』で会ったばかりですね。

そんなカイのカードが落ちていたとことから、彼の身に何かが置きたのは明白。
本郷の言うとおり周辺を調べると、隠し通路に通じる入り口を発見できます。
ここから先へと進みましょう。

通路の先は一本道。
一番奥まで行くと牢屋があり、その中にカイが捕らわれています。

 

とにもかくにもカイの救出に成功。
しかし…まだまだイベントは終わりではありません。
画面の左の方に進んで行くと、牢屋に捕らわれている女性を発見できます。

牢屋の扉を破壊し、中に入って女性に話しかけましょう。
助けてくれたことに対して感謝をしてくれますが、問題はこの後です。

女性の興味の対象は、近付いた光太郎ではなくダン
『お会いしたかった!!』と艶めかしい言葉を発しながら、ダンに抱き着いたのです。

普通ならば羨ましい展開なのですが、これは敵の仕掛けた罠。
ダンは、ウルトラセブンに変身するために必要な『ウルトラアイ』を盗まれてしまったのです。

奪われた『ウルトラアイ』を取り戻すため、『アトゥミ市』に向かうことになりました。
変身の手段を失ったダン
この急場は、セブンの替わりにカプセル怪獣ウィンダムの力を借りることになります。

セブン
セブン

…仕方ない。

しばらくはウィンダムに頼るしかないな。

次は、『アトゥミ市』に向けて出発です。

ちなみに急遽登場のウィンダムですがあまり戦力にはなりません。
単なる回復要員として捉えておいた方が良いでしょう。



ラサ市・南の森

通路の先にあるコンピュータールームを経て、地上への脱出に成功。
タイミング良く、そこにはカミーユの姿が。

GSアムロ
GSアムロ

カミーユ!君も来ていたのか!

軍上層部は『ティターンズ』を警戒し、カミーユに潜入調査を命じていました。
しかし…肝心の『ティターンズ』は『アトゥミ市』へ移動してしまったため、彼はここで手元無沙汰の状態になっていた模様。

ここで本郷から提案。
それは…先程入手したデータの解析をする自分の替わりに、アムロ達の仲間に加わってほしいというもの。

カミーユはこの申し出を快諾。
短い間ではありますが、カミーユとゼータガンダムが仲間に加わることになります。

当面の目的地となった『アトゥミ市』は、ウルトラ大陸に位置しています。
まずはクリア済みの『ヌーベル市』を経由し、その南にある『ロウ市』を目指しましょう。
『アトゥミ市』はその先です。

セブン
セブン

『アトゥミ市』ならウルトラ大陸だし、僕の地元だ。
まずは『ロウ市』に向かおう。
あそこから『アトゥミ市』に行ける。

カミーユがパーティーに加わった、貴重なメニュー画面がこちら。

期間限定、レアなメンバー構成といって良いでしょう。

(次回へと続く)



タイトルとURLをコピーしました